劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.136 2019/1/15

2019年01月15日 | Weblog

「FS通信」 vol.136 2019/1/15
    
■ 劇団フライングステージ メールマガジン
■ FS通信 vol.136 2019/1/15
http://www.flyingstage.com/
----------
新しい年がスタートしましたね。劇団フライングステージの岸本啓孝です。いかがおすごしですか。
フライングステージのメールマガジン「FS通信」、2019年も公演情報や劇団員の活動情報、近況などなど、盛りだくさんでお届けします。
本年も、どうぞよろしくお願いします!

■■■もくじ■■■
【01】gaku-GAY-kai 2018「贋作・冬物語」ご来場ありがとうございました
【02】関根信一 作演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
【03】石関 準 出演 「Benefic 第15回定期演奏会『カルメン/G.ビゼー』ほか」
【04】劇団フライングステージ第45回公演のおしらせ
【05】劇団員の近況などなど
----------
このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送りしています。
----------
【01】gaku-GAY-kai 2018「贋作・冬物語」ご来場ありがとうございました

昨年末、新宿・シアターミラクルで行われた「gaku-GAY-kai 2018 贋作・冬物語」。
おかげさまで、今回も大盛況のうちに幕を降ろすことができました。
多くのみなさまのご来場、ご声援、本当にありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

今年のgaku-GAY-kaiも、次回の公演も、どうぞおたのしみに。
これからも、劇団フライングステージをよろしくお願いいたします。

----------
【02】関根信一・作演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」

☆劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
http://www.urinko.jp/schedule.html
http://www.komaba-agora.com/play/6529

大人のぼくへ 夢は叶ってますか?
保育園に務める30歳の健人は、男性保育士に対する保護者の偏見に落ち込み、
ゲイである秘密を打ち明けられず引きこもってしまった。
ある日、鏡を見ていると、1人の少女が現れて、言った。
「世界を救って欲しい」
少女に導かれて1997年の教室へ。そこで10歳の自分と出会い・・・

□ 作・演出
関根信一

□ 出演
下出祐子、にいみひでお、宮腰裕貴、鷲見裕美、山内まどか、児玉しし丸、栗本彩、村上綾菜

□ スタッフ
美術:岡本保(演劇組織 KIMYO/かすがい創造庫) 
照明:四方あさお 
衣裳:さくま晶子
音楽・音響:内田アダチ
宣伝美術:イラスト/伊藤ちずる、デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿、写真/清水ジロー

□ 日程/会場

・豊明市
日時:2019年1月19日(土)13:00 
会場:豊明市文化会館
お問合せ:豊明市 市民協働課 TEL.0562-92-8306
*豊明市主催の無料公演です。
 観覧ご希望の方はお問い合わせの上、ご来場ください。

・名古屋
日時:2019年1月20日(日)13:30 
会場:うりんこ劇場
料金:前売 2,400円 当日 2,900円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882
*満席となりました。

・東京
日時: 
2019年
1月24日(木)15:00 ○ / 19:00 
1月25日(金)15:00 ○
1月26日(土)11:00 / 15:00
1月27日(日)11:00 / 15:00 ○
*○はアフタートークがあります。

会場:こまばアゴラ劇場 http://www.komaba-agora.com/play/6529

チケット:
一般 前売 2,500円 当日 3,000円
U25 前売 2,000円 当日 2,500円

1月24日(木)15時開演 砂川秀樹さん
 文化人類学者/博士(学術)。大学非常勤講師。1990年より、オープンリーゲイとして、HIV/AIDSに関する支援活動や啓発に関する研究に関わり、LGBTのパレードなどのコミュニティ活動も牽引。2011年に沖縄へ帰郷。2013年、沖縄で初めてとなるLGBTプライドイベント「ピンクドット沖縄」を共同代表として実現。現在、東京在住。近著に『カミングアウト』(朝日新書)

1月25日(金)15時開演 平良愛香さん
 1968年沖縄生まれ。高崎芸術短大音楽科卒業後、農村伝道神学校在学中にゲイであることをカムアウト。日本では男性同性愛者であることを公にして任用された最初の牧師となる。現在、農村伝道神学校教師、立教大学・桜美林大学非常勤講師、セクシュアル・マイノリティ・クリスチャンの集い「キリストの風」集会代表、カトリックHIV・エイズデスク委員、平和を実現するキリスト者ネット事務局代表、日本キリスト教団川和教会牧師。著作「あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる」2017年 学研プラス

1月27日(日)15時開演 松岡宗嗣さん
 一般社団法人fair代表理事。HuffPostや現代ビジネス、東洋経済オンライン等でLGBTに関する記事を執筆。2018年に一般社団法人fairを設立。政策や法制度を中心としたLGBTに関する情報発信や、啓発キャンペーン等を行っている。
https://t.co/SgouLLJRw5

□ お問い合わせ・ご予約お申し込み
関根までご連絡ください。stage@flyingstage.com

*劇団うりんこ公式ホームページ http://www.urinko.jp

-----
2017年夏、劇団うりんこのアトリエ公演として上演した作品の再演です。この一年半でLGBTという言葉はずいぶん多く聞かれるようになりました。言葉は身近になっても、一人一人の子どもたちが抱える問題はかわりません。1997年の小学5年生の男の子が好きになった男の子と大人になりたくない女の子の物語。多くの子どもと子どもだった大人に見てもらいたい作品です。東京公演のアフタートークのゲストには、長く親しくさせてもらっている、砂川秀樹さん、平良愛香さん、それに今回初めましての
松岡宗嗣さんが来ていただけることになりました。どんなお話をうかがえるかとても楽しみです。劇団うりんこは名古屋を拠点としたカンパニーです。東京公園の集客に苦労していると聞きました。平日の昼の公演が多いのですが、ぜひぜひご覧いただけたらと思います。みなさまのご来場を心よりお待ちしています。ご予約お問い合わせは関根までご連絡ください。stage@flyingstage.com よろしくお願いいたします。(関根信一)
-----

----------
【03】石関 準・出演 「Benefic 第15回定期演奏会『カルメン/G.ビゼー』ほか」

石関 準が「Benefic 第15回定期演奏会『カルメン/G.ビゼー』ほか」に出演します。

☆Benefic 第15回定期演奏会
 「カルメン/G.ビゼー」「オリエント急行/P.スパーク」「ジブリセレクション」ほか

□ 日程
2019年2月3日(日) 13:30開場 14:00開演
*入場無料・全席自由

□ 会場
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
東京都葛飾区立石六丁目33番1号 TEL:03-5670-2222
京成電鉄京成青砥駅下車徒歩5分

・石関 準からのメッセージ
-----
今年も吹奏楽団Beneficさんの演奏会に参加させて頂きます。3部構成での第2部で「カルメン」を取り上げて、お芝居と代表曲でお楽しみ頂きます。カルメンにフライングステージでもお馴染み木村佐都美さん、カルメンに恋焦がれる兵士を石関準、大尉と闘牛士エスカミーリョを演出も兼ねる渡辺和徳さんが演じます。実は僕はもう一役演じるのですが、これは当日のお楽しみにしてください。葛飾は僕自身の生まれ育った土地で非常に懐かしく、身の引き締まる思いです。途中入場退場も出来ますので皆様、節分の日は葛飾へ。お待ちしております。(石関準)
-----

・演奏会に寄せて(「Benefic公式ホームページ」より)
-----
当団は吹奏楽団ですが、「音楽の楽しさをお客様にも伝えたい」という思いから、定期演奏会では吹奏楽という形態にこだわらず、様々な取り組みを行っております。
その一つが、著名な劇作品を演奏とお芝居で楽しんでいただく、第2部のステージです。
これまで8作品を取り上げてまいりましたが、今回は、記念すべき第1作「カルメン」を再演いたします。
オペラ「カルメン」の各場面で流れる音楽は、個別に使用される機会も多く、お話の内容を知らずとも、よくご存じの曲が多いことでしょう。役者さんと一緒に、短時間でも作品全体をお楽しみいただけるように工夫して作り上げますので、ご期待ください。
おかげさまで、当団の定期演奏会も第15回を迎えます。
他にも華やかな曲をご用意して、お客様と一緒に楽しめる時間にしたいと思います。
皆さまのお越しをお待ちしております。
-----

*Benefic公式ホームページ
>>https://benefic.jimdo.com/

----------
【04】劇団フライングステージ第45回公演のおしらせ

劇団フライングステージ、次回の本公演が決定いたしました。

☆劇団フライングステージ第45回公演
 「子どもと大人のフライングステージ(仮)」

□ 日程
2019年10月30日(水)−11月4日(月・祝)

□ 会場
下北沢 OFFOFFシアター

□ 作・演出
関根信一

詳しい情報は確定次第、劇団HPやこちらのメールマガジンでお知らせいたします。ご期待ください!

----------
【05】劇団員の近況など
-----
・関根信一
gaku-GAY-kai 2018「贋作・冬物語」、無事に終演しました。原作のシチリアとボヘミアを歌舞伎町と新宿2丁目におきかえて、今年も楽しく翻案をさせてもらいました。
今年の年末、gaku-GAY-kai 2019もまた別のシェイクスピアの翻案を上演できたらと考えています。どうぞご期待ください。
年明けの5日から名古屋に行き、劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」稽古が始まりました。この二日は東京へ戻り、世田谷パブリックシアターのワークショップ進行役を務め、今日の朝早くに家を出て、また名古屋へ戻り、昼前から稽古です。
そんなふうでお正月は何もなかったのですが、映画を一本だけ見ました。「彼が愛したケーキ職人」。https://cakemaker.espace-sarou.com/ 人を好きになるってこういうことだよなあと、人間てなんてしょうがないんだろうと思いました。それと、現代のイスラエルの様子を見ることができたのが興味深かったです。後味はやや微妙なのですが、僕はおもしろく見ました。
今年の本公演は10月末ですが、それまでに外部演出や客演の予定がいくつかあります。公演の情報は、このメールマガジンでお知らせしていけたらと思います。
2019年も、劇団フライングステージをどうぞよろしくお願いいたします。
-----
・石関 準
毎年親戚の子供達にお年玉をあげているのですが、そのためのポチ小袋は毎年買い直しています。今年の分も1日の午前中に近くのコンビニで買い、いざ宛名(直で会えないので名前書いてます)を書こうとしたら、袋の下部に2017の文字が。え。なんで。絵柄はお正月の紋付き羽織袴のスヌーピー。もしかして戌年用の売れ残り? スヌーピーをオールマイティキャラとして捉えていたのに・・・。だったらミッキーは子年限定? マイメロは卯年? 新年早々モヤモヤとした出来事でした。劇団共々本年も宜しくお願い致します。
-----
・水月アキラ
gaku-GAY-kai、ご来場ありがとうございました。
皆様、楽しんでいただけたと思いますが、出演者の一人として、私も楽しませていただきました。
gaku-GAY-kai後、明治座のカウントダウン公演で新しい年を迎え、gaku-GAY-kai有志メンバーによる初詣に参加するなどして、あっという間に年末年始の休みを過ごしてしまいました。
初詣で引いたおみくじは、末吉。
日々の仕事を確実に済ますように書かれていましたので、本年はおとなしく過ごしたいと思います。
-----
・岸本啓孝
「gaku-GAY-kai2018」、今回は役柄もあり、ヒゲ女装で舞台に立ちました。女装なのにヒゲ。いい年して取っ散らかっている今の僕には、しっくりくる気もしています。ウィッグやマラボー、ドレスにパンプス、それに、差し入れでいただいたお花やお菓子や酒が、ドカッと放置された自分の部屋だけでなく、心もそわそわ、何ら整理されていないままで迎えてしまった新年。今年こそ、スッキリとすごしていきたいものです・・・。
----------
【配信停止をご希望の方】
お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
----------
【不明な点・お問い合わせは】
stage@flyingstage.com
あてにメールを送ってください。ご感想も歓迎しています。
----------
【「FS通信」バックナンバー】
次のURLからご覧いただけます。
>> https://blog.goo.ne.jp/flyingstage_melma 
----------
⌘ 記事の無断転載はご遠慮下さい。
Flyigstage Theatre Company All rights reserved.
発行 劇団フライングステージ
(関根信一 / 石関 準 / 水月アキラ / 岸本啓孝)
記事に関するお問い合わせ stage@flyingstage.com
http://www.flyingstage.com/ 
公式Twitter @flyingstage
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目6-7 B3ビル601

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 12月15日配信号の文字化けに... | トップ | 劇団フライングステージ メー... »