劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.135 2018/12/15

2018年12月15日 | Weblog

「FS通信」 vol.135 2018/12/15

■ 劇団フライングステージ メールマガジン
■ 「FS通信」 vol.135 2018/12/15
http://www.flyingstage.com/
----------
冷え込む日々がつづきますね。風邪など召されていませんか。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
2018年最後の劇団フライングステージのメールマガジン「FS通信」。今回は、「gaku-GAY-kai2018」の詳しいご案内や残席情報・キャンセル待ち受付方法などを中心にお届けします。

■■■もくじ■■■
【01】gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」
【02】関根信一 演出 ドラマリーディング「空の村号」
【03】石関 準 出演「第21回春謡會」
【04】関根信一 作演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
【05】劇団員の近況などなど
----------
このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送りしています。
----------
【01】gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」

年末恒例のイベント「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせです。

☆gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」

贋作シェイクスピア第2弾!
ロマンス劇の名作をにぎやかに翻案
時が紡ぐ嫉妬と憎しみと和解の物語
舞台は現代の新宿2丁目!
会場は久しぶりの歌舞伎町 シアター・ミラクル

□ 日程
2018年12月29日(土)- 30日(日)
29日(土)14:00(第一部のみ)/ 18:30
30日(日)14:00 / 18:30
*29日(土)14:00の回は第一部「贋作・冬物語」のみ上演します
(チケット料金は下記をご参照ください)。
*開場は開演の30分前

□ 会場
新宿 シアター・ミラクル
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4階

□ 原作
ウィリアム・シェイクスピア

□ 出演
第一部「贋作・冬物語」
作・演出:関根信一
出演:宇原智茂、エスムラルダ、尾崎太郎、岸本啓孝、木村佐都美、さいとうまこと、冴瑪悠、坂本穏光、宍泥美、シュウ、関根信一、永山雄樹、芳賀隆宏、水月アキラ、モイラ、和田好美

第二部(12月15日現在)
「アイハラミホ。の驚愕!ダイナマイトパワフル歌謡パフォーマンスしょー」
 アイハラミホ。 *29日のみ
「佐藤 達のかみしばい 僕の話をきいてください」 佐藤 達
「朗読『水月モニカの百合物語』」 水月モニカ
「ドラァグクィーン ストーリータイム」 関根信一
「ひとりのビッグショー vol.3」 ぶー子 *30日のみ
「おっさんずライブ」 出演:芳賀隆宏
「防弾エプロン 2018」 出演:西山水木
「小夜子なりきりショウ リヴァイタル:リュネール」 モイラ
「ジオラママンボガールズの人生」 ジオラママンボガールズ
「中森夏奈子のスパンコール・チャイナイト vol.10」 中森夏奈子
「今年もアタシ、第二部で何かやろうかねえ」 エスムラルダ

□ スタッフ
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也 三枝 黎
企画製作:劇団フライングステージ
協力:CoRitch舞台芸術!

□ チケット
予約3,500円 当日4,000円
*29日(土)14:00(第一部のみ上演)は予約2,000円 当日2,500円
*日時指定、全自由席
*予約受付開始 11月24日(土)10:00より

□ チケット予約
・WEB予約
 https://ticket.corich.jp/apply/95976/
・メール予約・問い合わせ
 yoyaku@flyingstage.com

<ご予約状況 12月14日現在>
 29日(土)14:00 ★★★★★★★★★☆(第一部のみ上演)お早めに
 29日(土)18:30 ★★★★★★★★★★ 完売御礼
 30日(日)14:00 ★★★★★★★★★★ 完売御礼
 30日(日)18:30 ★★★★★★★★★★ 完売御礼

□ キャンセル待ちのご案内
満席で取り扱い終了の回もキャンセル待ちの受付をしています。
フライングステージまでお問い合わせください。
・キャンセル待ち等問合せ
 yoyaku@flyingstage.com

※ご予約をキャンセルされる方は、かならずご連絡いただきますようお願いいたします。当日のご連絡でも大丈夫ですので、どうぞよろしくお願いいたします(できるだけ早い方が助かるのですが)。キャンセルされたチケット代の請求はいたしません。

※最新の情報はフライングステージのツイッターをご覧ください。残席・キャンセル情報などもこちらで発信いたします。
・劇団フライングステージ公式Twitter @flyingstage

----------
【02】関根信一 演出 ドラマリーディング「空の村号」

☆第48回 斎田喬戯曲賞 受賞作品 ドラマリーディング「空の村号」

□ 作
篠原久美子

□ 演出
関根信一

□ 音楽
菊池大成・松田怜

□ 舞台監督
三木元太

□ 出演
クラウンYAMA、高坂諭、洪美玉、大堀茜、渋沢やこ、剣持直明、鬼頭典子、上田桃子

□ 演奏
菊池大成・浅岡みほり

□ 日時
2018年12月13日(木)-16日(日)
・15日(土)14:00 ミックス(2)
 クラウンYAMA・剣持・洪・渋沢・Pf.浅岡
・15日(土)18:00 NEWキャスト
 クラウンYAMA・剣持・鬼頭・上田・Pf.浅岡
・16日(日)14:00 オリジナルキャスト
 クラウンYAMA・高坂・洪・大堀・Pf.菊池

□ 会場
ブレヒトの芝居小屋
東京都練馬区関町北4-35-17
TEL:03-3920-5232
・電車
西武新宿線「武蔵関」駅下車徒歩6分。改札を背に左側の階段を降り、「エイブル」・「リサイクルショップ街」を左手に見ながら直進。ゆるやかな上り坂を進んで突き当たりを右折。10メートル。
・バス
(吉祥寺駅から)
中央線・井の頭線「吉祥寺駅」北口バス乗り場4番より、西武バスに乗車。「関町北4丁目」にて下車(吉祥寺駅より約20分)。進行方向に進んでサーティーワンの角を左折。
(大泉学園駅から)
西武池袋線「大泉学園駅」南口バス乗り場より「吉祥寺駅行き」にて「関町北4丁目」下車。進行方向逆に戻って、新青梅街道の交差点をサーティーワン方向に横断、直進10メートル。

□ チケット
前売2500円 当日2700円 全席自由
フリーチケット 4500円 ※4公演までご覧になれる定額チケット

□ チケット取扱
・予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/soramura?m=0kcccaa (関根扱い)
またはフライングステージ(stage@flyingstage.com)までご連絡ください。
当日、おいでいただいて「関根扱いで」と言っていただければ、
前売料金でご覧いただけます。

□ 協力
アート企画陽だまり、東京演劇アンサンブル、劇団フライングステージ

□ お問い合わせ
劇団劇作家
TEL:080-5498-5037

----------
【03】石関 準 出演「第21回春謡會」

☆「第21回春謡會」

□ 日時
2018年12月22日(土)
10:30開演 18:00終演(予定)

□ 会場
浅草公会堂
台東区浅草1-38-6 TEL:03-3844-7491
(東京メトロ銀座線・都営浅草線・東武鉄道浅草駅より
 徒歩約7分、雷門をくぐり浅草寺に向って左に入りすぐ)

※ご招待券ございます。
 劇団フライングステージ・石関 準までお問合せ下さい。

□ 石関 準からのメッセージ
-----
師走吉例の春謡會です。春謡流の一門会として21回目、私妙左京(みょうさきょう)は取り立て師匠妙左先生と兄弟子妙亘さんと3人で「女車引」という珍しい踊りをお目に掛けます。歌舞伎の「車引」を「三つ子の女房達」に読み替えて踊る作品です。人形浄瑠璃としても有名な「菅原伝授手習鑑」の世界。主人公の三つ子の女房達が夫に成り代わり繰り広げる踊りです。それぞれの思惑は非常に複雑なのですが、日本に昔からある「見立て」の手法で、楽しく明るい作品になっています。おなじみの舞踊劇「浮之助シリーズ」今回は樋口一葉の名作文学「大つごもり」の世界を描きます「人情噺 米屋の大つごもり」をご覧いただきます。大喜利はもちろんロマンティックレビューからフィナーレのご挨拶まで盛りだくさん。年末の慌ただしさの中にも賑やかな一日を是非浅草で。お待ちしております。石関準こと春謡妙左京
-----

□ お問合せ(フライングステージ)
stage@flyingstage.com

*春謡流Facebookページ
>>https://www.facebook.com/shunyouryu/

----------
【04】関根信一 作演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」

☆劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
http://www.urinko.jp/schedule.html

大人のぼくへ 夢は叶ってますか?
保育園に務める30歳の健人は、男性保育士に対する保護者の偏見に落ち込み、
ゲイである秘密を打ち明けられず引きこもってしまった。
ある日、鏡を見ていると、1人の少女が現れて、言った。
「世界を救って欲しい」
少女に導かれて1997年の教室へ。そこで10歳の自分と出会い・・・

□ 作・演出
関根信一

□ 出演
下出祐子、村井美奈、にいみひでお、宮腰裕貴、鷲見裕美、山内まどか、栗本 彩

□ スタッフ
美術:岡本保(演劇組織 KIMYO/かすがい創造庫) 
照明:四方あさお 
衣裳:さくま晶子
音楽・音響:内田アダチ
宣伝美術:イラスト/伊藤ちずる、デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿、写真/清水ジロー

□ 日程/会場

・豊明市
日時:2019年1月19日(土)13:00 
会場:豊明市文化会館
お問合せ:豊明市 市民協働課 TEL.0562-92-8306

・名古屋
日時:2019年1月20日(日)13:30 
会場:うりんこ劇場
料金:前売 2,400円 当日 2,900円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

・東京
日時: 
2019年
1月24日(木)15:00 / 19:00 
1月25日(金)15:00
1月26日(土)11:00 / 15:00
1月27日(日)11:00 / 15:00
会場:こまばアゴラ劇場
チケット:
一般 前売 2,500円 当日 3,000円
U25 前売 2,000円 当日 2,500円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

□ お申込み
・劇団うりんこ TEL.052-772-1882  
・ローソンチケット ※チケットは9月1日(土)から販売中
 うりんこ劇場  … Lコード42379(TEL.0570-084-004)
 こまばアゴラ劇場… Lコード32212(TEL.0570-084-003)

*劇団うりんこ公式ホームページ http://www.urinko.jp

----------
【05】劇団員の近況など
-----
・関根信一
12月に入って、稽古をしていた演出舞台の再演の初日が開きました。劇団風の子「ペコと秘密の樹」一般公演(12月2日)、劇団青年劇場「きみはいくさに征ったけれど」地方公演(12月13日)。そして、同じ13日に初日を迎えた劇団劇作家プロデュース公演「空の村号」の上演中です。2012年の初演から6年。僕が演出の仕事をいろいろさせてもらっていることの原点になる作品。初演時からのオリジナルキャスト、今回初めてのニューキャストと稽古をしながら、あらためて演出という仕事について考えました。6年経っても演出プランはほぼ変わらず、同じことをお願いしているのですが、その同じことこそが、僕が演出する上で大事にしたいことなのだということを確認した稽古になりました。どの作品に向き合う中でもそれは変わらないのだということも。東日本大震災とその後の放射能災害についても、あらためてさまざまなことを考えました。初演当時に感じていた思い、それは変わらずあるだろうか。演劇だからできることについての手応えを感じる上演になっていると思います。みなさまのご来場をお待ちしています。
11月29日から12月1日まで札幌で上演された世界エイズデーシアター「TEA FOR TWO 二人でお茶を」が、TGR札幌劇場祭2018で大賞を、亮平役の村上義典さんが俳優賞を受賞されました。今回は伺うことができなかったのですが、Twitterで感想などを拝見して、作者としてとてもうれしい気持ちでいます。@aidsdaytheater をご覧いただけたらと思います。演出の町田誠也さん、出演の村上義典さん、梅原たくとさん、スタッフのみなさん、プロデュースのトモコちゃん、おつかれさまでした。どうもありがとうございます!
フライングステージはこれから年末のgaku-GAY-kaiに向けての稽古が続きます。年末には来年の公演予定のご案内もできるかと思います。
少し早くはありますが、素敵なクリスマスとあたたかな新年が迎えられますよう、お祈りしています。
2018年はフライングステージを応援いただき、ありがとうございました。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
握手。
-----
・石関 準
 気温の乱高下で振り回されています。そんな中、風疹が大流行というニュースが巷を騒がせ、かかりつけの病院に問い合わせたところ、やはりワクチン待ちとのこと。出来るだけ早く検査、結果を判断しワクチン接種を希望する12月です。
-----
・水月アキラ
お手伝いした劇団ペンペン第30回劇団解散公演、無事に千秋楽を迎えました。
ゲイバーの10周年記念パーティとして平成元年に旗揚げされ、平成の終わりとともに解散した同劇団の公演に、第8回公演から観客として、第20回公演からは、出演やお手伝いをさせていただき、最後の数回は舞台監督を任され、終わってしまうのが寂しく感じながらも、事故等問題なく勤めあげ、ほっとしているところです。
さて、これからはgaku-GAY-kaiに向けて頑張ります。御来場お待ちしております。
-----
・岸本啓孝
gaku-GAY-kai「贋作・冬物語」の稽古場は、実に生産的。顔合わせの時からシェイクスピアを素材に侃々諤々、汲めども尽きぬアイデアが泉のように湧き出て、すばらしいブレインストーミングがくりひろげられています。・・・というと、とても高尚な創造の場のように聞こえますが、中身はどれも、くだらないことばかり。本当にひどいです。笑っているうちに稽古がおひらきになってしまいます。こんなことでいいのでしょうか・・・。
そんな稽古の合間を縫って、13日から上演中のドラマリーディング「空の村号」の、通算三度目の観劇をしてきました。今回から、文学座の研究所で同期だった上田桃子がキャストに加わったからです。彼女は背が小さいので、あいかわらず少女のようでしたが、母親になったと聞いてびっくり。僕も年を取るはずです。
「空の村号」は今度の日曜日まで上演中。こちらにも、ぜひお運びいただけたらと思います。
----------
【配信停止をご希望の方】
お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
----------
【不明な点・お問い合わせは】
stage@flyingstage.com
あてにメールを送ってください。ご感想も歓迎しています。
----------
【「FS通信」バックナンバー】
次のURLからご覧いただけます。
>> https://blog.goo.ne.jp/flyingstage_melma <<
----------
記事の無断転載はご遠慮下さい。
Flyigstage Theatre Company All rights reserved.
発行 劇団フライングステージ
(関根信一 / 石関 準 / 水月アキラ / 岸本啓孝)
記事に関するお問い合わせ stage@flyingstage.com
http://www.flyingstage.com/ 
公式Twitter @flyingstage
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目6-7 B3ビル601

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 劇団フライングステージ メー... | トップ | 12月15日配信号の文字化けに... »