劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.134 2018/11/15

2018年11月15日 | Weblog

「FS通信」 vol.134 2018/11/15
    
■ 劇団フライングステージ メールマガジン
■「FS通信」 vol.134 2018/11/15
http://www.flyingstage.com/
----------

落ち葉の舞い散る季節となりました。お変わりありませんか。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
月に一度の劇団フライングステージのメールマガジン「FS通信」、今月号は、
「gaku-GAY-kai 2018」のご案内、来年1月からの関根信一の演出作品のご案内を中心にお送りします。

■■■もくじ■■■
【01】gaku-GAY-kai 2018「贋作・冬物語」
【02】関根信一 台本 世界エイズデーシアター 2018
   「TEA FOR TWO 二人でお茶を」
【03】関根信一 演出 劇団風の子「ペコと秘密の樹」
【04】関根信一 演出 ドラマリーディング「空の村号」
【05】関根信一 作・演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
【06】上演台本を公開しました
【07】劇団員の近況などなど
----------
このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送りしています。


----------
【01】gaku-GAY-kai 2018「贋作・冬物語」
----------

年末恒例のイベント「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせです。

☆ gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」

贋作シェイクスピア第2弾!
ロマンス劇の名作をにぎやかに翻案
時が紡ぐ嫉妬と憎しみと和解の物語
舞台は現代の新宿2丁目!
会場は久しぶりの歌舞伎町 シアター・ミラクル

最新の公演情報(フライングステージのブログ)
フライヤー オモテ ウラ
 
□ 日程
2018年12月29日(土)- 30日(日)
29日(土)14:00(第一部のみ)/ 18:30
30日(日)14:00 / 18:30
*29日(土)14:00の回は第一部「贋作・冬物語」のみ上演します
(チケット料金は下記をご参照ください)。
*開場は開演の30分前

□ 会場
新宿 シアター・ミラクル
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4階

第一部「贋作・冬物語」

□ 原作:ウィリアム・シェイクスピア

□ 作・演出:関根信一

□ 出演:
宇原智茂、エスムラルダ、尾崎太郎、岸本啓孝、木村佐都美、さいとうまこと、
冴瑪悠、坂本穏光、宍泥美、シュウ、関根信一、永山雄樹、芳賀隆宏、
水月アキラ、モイラ、和田好美

第二部(11月15日現在)

「アイハラミホ。の驚愕!ダイナマイトパワフル歌謡パフォーマンスしょー」
 アイハラミホ。 *29日のみ
「佐藤 達のかみしばい 僕の話をきいてください」 佐藤 達
「朗読『水月モニカの百合物語』」 水月モニカ
「ドラァグクィーン ストーリータイム」 関根信一
「ひとりのビッグショー vol.3」 ぶー子 *30日のみ
「おっさんずライブ」 出演:芳賀隆宏
「防弾エプロン 2018」 出演:西山水木
「小夜子なりきりショウ リヴァイタル:リュネール」 モイラ
「ジオラママンボガールズの人生」 ジオラママンボガールズ
「中森夏奈子のスパンコール・チャイナイト vol.10」 中森夏奈子
「今年もアタシ、第二部で何かやろうかねえ」 エスムラルダ

□ スタッフ
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也 三枝 黎
企画製作:劇団フライングステージ
協力:CoRitch舞台芸術!

□ チケット
予約3,500円 当日4,000円
*29日(土)14:00(第一部のみ上演)は予約2,000円 当日2,500円
*日時指定、全自由席
*予約受付開始 11月24日(土)10:00より

□ チケット予約
・WEB予約
 https://ticket.corich.jp/apply/95976/
・メール予約・問い合わせ
 yoyaku@flyingstage.com

※ご案内DMの発送は予定していません。
※最新の情報はフライングステージHPをご覧ください。

----------
【02】関根信一 台本 世界エイズデーシアター 2018
   「TEA FOR TWO 二人でお茶を」
----------

☆ 世界エイズデーシアター 2018「TEA FOR TWO 二人でお茶を」

 1980年冬の札幌。
 ホテルの一室で一夜を過ごした亮平と健人。
 酔っ払って記憶のない亮平の記憶をたどるうち、二人はお互いの事情を知っていく。
 亮平は年に一度東京からやってくる妻子持ちの数学教師。
 健人は札幌在住の母親と二人暮らしのゲイ。
 年に一度のデートを重ねていくことにした二人。
 ただし、それぞれのパートナーはそのままで。
 昭和が平成になり、21世紀になり、ゲイをめぐる社会の状況もどんどん変わっていく。
 お互いの家族、パートナー、仕事、HIV、さまざまなことを話し、20代の二人は40代50代になっていく。
 二人の愛と友情を笑いと涙でつづる25年間の物語。

□ 作:関根信一(劇団フライングステージ)

□ 演出:町田誠也(劇団words of hearts)

□ 出演
村上義典、梅原たくと(ELEVEN NINES)

□ 日程:
2018年11月29日(木)-12月1日(土)
 11月29日(木)20:00
 11月30日(金)20:00
 12月01日(土)13:00 18:00
 *開場は開演の30分前

□ 会場
ターミナルプラザことにパトス
(札幌市西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅B2F)

□ チケット
入場無料・要予約
*各回定員80名
*全席自由
*事前予約が必要です。

ご予約はこちらのアドレスからどうぞ。
https://www.quartet-online.net/ticket/teafortwo2018

□ スタッフ
舞台監督:米沢春花(NPO法人コンカリーニョ)
音響:高橋智信(劇団fireworks)
照明:平賀友美(劇団fireworks)
小道具・場転:飛鷹希
楽曲:町田拓哉(町田音楽工房)
宣伝美術:ぢるぢる
制作:小川しおり(劇団fireworks)

□ 主催:世界エイズデー札幌実行委員会

※本事業は、札幌市のエイズ予防啓発キャンペーンの委託事業により実施しています。

*最新情報は、 こちらのTwitterアカウントをご覧ください。
 世界エイズデーシアター @aidsdaytheater

*上演台本をこちらで公開しています。 PDF Word

----------
【03】関根信一 演出 劇団風の子「ペコと秘密の樹」
----------

☆ 劇団風の子「ペコと秘密の樹」

http://www.kazenoko.co.jp/playwork/peko.html

近未来ファンタジー <希望と再生の物語>

 遠い昔、大きな戦争がありました。人間が作り出した恐怖の火のカケラが世界中に砕け散り、戦いは終わりました。カケラがすべて取り除かれたとき、世界は再生を始めるといいます。
  ペコは島々をめぐりカケラを集めています。ペコが最後にたどり着いた島、荒れ果てたその島で人々は、たった一本の輝く樹と樹の守り神カラス様を崇めていま した。ペコは島の兄妹ロクキュウとサンゴに出会います。兄のロクキュウはペコを受け入れず、島の暮らしを脅かすものとして追い出そうとしますが、妹のサン ゴはペコに惹かれ島の外の世界に興味を持ちます。
 年に一度の恵みの日、今年はサンゴがカラス様に選ばれ、樹の元に導かれることになりました。樹の元では永遠の幸せを手に入れることができると信じられています。ためらうサンゴを送り出したロクキュウですが、ペコに出会ったことで次第に自分が間違っ ているのではないかと考え始めます。ロクキュウとペコは自分たちの目で確かめるために樹の元へ向かいました。そこには思いがけないものが待っていたので す。
 ロクキュウはサンゴを助け出すことができるのか。ペコはすべてのカケラを集めることができるのか。そして未来は…。

劇団風の子「ペコと秘密の樹」フォトムービー

□ 日時
2018年12月2日(日)
13:30開演(13:10開場)

□ 会場
四谷ひろば 講堂(東京おもちゃ美術館)
(新宿区四谷4丁目20)
東京メトロ「四谷三丁目駅」2番出口より徒歩7分

□ 料金
前売り 1,800円 当日 2.000円

□ 対象:小学生 4歳以上有料

□ 上演時間:1時間15分

□ お申込み
e-mail:tokyo@kazenoko.co.jp
電話番号:042-652-1001
*またはフライングステージ関根までご連絡ください。
 stage@flyingstage.com(フライングステージ)

□ スタッフ
作:鴛渕貴士
演出:関根信一
演出助手:大澗弘幸
美術:ナカムラジン、浅野井優子
音楽・効果:曲尾友克
衣裳:坂本真彩
制作:浅野井優子

*劇団風の子 http://www.kazenoko.co.jp

----------
【04】関根信一 演出 ドラマリーディング「空の村号」
----------

☆ 第48回 斎田喬戯曲賞 受賞作品 ドラマリーディング「空の村号」

 福島の美しい村に暮らす、元気で勉強嫌いの五年生・空は、ひょんなことから「映画監督になろう!」と思い立つ。でもそこには問題があった。「こーんな田舎じゃ、映画監督なんて見たことない」
 でも、ある時を境に、村にはたくさんのTVや映画の監督やカメラマンがやってきた。
 地震があって、原発でなんか爆発して、そして、空の暮らす村はだんだん変わっていった…。
 震災と原発事故を子どもの視点から描き反響を呼んだ話題作!
 5年ぶりのオリジナルキャスト版に新キャストも加わり、「ブレヒトの芝居小屋」で上演!

□ 作:篠原久美子

□ 演出:関根信一

□ 音楽:菊池大成・松田怜

□ 舞台監督:三木元太

□ 出演
クラウンYAMA、高坂諭、洪美玉、大堀茜、渋沢やこ、
剣持直明、鬼頭典子、上田桃子

□ 演奏
菊池大成・浅岡みほり

□ 日時
2018年12月13日(木)-16日(日)
・13日(木)16:00 オリジナルキャスト
 クラウンYAMA・高坂・洪・大堀・Pf.菊池
・13日(木)20:00 NEWキャスト
 クラウンYAMA・剣持・鬼頭・上田・Pf.浅岡
・14日(金)20:00 ミックス(1)
 クラウンYAMA・高坂・鬼頭・渋沢・Pf.菊池
・15日(土)14:00 ミックス(2)
 クラウンYAMA・剣持・洪・渋沢・Pf.浅岡
・15日(土)18:00 NEWキャスト
 クラウンYAMA・剣持・鬼頭・上田・Pf.浅岡
・16日(日)14:00 オリジナルキャスト
 クラウンYAMA・高坂・洪・大堀・Pf.菊池

□ 会場:ブレヒトの芝居小屋
 東京都練馬区関町北4-35-17
 TEL:03-3920-5232
・電車
 西武新宿線「武蔵関」駅下車徒歩6分。改札を背に左側の階段を降り、
 「エイブル」・「リサイクルショップ街」を左手に見ながら直進。
 ゆるやかな上り坂を進んで突き当たりを右折。10メートル。
・バス
 (吉祥寺駅から)
 中央線・井の頭線「吉祥寺駅」北口バス乗り場4番より、西武バスに乗車。
 「関町北4丁目」にて下車(吉祥寺駅より約20分)。
 進行方向に進んでサーティーワンの角を左折。
 (大泉学園駅から)
 西武池袋線「大泉学園駅」南口バス乗り場より「吉祥寺駅行き」にて
 「関町北4丁目」下車。進行方向逆に戻って、
 新青梅街道の交差点をサーティーワン方向に横断、直進10メートル。

□ チケット
前売2,500円 当日2,700円 全席自由
フリーチケット 4,500円 ※4公演までご覧になれる定額チケット

□ チケット取扱
・チケットぴあ(Pコード:490-430)
電話自動受付:0570-02-9999
WEB https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1851106
・予約フォーム(関根扱い)
 https://www.quartet-online.net/ticket/soramura?m=0kcccaa

□ 協力:アート企画陽だまり、東京演劇アンサンブル、劇団フライングステージ

□ お問い合わせ:劇団劇作家 TEL:080-5498-5037

----------
【05】関根信一 作・演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
----------

☆ 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
http://www.urinko.jp/schedule.html

 大人のぼくへ 夢は叶ってますか?
 保育園に務める30歳の健人は、男性保育士に対する保護者の偏見に落ち込み、
 ゲイである秘密を打ち明けられず引きこもってしまった。
 ある日、鏡を見ていると、1人の少女が現れて、言った。
 「世界を救って欲しい」
 少女に導かれて1997年の教室へ。そこで10歳の自分と出会い・・・

 皆様のご好評をいただき、再演が決定いたしました!

□ 作・演出:関根信一

□ 出演
下出祐子、にいみひでお、宮腰裕貴、鷲見裕美、山内まどか、児玉しし丸、
栗本彩、村上綾菜 

□ スタッフ
美術:岡本保(演劇組織 KIMYO/かすがい創造庫) 
照明:四方あさお 
衣裳:さくま晶子
音楽・音響:内田アダチ
宣伝美術:イラスト/伊藤ちずる、デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿、
   写真/清水ジロー

□ 日程/会場

・豊明市
日時:2019年1月19日(土)13:00 
会場:豊明市文化会館
お問合せ:豊明市 市民協働課 TEL.0562-92-8306

・名古屋
日時:2019年1月20日(日)13:30 
会場:うりんこ劇場
料金:前売 2,400円 当日 2,900円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

・東京
日時: 
2019年
1月24日(木)15:00 / 19:00 
1月25日(金)15:00
1月26日(土)11:00 / 15:00
1月27日(日)11:00 / 15:00


会場:こまばアゴラ劇場

チケット:
一般 前売 2,500円 当日 3,000円
U25 前売 2,000円 当日 2,500円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

□ お申込み
・劇団うりんこ TEL.052-772-1882  
・ローソンチケット ※チケットは9月1日(土)から販売中
 うりんこ劇場  … Lコード42379(TEL.0570-084-004)
 こまばアゴラ劇場… Lコード32212(TEL.0570-084-003)

*劇団うりんこ公式ホームページ http://www.urinko.jp

----------
【06】上演台本を公開しました。
----------

 以前よりウェブサイトで公開していたものにくわえて、最近の公演の上演台本を公開しました。
 下記のページの一覧からご覧ください。
 PDFとWordのファイルです。
 ウェブ上でもダウンロードしていただいてもけっこうです。
 (Wordのファイルは自動的にダウンロードされます。)
 用紙設定はA4横版になっています。
 上演を希望される方はフライングステージまでお知らせください。

□劇団フライングステージ上演台本一覧
ホームページ「LIBRARY」
http://www.flyingstage.com/gikyoku.html
劇団フライングステージのブログ
http://flyingstage.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-ff2e.html

----------
【07】劇団員の近況など
-----
・関根信一
 劇団劇作家プロデュース公演ドラマリーディング「空の村号」の稽古が始まりました。初演以来6年ぶりの大堀茜さん。なつかしく、初演の稽古のことを思い出しました。東日本大震災から8年8ヶ月。その歳月の重さとこの作品を今上演することの意味をあらためて感じています。今回初めましての鬼頭典子さん、上田桃子さん、とても魅力的で(剣持直明さんとは今回まだお会いできていません)、4パターンのキャストでの上演、それぞれがおもしろくなりそうです。4作品の通し券のご用意もあります。こちらはネットからの予約ができないので、フライングステージまでご連絡ください。
 劇団風の子「ペコと秘密の樹」の小学校での上演を何度か見に行き、稽古場で若林こうじさんと細かい手直しをしました。お知らせ用のフォトムービーが公開中です。https://goo.gl/syRtBA どんな作品かわかりやすくまとめられています。3分弱です。ぜひご覧ください。12月2日の四谷ひろばでの上演もぜひぜひご覧いただけたらと思います。
 年末のgaku-GAY-kai2018、今年はシェイクスピアの「冬物語」の贋作化。原作の舞台、シチリアとボヘミアを歌舞伎町と新宿2丁目にざっくりと移動。歌舞伎町の王と新宿2丁目の王の友情から始まる物語です。シェイクスピアが海のない国ボヘミアの「浜辺」という場面をつくっていることに背中を押されました。ご期待ください。予約受付開始は今月24日からになります。ご予約ご来場をお待ちしています。
 演劇集団LGBTI東京の「ここにいるよ」(脚本演出:小住優利子)@新宿スターフィールド劇場 を見てきました。https://lgbti-t.jimdo.com/ 女子が好きだと気づき始めた女子高生の心のゆれ。SNSに出会うことで知識を得るがトラブルにも会い……というお話。忘れていた10代の頃の心の痛みを思い出しました。伝えたいことがちゃんと伝わる、セクシュアルマイノリティについての基礎知識も盛り込まれた、いい作品でした。学校公演を目指しているそうです。がんばってほしいと思います。
 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」、稽古は年明けからなのですが、昨日、名古屋まで再演にあたってのもろもろの打ち合わせに行って来ました。初演でいただいた感想を踏まえて、いろいろ改訂をして、もっともっといい作品になるよう台本の見直しをすすめます。ご期待ください。
 最近の上演台本を公開することにしました。上演の際、劇場で台本を販売したものもあるのですが、ご了承ください。Kindleでの販売を検討したものの、なかなかむずかしく、ウェブ上での公開ということになりました。今後も劇場での販売は予定していますが、その際は数ヶ月後にウェブ上で公開するかもしれないとお伝えするようにします。どうぞよろしくお願いいたします。
-----
・石関 準
 このところ「土用」が気になっています。夏の土用が毎年話題になりますが、季節の変わり目に18日ずつ存在し、健康に気をつけた方が良い時期らしいです。でもそう考えると年にトータル2ヶ月以上の土用が。暑い季節から寒い季節への土用期間が僕の要注意時期ですので、この時期は慎重に暮らします。
-----
・水月アキラ
 今年も、12月7日金曜日から9日日曜日まで、「劇団ぺんぺん」の公演をお手伝いします。
 記念すべき30回公演で、最終となる解散公演。
 20回、21回の公演に出演させていただき、22回公演からお手伝いしていますが、月日が過ぎ去るのも早く、今年で終了しするという事で、寂しい限りです。
 「劇団ぺんぺん」は、新宿二丁目にある「ぺんぺん草」というお店の開店10周年記念で旗揚げされ、毎年年末に公演されている劇団です(ですので、お店は40周年となります)。
 無事に楽しく終了できるように、お手伝いしたいと思います。
-----
・岸本啓孝
 シェイクスピアの「冬物語」。文学座の研修生だったころ、高瀬久雄さんの演出で取り組んだこの作品のことは、今でもたまに思い出します。一つ上の先輩と一緒に、二人のシーンを成立させるため、中野のサンプラザの広場で夜中まで自主稽古して、先輩の家に泊めてもらって朝ごはんを一緒に食べたこと、とてもいい思い出です。なぜなら、その先輩はとてもカッコよかったからです(笑)。Facebookでたまに写真を拝見しますが、今でもカッコいいです。また会いたい・・・!
 そんな思い出深い「冬物語」が、まさか今年のgaku-GAY-kaiの演目になろうとは。はてさて、どんな「贋作・冬物語」になりますことやら・・・。
----------
【配信停止をご希望の方】
お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
----------
【不明な点・お問い合わせは】
 stage@flyingstage.com
 あてにメールを送ってください。ご感想も歓迎しています。
----------
【「FS通信」バックナンバー】
次のURLからご覧いただけます。
>> https://blog.goo.ne.jp/flyingstage_melma <<
----------
記事の無断転載はご遠慮下さい。
Flyigstage Theatre Company All rights reserved.
発行 劇団フライングステージ
(関根信一 / 石関 準 / 水月アキラ / 岸本啓孝)
記事に関するお問い合わせ stage@flyingstage.com
http://www.flyingstage.com/ 
公式Twitter @flyingstage
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目6-7 B3ビル601

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 劇団フライングステージ メー... | トップ | 劇団フライングステージ メー... »