劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.128 2018/6/15

2018年06月15日 | Weblog

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

しっとりと街並みも濡れそぼる梅雨。おかわりありませんか。
劇団フライングステージの岸本啓孝です。
月に一度のメールマガジン「FS通信」、今月は、いよいよ予約がスタートする
夏の本公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」のくわしいご案内を中心に、
石関 準の客演情報、「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせなど、
情報満載でお送りします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.128 2018/6/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 第44回公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」
#02 石関 準・出演 おちないリンゴ×さんらん 夏しばい
#03 「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせ
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 第44回公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第44回公演
 「お茶と同情 Tea and Sympathy」

 フライヤー表 フライヤー裏 

────────────────────────────────────
 学校を舞台にセクシャルマイノリティを題材にした演劇作品はいろいろありま
す。リリアン・ヘルマン「子供の時間」(「噂の二人」として映画化)、「アナ
ザー・カントリー」(元祖BL映画!)、ジョン・パトリック・シャンリィ「ダ
ウト」(メリル・ストリープ主演で映画化)など。
 タイトルの「お茶と同情」は、同名の舞台を原作にした1957年公開のアメリカ
映画から拝借しました。男らしくないと言われる高校生と彼を見守る寄宿舎の舎
監の妻の物語。(美輪明宏さんが当時「シスターボーイ」と呼ばれたのはこの映
画からだそうです。)上演してみたい作品ばかりですが、今回は現代の日本を舞
台に新しく作ってみようと決めました。
 主人公は高校教師。ゲイだとカミングアウトした彼が巻き込まれるハラスメン
ト問題の行く末を描いてみようと思います。悲しい結末で終わりがちな先行作品
とは違ったハッピーエンドをとりあえずは目指して。
 ご来場をお待ちしています。                (関根信一)
────────────────────────────────────

【作・演出】
関根信一

【出演】
石坂 純(劇団ひまわり)
石関 準(フライングステージ)
井手麻渡(無名塾)
鎌内 聡
岸本啓孝(フライングステージ)
木村佐都美(おちないリンゴ)
小林将司
清水泰子
高木充子(劇団桃唄309)
関根信一(フライングステージ)

【日程】
2018年8月8日(水)- 8月12日(日)
8月 8日(水)19:30
8月 9日(木)19:30
8月10日(金)14:00/19:30
8月11日(土)13:00/16:00/19:00
8月12日(日)13:00/16:00/19:00
*受付開始、開場は開演の30分前です。

【会場】
下北沢 OFFOFFシアター
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅北口(仮北口)徒歩3分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 
TEL 03-3424-3755
*下北沢駅が改修中です。これまでの南口がなくなっています。
 北口(仮北口)から少し遠回りになりますので、ご確認の上、ご来場下さい。
 ・北口改札ルート
 ・南西口改札ルート

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ
イラスト:ぢるぢる
デザイン:石原 燃
制作:渡辺智也、三枝 黎
協力:M・M・P、おちないリンゴ、株式会社仕事、劇団ひまわり、
   無名塾、劇団桃唄309、CoRich舞台芸術!
企画製作:劇団フライングステージ

【チケット】
全指定席 3,500円
ペアチケット 6,500円 トリプルチケット9,000円
学生 2,500円
当日券 3,800円 当日学生券 3,000円
*ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は
 予約・前売りのみの販売です。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が
 難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を
 解除させていただきます。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

<先行予約> 2018年6月23日(土)10:00 - 6月29日(金)22:00
・WEB予約
 (PC用)>>https://ticket.corich.jp/apply/91755/
 (携帯用)>>http://ticket.corich.jp/apply/91755/
・MAIL予約:yoyaku@flyingstage.com 
・TEL/FAX予約:03-6803-1250
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*お席のご希望をうかがえます。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*先行予約のチケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします
 (振込手数料はご負担ください)。

<一般発売> 2018年6月30日(土)10:00 から 各公演日前日 まで
・WEB予約
 (PC用)>>https://ticket.corich.jp/apply/91755/
 (携帯用)>>http://ticket.corich.jp/apply/91755/
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・TEL/FAX予約 03-6803-1250(フライングステージ)
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。
*お席のご希望はうかがえません。ご了承ください。

【お問い合せ】
劇団フライングステージ
Mail:stage@flyingstage.com
TEL/FAX:03-6803-1250
WEB:http://www.flyingstage.com/
*最新の情報はこちらをご覧ください。
 http://flyingstage.cocolog-nifty.com/blog/

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 石関 準・出演 おちないリンゴ×さんらん 夏しばい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆おちないリンゴ×さんらん
 夏しばい「虫の音と風鈴」「おかえり」

みえないものが見える
きこえない音が聞こえる
ふれられないものに触れられる

そんなお話し。
夏の日、お庭のある古民家で上演します。

★おちないリンゴ「虫の音と風鈴」

2人ぐらしの姉と妹

「ひみつ」を持った姉
「ひみつ」を持った姉を持った妹

また、夏がやってくる
あいつと一緒にやってくる

家族だから縮めたい距離がある
家族だから縮めたくない距離がある

【作】
伊藤悠子

【演出】
木村佐都美

【出演】
木村佐都美(おちないリンゴ)
由川悠紀子(おちないリンゴ)
石関準(劇団フライングステージ)
野口聡人

★さんらん「おかえり」

ちょっと昔のこと、さいたま市になる直前の与野市。
再開発で建て壊しが進む、昔ながらの街並みのなか、
立ち退きを拒み続ける一軒の家。
夏の盛り、お盆。
茄子と胡瓜でつくった精霊馬を並べる男のところに、
死んだ妻が帰ってくる。
どこか不器用な夫と、夫以外には見えない妻。
おっちょこちょいな妻の弟に、謎の霊媒師。
ひょうきんな夫婦の四日間の愛のおはなし。

【作・演出】
尾崎太郎

【出演】
さいとうまこと
清水優華
中村有(B-Tokyo)
谷田川さほ(劇団銅鑼)

【日程】
2018年7月11日(水)- 7月16日(月)
7月11日(水)14:00/19:00
7月12日(木)14:00/19:00
7月13日(金)14:00/19:00
7月14日(土)12:00/16:00/20:00
7月15日(日)13:00/17:00
7月16日(月)13:00/17:00
*受付は開演の45分前、開場は30分前からです。

【会場】
ギャラリーしあん
都営地下鉄大江戸線「新御徒町」(つくばエクスプレス)A1出口 徒歩約1分
東京メトロ銀座線「稲荷町」1番出口・「上野広小路」A8出口、日比谷線「仲御
徒町」3番出口、JR山手線・京浜東北線「御徒町」北口 徒歩約10分
東京都台東区東上野1-3-2
TEL 03-5812-3633

【チケット】
(全席自由席、日時指定)
一般 2500円 高校生以下 500円(要学生証提示) 当日 3000円
・WEB予約
(PC用)>>https://ticket.corich.jp/apply/90597/
(携帯用)>>http://ticket.corich.jp/apply/90597/

【お問い合せ】
Mail:natsushibai2018@gmail.com
TEL/FAX:050-3550-7771

【おちないリンゴ 】
2005年に結成。時間と共に転変する「今」を、偏った視点でシニカルに描き、執
念深く作品を創り続けている。
・公式サイト:http://ochinai-ringo.net
・Twitter:@ochinai_ringo
・電話:050-3550-7771
・メール:ochinairingo@gmail.com

【さんらん】
2016年に葛飾で結成。社会を照射する作品。あるいは美しく、また残酷でもある
作品をどこかあたたかみのある演出でお届けします。
・公式サイト:https://sanran.jimdo.com
・Facebook:http://facebook.com/sanran.jp/
・Twitter:@SanranTicket
・電話:080-5032-6986
・メール:sanran.ticket@gmail.com

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一軒家を改造した上野の劇場で、客演させてもらえることになりました。僕は
「おちないリンゴ」さんの「虫の音と風鈴」に出演致します。
夏の日にふれあった、人ならざるもの達。さんらんさんとは稽古場は別なのです
が、先日の合同顔合わせで全キャストにご挨拶できて、楽しい競演になりそうで
す。御予約お待ちしております。                (石関 準)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲━

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

年末恒例のイベント「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせです。

☆gaku-GAY-kai 2018「贋作・から騒ぎ」(仮)

贋作シェイクスピア第2弾
名作喜劇を歌舞伎町と新宿2丁目を舞台に翻案
会場は歌舞伎町の真ん中シアター・ミラクル

【日程】
2018年12月29日(土) - 30日(日)

【会場】
新宿 シアター・ミラクル

【原作】
ウィリアム・シェイクスピア

【作・演出】
関根信一

【出演】
宇原智茂 エスムラルダ 尾崎太郎 オバマ 岸本啓孝 木村佐都美
さいとうまこと 冴瑪悠 坂本穏光 宍泥美 シュウ
関根信一 永山雄樹 芳賀隆宏 水月アキラ モイラ 和田好美

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5月20日(日)リーディング「アナグラム -ユルスナールの恋」終演しました。
キャスト、スタッフのみなさん、ご来場いただいたみなさん、僕の突然の企画に
ご協力いただき感謝です! 若い頃からずっと身近にいたマルグリット・ユルス
ナールという作家が、「演じてみる」ことでより身近に、そして一人の人間とし
て感じられるようになりました。終演後、ユルスナールの研究をされている方と
お話しできたのもうれしかったです。あんなに彼女について話したことはありま
せん。観劇の記録を因幡屋ぶろぐさんが書いてくださいました。どうぞごらんく
ださい。https://goo.gl/JWXQyi
 世田谷パブリックシアター地域の物語ワークショップ「家族をめぐるささやか
な冒険」終了しました。シンガポールのネセサリーステージから、
アルヴィンとセリーナ、二人の進行役を迎えての共同作業。今回は「演じる」と
いうことにていねいに取り組みました。ある人物の24時間を演じるワーク。進行
役として見ているだけで感動的な時間でした。これからも彼らとの交流は続きま
す。また参加者募集のご案内をしますね。
 Twitterトレンド世界一位で話題のドラマ「おっさんずラブ」。僕も見ていま
した。とてもいいドラマでした。初めのうちはどうなるかと思っていたのですが、
最終回のラストでは思わず立ち上がって拍手をするほど。脚本、演出、出演のみ
なさんのまっすぐな取り組みに心うたれるとともに感謝の気持ちでいっぱいです。
作り手側の人間として気付いたことは、ゲイのドラマを社会的な軋轢を抜きにし
て描くと、こんなに「純愛」の要素が立ち上がるんだということでした。それは、
江戸時代の「男色大鑑」から現代のBLまで、男同士の恋愛とはそういうものと
されてきたわけですが、現代の実写ドラマでそれが確認できたのは大きな驚きで
した。「男同士」であることに「気持ち悪い」「ホモ?」等のネガティブなコメ
ントがいっさい聞こえてこない世界観は、ある意味ファンタジーだったのかもし
れません。それでも、それだからこそ立ち上がってきたものはとても大きかった
です。セックスの問題をずっと曖昧にしたまま、最後の最後に提示して終わると
いうのもすばらしかったです。DVDを予約しようかな、再放送はあるのかなと
今もドキドキしています。                  (関根信一)
────────────────────────────────────
 日本舞踊と客演先の稽古が同時進行で、今月後半からはフライングステージ8
月公演の稽古も加わります。
 稽古三つ巴の様相ですが、ビリヤードの球のように、たがいに連鎖して前に進
めて行けるよう夏バテに気をつけて頑張ります。         (石関準)
────────────────────────────────────
 宇都宮で暮らし始めて1年以上過ぎましたが、やっと、郷土料理である「しも
つかれ」を食べました。
 最近、NHK栃木で、数分間の「しもつかれ」作り方解説番組が、繰り返し放
映されていて、料理人が、鮭の頭、大根、人参及び大豆等を「鬼おろし」で粗く
すりおろし、酒粕とともに煮込んでいた姿が記憶に刷り込まれていたのですが、
その作り方から想像できる味でした。
 栃木県にお越しの際は、是非、御賞味ください。スーパーでも、手に取りたく
ない形状で販売されています。                (水月アキラ)
────────────────────────────────────
 久しぶりの夏の本公演。今からとてもたのしみです。やはりフライングステー
ジの芝居は夏! うだるような暑さのなか、汗をダラダラと流しながら稽古場に
向かうのが実はとても大好きな僕は、真夏も真夏、7月4日のアメリカの独立記
念日に生まれたのでした、今からちょうど、40年ほど前・・・。というわけで、
これが僕にとっては30代最後の「FS通信」です。だからなんだ、ってハナシ
なのですが。まだこうして芝居をつづけ、メールマガジンをお届けできることに
感謝をしながら、不惑とは程遠い40代を、いまからたのしみにしている次第で
す。英国ナショナルシアターの「Angels in America」で、アンドリュー・ガー
フィールドとネイサン・レインとが、トニー賞を受賞した、との報せを耳にして、
40代のうちに、なんとか仕事でニューヨークかロンドンに滞在することがデキ
レバ、なんて、いい年こいて夢をみております。他にも、「ああ、この芝居がヤ
レタラ!」という作品も山のようにあります。40代、10年で足りないかも!
 でもレバは肉屋、タラは北海道。枚挙にいとまなく、キリがないのでこのへん
にしておきます。まずはこの夏の本公演の稽古にむけ、身体をほぐすところから
はじめないと・・・。                    (岸本啓孝)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ
http://www.flyingstage.com/
公式Twitter @flyingstage
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 劇団フライングステージ メー... | トップ | 劇団フライングステージ メー... »