劇団フライングステージメールマガジン FS通信


カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.132 2018/9/15

2018年09月15日 | Weblog

「FS通信」 vol.132 2018/9/15
    
■ 劇団フライングステージ メールマガジン
■ 「FS通信」 vol.132 2018/9/15
http://www.flyingstage.com/
----------

月影さやかな季節になりましたね。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
劇団フライングステージのメールマガジン「FS通信」、今月号からレイアウトを
変更してみました。内容はいつもと変わらず、盛りだくさんです。
年末の「gaku-GAY-kai2018」のご案内、石関準の客演情報、年明けの関根信一の
演出作品のご案内に、劇団のメンバー近況などなどと、情報満載でお届けします。
では、スタートです!

■■■もくじ■■■
【01】gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」
【02】石関 準・出演 雪乃音流「曳舟会」
【03】関根信一・演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
【04】劇団員の近況などなど
----------
このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送りして
 います。
----------
【01】gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」

年末恒例のイベント「gaku-GAY-kai 2018」のおしらせです。

☆gaku-GAY-kai2018「贋作・冬物語」

贋作シェイクスピア第2弾
ロマンス劇として名高い名作を歌舞伎町と新宿2丁目を舞台ににぎやかに翻案
会場はひさしぶりの歌舞伎町の真ん中、シアター・ミラクル

*「贋作・から騒ぎ」の予定でしたが変更になりました。
 楽しみにしてくださっていた方ごめんなさい。
 「から騒ぎ」もいつか上演したいと思っています。(関根信一)

■日程
2018年12月29日(土)- 30日(日)

■会場
新宿 シアター・ミラクル

■原作
ウィリアム・シェイクスピア

■作・演出
関根信一

■出演
宇原智茂、エスムラルダ、尾崎太郎、オバマ、岸本啓孝、木村佐都、さいとうまこと、
冴瑪悠、坂本穏光、宍泥美、シュウ、関根信一、永山雄樹、芳賀隆宏、水月アキラ、
モイラ、和田好美

*第二部の出演者等、詳細の発表は随時、このメルマガでお知らせします。

----------
【02】石関 準 出演 雪乃音流「曳舟会」

石関 準が「雪乃音左京(ゆきのねさきょう)」名義で雪乃音流「曳舟会」に出演し
ます。

☆雪乃音流「曳舟会」

■日時
2018年9月22日(土)
12:00開場 15:30終演(予定)
※入場無料

■会場
曳舟文化センター
京成押上線・京成曳舟駅1分、東武伊勢崎線・曳舟駅3分
墨田区京島一丁目38番11号
TEL:03-3616-5253

■ご予約・お問い合せ
stage@flyingstage.com(劇団フライングステージ)

*春謡流Facebookページ
https://www.facebook.com/shunyouryu/

*石関 準からのメッセージです。
***
9月長月の吉例「雪乃音流舞踊会」の季節です。今年も、品良く楽しく美し
くのフレーズにふさわしい踊りをお目に掛けます。私、左京は9月の季節に
ピッタリのおわら風の盆をモチーフにした「おわら慕情」を独り立ちで、も
う一曲は宗家の胸をお借りして相舞踊「恋衣」を踊ります。
歌謡曲・演歌・ポップスの垣根を取っ払い様々な曲でお楽しみ頂きますが、
今年もあります「中島みゆきコーナー」。今回は趣向を変えまして、女方、
女流さん、立役さんと混合チームでお届けまします。私、左京は袖から見守
るチームで参加はありませんが、代表曲5曲をメドレー形式で。秋の涼風が
立つ曳舟文化センターに是非ご来場下さい、最終最後はもちろんお見送りに
参上致します。

----------
【03】関根信一・演出 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」

名古屋を拠点に、子どもから若者を中心にした大人まで、さまざまな年齢層に向
けて多様なお芝居を演じている「劇団うりんこ」。
2017年夏、関根が演出をした名古屋での公演が皆様のご好評をいただき、新年・
2019年1月からの再演が決定しました。東京公演もあります!

☆劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
http://www.urinko.jp/schedule.html

大人のぼくへ 夢は叶ってますか?

保育園に務める30歳の健人は、男性保育士に対する保護者の偏見に落ち込み、
ゲイである秘密を打ち明けられず引きこもってしまった。ある日、鏡を見ている
と、1人の少女が現れて、言った。『世界を救って欲しい』少女に導かれて1997年
の教室へ。そこで10歳の自分と出会い……

***
児童演劇としてはおそらくはじめてのセクシュアルマイノリティを題材につくり
あげた作品です。
劇中には僕にとってとてもなつかしい場面も登場します。
ぜひぜひご来場ください。(関根信一)

■作・演出
関根信一

■出演
下出祐子、村井美奈、にいみひでお、宮腰裕貴、鷲見裕美、山内まどか、栗本彩

■スタッフ
美術:岡本保(演劇組織 KIMYO/かすがい創造庫) 
照明:四方あさお 衣裳:さくま晶子
音楽・音響:内田アダチ
宣伝美術:イラスト/伊藤ちずる、デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿、
   写真/清水ジロー

■日程/会場
2019年1月19日‐2月3日(予定)

・豊明市
日時:1月19日(土)13:00 
会場:豊明市文化会館
お問合せ:豊明市 市民協働課 TEL.0562-92-8306

・名古屋
日時:1月20日(日)13:30 
会場:うりんこ劇場
料金:前売 2,400円 当日 2,900円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

・東京
日時: 
1月24日(木)15:00 / 19:00 
1月25日(金)15:00
1月26日(土)11:00 / 15:00
1月27日(日)11:00 / 15:00
会場:こまばアゴラ劇場
チケット:
一般 前売 2,500円 当日 3,000円
U25 前売 2,000円 当日 2,500円
お問合せ:劇団うりんこ TEL.052-772-1882

・四日市
日時:2月3日(日)(予定) 
会場:勤労者市民文化センター
お問合せ:NPO法人体験ひろば☆こどもスペース四日市 TEL.0593-21-0883

■お申込み
・劇団うりんこ TEL.052-772-1882  
・ローソンチケット ※チケットは9月1日(土)から販売中
うりんこ劇場  …Lコード42379(TEL.0570-084-004)
こまばアゴラ劇場…Lコード32212(TEL.0570-084-003)

----------
【04】劇団員の近況などなど
***
・関根信一
台風、地震の被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます。
先月半ばから、劇団風の子「ペコと魔法の樹」(作:鴛渕貴士)の稽古中です。
http://www.kazenoko.co.jp/playwork/peko.html (舞台稽古の写真があります。)
平日は八王子にある風の子さんのアトリエ、休日は近くの小学校の体育館をお借
りしての稽古です。
夏の体育館の暑さにおどろき、こんなに汗をかくのはひさしぶりだと思っていた
8月から、すっかり涼しくなった9月まで、稽古は順調に進んでいます。
季節のうつりかわりをこんなに身近に感じた夏から秋は初めてかもしれません。
来週の18日が近くの小学校での試演会、19日が初日。それから学校公演が始まり
ます。
今のところ、学校での上演が主で一般公開の予定はありませんが、もしご覧いた
だける機会ができたら、ご案内させていただきますね。
今月からメルマガのレイアウトが変わりました。
HTMLメールでもズレが少ない記号を使用するようにしました。
これからもよろしくお願いいたします。
***
・石関 準
この夏は相次いで芝居の公演、日舞の公演があり、夏バテする暇も無しかと思って
いましたら、今頃来ました。終演後に気が緩んだのでしょうか。相次ぐ天災にメ
ンタルもふさぎがちですが、一日も早い復興を願っています。
***
・水月アキラ
先日の台風、地震で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
何度となく訪れた場所の被害を受けた姿を映像で見る度に胸が痛み、言葉も見つ
かりません。
1日も早い復興と、穏やかな日々が早く訪れることを心から願っています 。
***
・岸本啓孝
北海道の地震。本当に驚きました。被害にあわれたみなさまに、心からお見舞い
申し上げます。
数年前までは毎年この時期、札幌のパレードに合わせて上演していたフライング
ステージ札幌公演の準備をしていました。札幌で出逢ったみなさんが、きっと大
変かとは思うのですが、それでもなんとか、無事でおられることを祈るばかりで
す。
『伊勢物語』の「月やあらぬ」は春の歌ですが、秋の澄んだ空に見え隠れする月
をながめると、これまで出逢った人たちは今どうしているのだろうか、わが身ひ
とつはもとの身にして、などと、思いをめぐらせてしまいます。
地震や台風、豪雨、記録的な猛暑。いきすぎた人の営みに、地球も感情の行き場
をなくしてしまったのでしょうか。夏の疲れが出てくるころです。身も心も、ど
うかすこやかにおすごしくださいね。メルマガのレイアウトは変わっても、僕は
変わらず、元気でやっています。では、また来月!

----------
【配信停止をご希望の方】
お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
----------
【不明な点・お問い合わせは】
stage@flyingstage.com
あてにメールを送ってください。ご感想も歓迎しています。
----------
【「FS通信」バックナンバー】
次のURLからご覧いただけます。
>> https://blog.goo.ne.jp/flyingstage_melma <<
----------
記事の無断転載はご遠慮下さい。
Flyigstage Theatre Company All rights reserved.
発行 劇団フライングステージ
(関根信一 / 石関 準 / 水月アキラ / 岸本啓孝)
記事に関するお問い合わせ stage@flyingstage.com
http://www.flyingstage.com/ 
公式Twitter @flyingstage
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目6-7 B3ビル601