ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1万7千リットルものシャンプーの原液が宇治川に流出!生態系に影響がないはずがない!水を汚すな!

2015-03-30 | 被爆者、被害者、市民の声

工場から流出したシャンプーの原液の影響で発生した泡が流れ込む宇治川=28日午前(京都市上下水道局提供)


 

工場から流出したシャンプーの原液が流れ込んて泡だらけになった下水処理場=28日午前(京都市上下水道局提供)

 

シャンプー流出、下水処理場が一面の泡に 工場の配管破損 京都

http://www.sankei.com/west/news/150328/wst1503280073-n1.html

産経新聞 2015.3.28 23:32

京都市は28日、同市伏見区の化学工場からシャンプーの原液が漏れ、近くにある下水処理場で大量の泡が発生したと発表した。泡は下水処理場から宇治川へ流出したが、有害物質は含まれておらず環境に影響はなかったという。

 上下水道局によると、27日午後10時15分ごろ、化学工場内の配管が破損してシャンプーの原液約1万7千リットルが下水道へ流出。約1時間半後に修復した。この影響で28日未明ごろから下水処理場で泡が発生し、宇治川へも流出した

 下水処理場では、宇治川への放流口にオイルマットを設置。今後、詳しい水質検査を行う。


 

下水処理場からの排水に発生した泡(28日午後、京都市伏見区の宇治川で)=京都市提供

シャンプー原液1万7千リットル流出、排水に泡

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150329-OYT1T50042.html?from=tw 

読売新聞 2015年03月29日 14時19分

京都市上下水道局は28日、伏見区の化学薬品製造会社「新日本理化」京都工場で配管が破損し、シャンプーの原液約1万7000リットルが下水道に流出したと発表した。

 住民への健康被害は確認されていないという。

 発表では、27日午後11時45分頃、社員が配管の破損に気づき、約3時間後、市に通報した。原液は工場から下水道へ流れ出たが、下水処理場で浄化処理された。処理場で水質検査を行ったところ、有害物質などは確認されなかったという。

 28日午前、処理場から宇治川への排水に泡が出ているのが確認されたため、同局は泡が流れ出ないようにオイルマットを張った。

 

 

工場からシャンプー流出、大量の泡 京都・伏見の宇治川

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150328000139

京都新聞  2015年03月28日 21時12分

28日午前3時ごろ、京都市伏見区葭島矢倉町の新日本理化京都工場からシャンプーの原液約1万7千リットルが下水道に流入したと同工場が市に通報した。市伏見水環境保全センターの処理能力を超え、宇治川への放流水に大量の泡が発生した。市によると、工場の配管破損が原因とみられ、オイルフェンスを設置して流出を抑えた。毒性はないという。


京都宇川のシャンプー原液流出について、三社が報じていますが、地元紙の京都新聞は、なぜか写真を載せておらず、一応報じたといった程度です。

なにか事故が起きると、地元紙は「たいしたことない」という報じ方しかしないというのは、福島原発事故でも明らかですが、このような直接水源を汚染するような事案でも、企業の責任を追求するメディアがいないということに心底絶望します。

産経新聞は企業名を明らかにしていませんが、「宇治川に流出した」と書いています。つまり水源に入ったということです。

原因企業は   伏見区の化学薬品製造会社「新日本理化」京都工場

流出したもの  シャンプーの原液 17000リットル


シャンプーの原液は生物学的毒性を持つ合成界面活性剤。

 

 

両性界面活性剤 http://www.live-science.com/bekkan/intro/shurui.html

 

水に溶けたとき、アルカリ性領域では陰イオン界面活性剤の性質を、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示す界面活性剤です。洗浄性や起泡性を高める補助剤として広く使用されています。

 


HPを見ると配管だらけの工場。☟ 配管が破損したらアウト。

 

 

宇治川⇒淀川⇒枚方の水道取水口⇒大阪の水道 となり、大阪府民の口に入るということです。

報道記事では「毒性はない」とか「健康被害はない」とか、住民に不安を与えないように必死ですが、生態系に影響が有ることは明らかです。魚やその他の水生生物が死んでないかどうか調べたのでしょうか。


環境汚染 合成洗剤

恐怖の実態 合成界面活性剤 人体への悪影響!

合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験


脱原発市民の中に、放射性物質だけを危険視して、その他のことは気にしない人がいます。もちろん、放射性物質がその他の毒性物質より桁違いに毒性が高いことは確かですが、環境問題を考えるとき

放射性物質「よりまし」だから、合成洗剤に目をつぶれというのはまことにご都合な考え方で、「目に見えるだけまし」とか「放射能汚染水よりまし」などといったおかしな論調が必ず出てきます。

命と環境を守るという点から、「水を汚染するものはどっちも悪い」という判断がどうしてできないのか理解に苦しみます。

このような環境汚染の原因を作った企業の責任を追及しなければいけないと思います。

「自分も合成シャンプー使いたいから黙っとこう」というずるい市民の感覚が、こういう環境汚染を許すことにつながるのです。

市民にできることは合成洗剤、合成シャンプーの不買です。CMに乗せられて買わないということが大切です。

「持続可能ではない」商品を作るメーカーは淘汰されなければならないと私は考えます。


以下自治体の対応☟ (HPに写真なし)


京都市上下水道局  http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000180630.html

【緊急情報】伏見水環境保全センターにおける放流水からの泡の発生及びその対応について

伏見区内の化学工場において,配管が破損し,液剤が下水道に流入したことに伴い,伏見水環境保全センターからの放流水に泡が発生し,これに対する処置を行いましたので,お知らせします。

1 判明日時

  平成27年3月28日土曜日 午前3時頃  (工場からの通報により判明) 

2 発生状況

  伏見区内の化学工場(京都市伏見区葭島矢倉町)内の配管が破損し,液剤(シャンプーの原液)17,000リットルが下水道へ流入したことに伴い,伏見水環境保全センターからの放流水に泡が発生した。

3 対応

  伏見水環境保全センターから宇治川への放流口に防護用のオイルマットを設置し,泡の流出を抑える処置を行った。

4 その他

  上下水道局において,放流水の簡易水質検査の結果,有害物質や重金属等の流出はなく,水処理にも影響がないことを確認した。今後,詳細な水質検査を実施するとともに,引き続き監視を継続する。

  なお,液剤の流出防止の処置が完了し,当該工場から流出していないことを確認している。

お問い合わせ先

京都市 上下水道局下水道部施設課

電話:075-672-7832

ファックス:075-682-2715


 

最後に市川定夫先生の『新・環境学Ⅲ 現代の科学技術批判』 p73より

 

洗剤メーカー、家電メーカー、スーパーなどの小売店のいずれもが、環境よりも常に営利を重視しているのである。

民放やマスメディもまた、環境問題を大きく報道しながら、その一方で、広告収入をより重視していることが多い。

私がある民放の環境問題をテーマにした番組に出演したとき、

ディレクターから「合成洗剤だけは触れないで欲しい」と言われたことがある。

その番組のスポンサーが大手洗剤メーカーであったからである。

このように、合成洗剤がいぜんとして洗剤の主流を占め、環境破壊を続けている背景、いやその根強い源には、

環境よりも営利を優先する現代社会の経済優先主義がいまなお存在し続けているからである。

それがなお続く限り、合成洗剤問題もとうてい解決しないのである。

 



 水を汚したら終わりということがわかる図

 

合成界面活性剤とは

合成界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせる乳化作用のある成分のことをいいます。

この性質を利用して、油を含む汚れを落とすという目的の製品に多く含まれています。シャンプー、ボディシャンプー、リンス、トリートメント、整髪料、シェービングクリーム、洗顔用品、洗剤、殺虫剤など本当に様々な日用品に使用されています。

汚れを落としやすくするという面ではとても効果的なものなのですが、肌に対しては多くの問題をかかえています。

合成界面活性剤は経皮毒とも深い関係があります。

合成界面活性剤は、皮膚のバリア機能を持つ皮膜の機能を弱めてしまいます。バリア機能が弱まった肌には経皮毒性の性質を持つような有害な化学物質が皮膚を通して入りやすくしてしまいます。

また合成界面活性剤と溶解剤をあわせて使用すると皮膚の角質層が溶かされてしまいます。こういう悪循環によって、さらに経皮毒の影響を大きく受けることになってしまうのです。

最近ではこういった合成界面活性剤を使用していないことをうたっている無添加製品も増えていますので、気になる方はそういったものを利用するのもよいでしょう。
 
 

経皮吸収率の違い

陰部42に驚く(☉_☉) 

足の裏(0.14) 足首(0.42) 腕外側(0.83) 背中(1.7) 頭皮(3.5) わき(3.6) 額(6.5) ほほ(13) 陰部(42)

立ってシャワー浴びながら合成シャンプーしたら全身から吸収してしまうということ。

※補足

界面活性剤は、乳化作用のあるものは全てです。「合成」がつくと化学合成で、石けんも界面活性剤です。


コメント   この記事についてブログを書く
« 太陽光パネルのバックシート... | トップ | 焦点がずれているメディアの... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

被爆者、被害者、市民の声」カテゴリの最新記事