ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

【大気汚染】関東のレベルは桁違い!PM2.5は3桁+セシウム花粉+黄砂+煙霧 土埃に注意!  

2013-03-10 | PM2.5

 

最近、ツイッターなどで、西日本はPM2.5が中国から来て大変だねと、関東の人が言ってるのを見かけます。そして、西日本に住んでる人でも「こっちだって空気汚れてるから東京の方がまだいいんじゃない?」と、これまた間違った認識になってます。

テレビでそんなこと言ってたのかどうか何かわかりませんが、すべての予報をネットでちゃんと見てないんでしょうか?中国からだけでなく日本国内でもPM2.5は出てますし、仮に中国から来ていても関東の方まで流れていってます。黄砂だって十分関東まで流れて飛んでいってます。西日本だけにPM2.5が飛んでるわけではありません。

従ってはっきり言うと、福島事故で初期プルームにより放射性降下物が桁違いに多く土壌汚染された関東地域はそれだけ、舞い上がりの空中浮遊物が追加されている分リスクが大きいと思います。しかも、関東の方が花粉の量が多い!複合汚染に、すべての核種の放射性物質の追加リスクです。

本日の東京都のPM2.5を調べてみて愕然としました。誰も突っ込まないのでしょうか?3桁が出てるのになぜ行政が「注意喚起」していないのでしょうか?しかも、色分け区分の右端 715μg/㎥って?過去にあったのでしょうか。こんな数値を右端にしたら大概の数値は同じような色になっちゃいますよね。山口県なら85超えたら注意喚起が出ます。東京都はどう考えても警戒が足りないと思います。震災がれきを燃やしている焼却工場からの燃焼系のPM2.5に目をつぶっている自治体なので期待はできませんが。

http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html  環境省HP

http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info/attach/rep_20130227-main.pdf 最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/bunpu1/p101.cgi?pm25==1362908318=======1=   東京都 PM2.5

 

 

 2013年3月10日14時(JST) 時報測定値

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/map_information/taikipm2.5.html

お得意の1日平均の数字で比べて中国ほど悪くない、という発表。瞬間最大291も記録したら、「注意喚起」しなければいけないはずです。東京は人口密度も地方と違うんですから。びっくりしました。(゜д゜lll)


続いて 東京都の花粉情報 真っ赤!((((;゜Д゜))))

 http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=KafunMapYohoNew より

 

西日本より関東の方が花粉の飛散量が多いです。しかもこの花粉はセシウム花粉です。

林野庁のHPをみんなが見なければなりません。福島県の花粉は1kgあたり、最高で25万3000ベクレル

 http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hozen/pdf/120208-01.pdf  より

福島の花粉も2~300kmは飛ぶでしょうから首都圏の人はN95マスクは絶対です。吸気被爆が危険なのはこのブログでもずっと言ってきたので省きます。こんな試算は意味ないと思います。実効線量をこねくり回して計算して問題ないと出ても、自分に重篤な症状が出たらなんの意味もないということがわからないのかと思います。

 

 これだけ見ても関東の花粉の危険がわかります。北は岩手県、西は神奈川県までは、スギ花粉が十分汚染されています。

林野庁の「放射能汚染杉花粉データ」について  森 敏 (東京大学 名誉教授)


 

結局、大気汚染レベルで言うと、もはや「ナウシカの世界」になったんだなと思っています。

東京「煙霧」観測、突風で砂やほこりが巻き上がり視界不良、舞い上がった放射性物質にも注意が必要(3/10 NHK)

今日、ジャーナリストの木下黄太さんが関東の危険をツイッターとブログで知らせてくださっていました。重要なので転載します。

国や自治体やマスコミがはっきりしない中、「吸うな」という人の声に耳を傾けられるかどうかで、人生の長さが決まってくると思います。

【セシウム注意】東京都内で寒冷前線等の影響で煙霧状態。表土の土埃が大量に舞って霞んだ。吸うな。 

ツイッターより抜粋

東京の花粉は、確認するまでもなく、セシウム花粉です。

【セシウム注意】寒冷前線の影響で、土埃が巻き上がって都内はかすんでいる状態。とすると、その土埃はセシウムが付着している状態です。最低限土埃を防げるマスクは外で着用してください。黄砂より、さらに危険です。 

【煙霧対処法】帰宅後に、かならず外着で身につけたものを、玄関で脱ぐ。洗濯へ。即座に風呂に行き、シャワーで髪を洗い流す。粒子の付着を減らす。 

【煙霧対策】うがいを室内で何回かは行う。外との出入りがあるたびに、できれば、うがいする。

【煙霧対処方法】きょうの煙霧は眼がやられる人が多いと思います。眼を洗うことは必須。洗い流す感覚で、目薬的なものも必要かも。

【要注意!煙霧で目の充血!】今起きている煙霧は土埃。セシウム等の核種が舞い上がって粒子状に大気にある。吸気はまず危険だが、マスクで一定防げる。防げないのが、眼。目の充血報告が多い。放置しない。目薬的なもので洗い流す。あすもおかしかったら、必ず眼科へ。放射性物質は眼に影響大きい。 

屋外はきょうは子供は無理。


黄砂については、座間宮さんのブログをどうぞご覧下さい

⇒大黄砂発生の瞬間【画像】8日に日本へ 核実験場ロプノールの位置関係

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65846069.html 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭が痛い!目・のども痒い!N... | トップ | 【拡散】福島からの避難者の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PM2.5」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事