ラジオ少年の楽しい電子工作、その他

AVRを使った簡単な回路の実験、そして日々のちょっとした出来事を書きます。

ムービング マグネット スピーカ製作(2)

2016年10月16日 | 日記

エッジをゴムで作りましたが、固くてコーンが殆ど動けない状態でした。少しでも改良が出来ればと思い和紙(適当なものです)を手で揉み柔らかくしてエッジに使いました。

動きは前より良くなった感じがするのですが、音質は今一です。有り合わせの材料ででっち上げましたので機械的に振動してしまう様で、この辺はもっとしっかりした木材を使い振動をなくす必要が有りそうです。

それと、ネオジム磁石の大きさ、数、コイルの巻き数、位置を再検討しないと駄目です。

歪っぽい音、感度が悪い、これを何とか出来ればいいのですが、、、

裏面です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムービング マグネット ス... | トップ | ムービング マグネット ス... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スピーカーの修理 (kuman)
2016-10-17 02:52:17
こんな記事があります。
http://www.geocities.jp/ybbtom_ono/page014.html

おせっかいかな。

Re.スピーカーの修理 (ラジオ少年)
2016-10-17 07:39:01
kumanさん、お早うございます。

どうもURLのご紹介有難うございます。
私も色々調べてみましたが、ほぼ共通の方法が使われているようです。

私の場合は、其れよりも前に磁気回路を再検討しないとならない様です。
と云うのは、兎に角、効率が悪く入れるパワーの割には大きな音がでてくれません。直径13mmのネオジム磁石1個では
磁力が足りないようです。
三土会 (matuoka)
2018-05-14 21:20:17
手作りアンプの会で第三土曜日に秋葉原に集まる三土会という会合が在ります。
その会で、私は何度かムービングマグネットスピーカーを出展した経験があります。

私も最初は蚊の泣くような音しか出なかったのですが、
今では苦情が来るくらいの大音量が出せるようになりました(笑)
試行錯誤して大音量を出せる段階に為ると、
俄然面白く成ってきますょ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事