Fluoriteの手作りプリザーブドフラワー

記念のお花・大切なお花、日常のお花。
プリザーブドフラワー加工してみませんか
生花をプリザーブド加工しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お庭に咲くバラをプリザーブドフラワーに!

2014-05-23 10:28:52 | 日記

今年もバラのシーズンがやって来ました。

ご自宅でバラを育てていらっしゃる方は最も幸せなバラタイムをお過ごしでしょう。

私の実家も母がバラを育てています。

お庭に入るとバラの香りに包まれて何とも言えない幸せな時間に浸ります。

 

お庭に遊びに来て下さるお客様に混ざり、バラの花を収穫します。

 

 

「バラの花」と一口に言ってもとてもたくさんの品種があって、色も形も香りも様々。

 

 

プリザ加工にするのなら。。。 

 

という視点で加工向きのバラ・不向きのバラ もちろんあります。

やはり花弁の薄く柔らかいものは加工の難易度が高いですね 

同じ品種のでも開花ステージによって仕上がりにぐっと差が出てきます。

 

 

とはいえこの時期、新鮮でパワーのあるお花は、水揚げ中にも開花が進みます。

 

 

 

しっかり水揚げして、鮮度が落ちないうちに加工開始です。

 

 

実家で以前はラッキョをつけていた5リットルビンまで総動員です。

お花の色とサイズで大まかに分けて加工します。

もちろん花弁の薄さや枚数なんかもグループ分けの基準になります。

1剤式(ラクラク)で加工の場合は細かことは気にせずドボンしちゃいますが。。。

 

品種により抜けきらない色素もありますが、着色工程でリカバリーします。

(美白工程もありますが、個人的にはあまり行いません。)

 

現在じっくり着色工程中。

 

そして第2弾 生花で持ち帰ったバラも

 

 

 

開花が進みすぎた2輪を覗いて加工中です。

 

仕上がりはまた後日!!!

 

今年は少しのんびり目に「母の日」を過ごしましたが、その反動で

承っているオーダー品が若干お待たせ気味になって来てしまいました。。。

 

参加予定のイベントも迫ってきました。

 

ではでは、張り切って制作に追われてまいります。

 

 

 

 

 

 

コメント