Fluoriteの手作りプリザーブドフラワー

記念のお花・大切なお花、日常のお花。
プリザーブドフラワー加工してみませんか
生花をプリザーブド加工しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新シリーズ「Pre Plants」

2016-04-10 15:06:16 | 日記

 

季節が変わり、日が長くなると新しくなにかはじめたくなりますよね。

 

 

この春の新シリーズ


 





『Pre Plants』



いつものどうしようもない集合画像→いきなり完成品からどうぞ。。。











 

 




ちょっとガラスなんかとコラボしたり



作品イメージってこんなかしら?



 

 


多肉やエアプランツといったグリーンがオサレインテリアに欠かすことが出来なくなった昨今。


雑貨屋さんなんかでも多く見かけますよね。


専門のインテリア雑誌までありますよね。




私も大好きです。


多肉も「お肉様」とあがめつつベランダ菜園を廃止し多肉プラントにしております。


独特のフォルムが何ともいえず、


さらに、グリーン作家さんの手にかかればたちまちハートズキュンと打ちぬくオサレインテリア!



仲良くして頂いているグリーン作家さんと話題になるのは、


エアプランツに対する誤解(間違った情報)


よく耳にするのが


「お水やりしなくていいんですよね!」と


んなわけない。


エアプランツだって植物だ。


おそらく原生地では雨や空気から水分を効率よく吸収しているって事を


水やりが不要って間違った解釈に変換されたらしい。


日本の風土や屋内栽培なら話は別なんだよ~って。




「すぐ枯らしてしまう・・・。」って。


ま私も似たような経験があります。





んじゃ 枯れないように加工しちゃえばいいじゃないかい!





と 早速 エアプランツを数種類入手。


各個別の品種名とかは、詳しくないので勘弁してくださいね。





実験兼ねて、グリーンも数種類準備しました。



 



 



グリーンが思った以上に入ってしまった気もするけど。。。





 

 



左から グリーン ・ 若草(自己調合) ・ クリア(抜けきらなかった色素の色)




クリアを作成したのは、どのぐらい色素が残るのかの調査の為。



色のバリエとしては不合格なので再着色へ



クリア以外は乾燥工程へ。








乾燥工程が進むと もともとの植物のモケモケ?うぶうぶ?っとした感じが再現。



 



生プランツに比べると、リアルな部分も残しつつ、いい具合にチープにおもちゃっぽく仕上がって。


実験第1弾は成功となりました。



これからアレンジを考えて 月末参加のイベントからデビュー出来たらいいな。。。



もともとの素材の入手が運任せの為、プリプランツを使ったオーダー・予約は対象外とさせていただきます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« クリスマスローズをプリザ加工 | トップ | ハナミズキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事