単なる思いつき

適当に手抜きな感じでやってます

√X

2011年01月15日 16時29分53秒 | Weblog
コレ読み終えました。
前作の流れで語り部が違うのかと思いきや元に戻ってました。
中盤までどんな風に話が終わるのか心配になりましたが最後は、ちゃんと落ち着く場所に落ち着いてました。
内容的には、ここ10年くらいで観た映画の要素がいろいろとミックスされた印象でしたが方向性がしっかりしていたので全然違った新しい物になっていました。
しかし、物語シリーズは、巻数が増えるにつれて会話シーンに特殊な嗜好への主張が強くなってますね。
ストーリーやキャラクターがとても魅力的なので阿良々木くんには、もう少しだけ初期方向への軽い軌道修正があるといいなぁ~なんて思ってしまいます。
次の「花物語」は、3月発売予定ですね。
それまで他の本を読みつつのんびり待とうと思います。

「月に囚われた男」を観ました。
パッケージ裏のあらすじで謎系っぽい印象を持ったのでチョイスしてみました。
そして、観た感想ですが想像していた以上に良い作品だと思いました。
月という限られた範囲の中でいろんな疑問が浮かんで解決していく流れです。
機械であるガーティも含めた登場人物の人間関係や感情の変化も独特で面白いです。
とても静かな作品なのですがだからといって退屈する訳じゃなく、それの静けさが逆に良い意味で別世界に引き込むような感覚があり、最後まで集中して観れました。
個人的には、結構オススメしたい作品です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 気晴らし | トップ | 現段階 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事