JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7、瑠奈チャン

2011-03-23 16:49:59 | 皆様へ

寝泊まりをした体育館で
たった三日間でかわいいお友達が出来ました。
血圧測定や点滴に走り回る私のあとを小走りについてくる

人懐っこい6歳のかわいい女の子、瑠奈チャン。


マスクが大嫌いな子だったので
マスクに全然似てないキティちゃんを書いてあげたら気に入ってくれたのがきっかけだったのかな。



夜の体育館は本当に寒いので頼るのは薄い毛布と人肌。


私の医療チームは男ばっかりだから人肌に頼ることも出来ず毎日入り口付近ですきま風と戦っていました。

電気が復旧していなかった広い体育館は例えるなら洞窟みたいでした。
ストーブも消され冷えきった真っ暗な空間。
頻繁な余震。




1人だったらどんなに怖くて心細いか。
たくさんの避難されているかたが集まっているからこんな暗闇でも朝を待つ気力に変えられるのだろうと心底思いました。


真っ暗な夜中の体育館の
寝息の中に
もちろんすすり泣きの声も聞こえています。



不安なのかな、
家族や友達と会えていないのかな、
考え出すときりがないし
私は1週間程度だけど
ここにいるみんなはこれがいつまで続くんだろうと思うと暗闇の体育館は洞窟どころか
出口の見えないトンネルのようにも思えました。




寒くて眠れないけど、そろそろ寝ないと不眠不休で倒れてしまいそう
ここで倒れて足手まといになったら来た意味がないと寝返りをうっていたら
瑠奈チャンが「お姉ちゃん!」とどこからか毛布を持ってやってきてぴったり横にくっついてきました。


「瑠奈チャンも眠れないの?」と聞いたら元気よく頷いていたので
抱き寄せるとめちゃめちゃあったかい瑠奈チャン。



「お姉ちゃん、好きな人いる?」と瑠奈チャンに聞かれたので
「いるよ!」と言ったら

「どんな人?」って(´`)


「おヒゲがはえてる人だよ(笑)」と分かりやすいように教えてあげたら

「サンタさん??」と。


かわいいなぁと思いながら「そうだね、サンタさんみたいな人だね」と頭をなでなでしながら話すと


「また冬になったらサンタさん来てくれるかな?」とニコニコした笑顔。


やっと笑顔が見れて嬉しくなって「瑠奈チャンいい子だからまたサンタさん来てくれるよ!」と言ってしまった私。


でも「瑠奈チャンね、おうちなくなっちゃったけどサンタさん、瑠奈チャンちがないからプレゼント持って帰ってしまわないように
お姉ちゃんから言っておいて」と言われて、
ごめんねって思いながらぎゅっと抱き締めてしまいました・・・



「瑠奈チャン、なにが欲しい?」の私の質問に

「おうちとママ」



いつも一緒にいるのが母親かと思っていたけど
次の日、それは叔母さんということが分かりました。



瑠奈チャンのお母さんも被災され、あんなにかわいい瑠奈チャンを残して瓦礫の下から変わり果てた姿で見つかったそうです。
瑠奈チャンは幼稚園にいて救出されたけど
お母さんは瑠奈チャンが大事にしていたお人形や絵本の入ったリュックを抱えて亡くなっていたそうです。




まだまだ小さな瑠奈チャンはお母さんが恋しくていつも私にくっついて寝ていたのかな。



別の避難所と救護所に移動のためにいつも寝ていた体育館を去るとき
瑠奈チャンが私と別れることに対して声をあげて泣いていました。



お母さんと悲しい別れをしたばかりなのに、傷は癒えてないのに、また
別の形だけど人と別れる悲しみを味わせてしまった・・・



また会おうって言っても
お手紙を書きたくてももう瑠奈チャンには住所がない



でも、きっとまた復興したら必ず会いに行く約束をして体育館を離れました。


この震災を忘れずに
強くて優しい女性になってほしい。
どうかこれから進む道が明るくて幸せであるように。



リーダーナースとの泣かない約束はあっけなく破られ手を振る瑠奈チャンを見ながら、車の中でずっと泣いていました。



なんでこんなことになったんだろうと悔しさをどこにぶつけていいか分からず
次の支援施設、救急病院へ向かいました。



みんなに笑顔と元気を届けに来たのに、瑠奈チャンを泣かせてしまって。



私のここにいる意味は何だろうとも思っていました。

ジャンル:
モブログ
コメント (133)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8、仮設住宅 | トップ | 6、ライフラインと絆 »

133 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (natsu)
2011-03-23 23:37:56
悲しい、辛い…

上見ながら読み続けたけど、ダメだったよ。
瑠奈ちゃんを泣かせてしまって落ち込んでしまったようだけど、そんな風に思わないで。
瑠奈ちゃんは癒されていたよ。
2人の出会いは、ちゃんと意味があるよ!
切なくて (pipopipo)
2011-03-27 18:17:55
切なくて、切なくて涙が止まりません。
同じ歳の娘がいますので、瑠奈チャンの様子が手に取るように分かりました。
看護師さんに会えたことは瑠奈チャンにとって、必ずプラスになったはずです。
ステキな人に成長してくれることを祈ります…
Unknown (Unknown)
2011-03-27 23:54:07
リーダーナースに泣くなと言われても
人の痛みがわかる人は、泣きますよ。

私も看護師ですが、二人の子供の親として
子供の為に何も出来ず、死んでしまった母親と
残された子供の事を思えば、男の私でも涙がでますよ。

ありがとう (佐々木)
2011-03-27 23:57:59
このブログに出会えた事で、今自分が生きてられる事の意味考えなおしました。

日本の復興の為に、生かされた自分がやれる事をやる事で貢献します!

ありがとうございました。
頑張ってねo(^-^)o (kei)
2011-03-28 00:03:11
(T_T)
負けないで… (みーさん)
2011-03-28 00:14:17
瑠奈チャンは、きっとあなたの事をこの先もずっと忘れないと思います(:_;)
そして、いつか必ず再会できます!!信じましょう…心から☆=

一日でも早い東日本の普及と、あなたのこれからの頑張りを心より願っています。
お疲れ様でした (ミホ)
2011-03-28 01:19:41
facebookで紹介されて拝見しました。
私も、4歳の子供がいます。瑠奈ちゃんのお母さんの無念、思うと…。
私は沖縄にいますが、ラジオ聞いてドリカムの歌が流れて、車の運転しながら涙がポロポロ落ちるんです。
現場にいた方の苦労と肉体的、精神的疲労は想像ができません。どうか、今はゆっくりと休んで、声をあげて泣いて下さい。
ごめんなさい。 (ともこ)
2011-03-28 02:53:05
涙が止まりません。

被災地の状況をテレビでしか見られない私が、涙する資格なんかないのに…。


1人1人の命にどれだけたくさんの人の思いがつまっているか…


本当にごめんなさい。
でも、その1人1人の大切な命を思うと、あまりにも不条理な出来事に泣くことしかできず…


どうかお一人でも、大切な命がこれ以上奪われないよう、

ただ祈るばかりです。


Unknown (通りすがりの泣き虫)
2011-03-28 03:04:55
twitterからきました。
ほんとうの被災地の現状が手に取るように伝わってきます。
貴重な手記ありがとうございます。

子供が泣くほどお別れを惜しむのは、きっとその方が好きだからです。
ブログ主さんの一生懸命さ、やさしさが瑠奈ちゃんに伝わったんだと思います。

よく「泣くな」と言いますが、泣いてもいいと思います。
相手が泣いてくれることで、言葉ではない大切なものが伝わることもあります。
Unknown (こざる)
2011-03-28 03:46:58
泣かないように言われていても、私達は感情があります。瑠奈ちゃんは、別れる時は悲しませてしまったでしょうが、
あなたと心を寄り添うことができた時間は、とても大切な事だったと思います。
別れの涙は流したかもしれませんが、それはまた失うという悲しみの涙ではないと、お姉ちゃんありがとう、また会おうね、の涙だと私は思いたいです。いや、思います。

皆さんの働きに頭が下がります。
ありがとうございます

コメントを投稿

皆様へ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事