JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

5、消えてく命、生まれてくる命

2011-03-23 16:50:42 | 皆様へ

18日


救急患者を受け入れている病院へ。


とにかくここの病院のドクター、ナース、薬剤師、放射線技師、検査技師、栄養士、看護助手・・・
全て震災後から不眠不休。家族や休みだったスタッフの安否さえ分からないまま、
極限の精神状態で仕事をしていたらしいです。



少しでも交代で休んでもらうようにサポートに入ることに。



地域や物品の場所は全く違っても、医療は共通。
そう思いながらも、続々搬送されてくる救急車と
受診を求めて並んでいる1000人以上の患者さんを目の当たりにして正直途方に暮れましたが
目的の「1人でも多くのかたに医療と看護を」のために気持ちを切り替えました。


救急搬送のほうのグループになり
搬送されてくる患者さんも
心筋梗塞や脳梗塞の薬を飲めていないから
再梗塞を起こしていたり
透析患者さんが透析を出来なくてカリウムの数値が上がっていたり心不全を起こしていたり
医療機材が足りていない中、現状は相当厳しかったです。

地震によるケガは免れ生き抜いたのに、地震後に病気で亡くなってしまう方の無念さと
私達医療スタッフの絶望感は文章にはあらわせないです。


東京の病院では手を伸ばせば点滴台、棚をあければ薬品etc
そして当たり前についている電気


自家発電とはいえ、バッテリーと時間との勝負で
手術が必要な患者さんはヘリで他県へ搬送の繰り返し。


採血をすると真っ黒でどろどろした血液がひけて

「お食事したりお水飲めていますか?」と聞くと

「私だけそんな飲み食い出来ないし、おにぎりと朝夕のお茶だけだよ」と力なく答える患者さん達。


点滴も足りなかった・・・


受診する患者さんをどんどん固い床に寝かせ点滴をして
様子を見て
点滴を抜いて止血して
誰が何の点滴をしてどのペースで終わるか把握するだけでも精一杯



そうこうしてるうちに救急車の受け入れ




そういえば今日もあんまり笑顔を見せてないなって時に
妊婦さんが産気づいたとの連絡。



私と同じ年くらいの初産の妊婦さん。


助産師の免許はないから
点滴の確保とベビーキャッチにまわりました。



点滴を入れていると
「重症のかたがたくさんいるこんな時に本当にすみません」と。



「何をおっしゃいますか!!
高田のみんなや全国のみんなが赤ちゃんを待ってますよ!!」と声をかけました。
赤ちゃんは明日への希望です。




元気な赤ちゃんが生まれたときは、薄暗い分娩室が
本当に明るくなったように思います。

お湯も思うように沸かせないからガスコンロであたためた湯を準備したり
支援物資で届いたアンパンマンのバスタオルに包んで。


涙を流してるお母さんが

「もうちょっと早く生まれてきてくれたらおじいちゃんとおばあちゃんに見せられたのに。
とても楽しみにしていたのに。」と言っていました。


でもこんなにスムーズに
元気な赤ちゃんが誕生したことはきっとそばで見守ってくれていたに違いないと思いました。


眉間にシワを寄せてピリピリしていた救急チームも産声に駆けつけ
一気に笑顔の空間に。



これから大変なことがたくさん待ってるけど、
絶対それ以上に嬉しいこと、幸せなこと、楽しいことだって待っています。


この赤ちゃんが大人になる頃は元の高田市に戻って笑顔が溢れる穏やかな街並みになっていることを
その場にいたみんなが願いました。



ラジオからはひっきりなしに聞こえてくるどんどん増えていく死亡者数。


こうやって生まれてくる新しい命。


どちらも尊いものです。
命の重さもみんな同じ。



改めてそう思いました。



明日も笑顔で今日よりいいことを見つけよう。


25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-03-27 12:03:21
拝読し、涙が溢れるばかりです。
節電とお祈りしか出来ない
無力ですが 一生懸命、出来る事を探して努力したいと思います。
お身体気をつけて下さい。
返信する
Unknown (Unknown)
2011-03-27 14:10:47
貴重な御報告を拝読し、
涙が出てここまでしか読むことができませんでした。
本当にお疲れ様です。
そしてありがとうございます。
もうそれ以外に申し上げる言葉も見つかりません。
返信する
お疲れ様です。 (Unknown)
2011-03-27 15:45:07
私もここまでしか読めませんでした。
本当に、本当にお疲れ様です。
今すぐにでも駆けつけたい、でも、できていない自分が情けない気持ちでいっぱいです。東京にいても何かできることを探して、実行しようと思います。被災地の皆様、そして、支援の皆様本当に大変かと思いますがどうぞ頑張っていただきたく存じます。
返信する
Unknown (tom)
2011-03-27 23:24:43
これが現実なんですね。
実際これからの供えは、どうすれば?と考えさせられます。
返信する
Unknown (yamadan)
2011-03-27 23:56:39
はじめまして。
友人にブログを紹介して頂いて読ませて頂きました。
自分は遠く離れた長野県で消防団やってます。
災害の惨状の中でも光があると言う事実。
命の大切さ教えて頂きました。
これから被災地はまた必ず復興すると思います。
我々もそれを願い活動していきます。
本当にお疲れ様でした。
返信する
Unknown (yuki)
2011-03-28 12:46:03
はじめまして。私は医学生ですが、将来医療に携わる者として、この記事を読んでいて本当に胸にくるものがありました。筆者の方を含め、現地で文字通り身を削って活動なさっている医療従事者の方には、本当に頭の下がる思いです。と同時に、自分もその場所にこれから立つのだと、生半可な気持ちでその場所には立てないと、思い切り頭を殴られた感じでした。まだ本当に非力でわずかな協力しか出来ない学生の身分ですが、必死に勉強して筆者の方のように、勇気ある行動ができるような医師になります。心から尊敬します。本当にお疲れ様でした。
返信する
5) Disappearing lives, newborn lives (anonymous translator (English))
2011-03-28 13:28:37
DISCLAIMER FROM THE TRANSLATOR: While I do speak English, I know nothing about medicine. These are rough translations made through tears. Please take all medical details with a grain of salt. This translation has not been proofread and may be revised on a later date.

==================================

March 18

I transferred to a hospital where they are accepting emergency patients.

The doctors, nurses, pharmacists, radiation technicians, laboratory technicians, nutritionists, nurse's aides… Everyone at this hospital has been working with no sleep or rest since the earthquake. They still don't know whether their families and colleagues who had that day off are safe or not, and have been working in this extreme state of mind.

I have gone in as support so that they can at least take turns and rest even just a little bit.


Even if the region and the way objects are arranged are different, medicine is universal. While thinking this, I was honestly overwhelmed by the endless stream of ambulances and more than a thousand patients in line, but I pulled myself together to work toward the goal of bringing medical and nursing care to as many people as possible.


I joined the group handling patients brought in by ambulance. There were patients who were suffering from reinfarction because they haven't been able to take their medicine for myocardial and cerebral infarctions. There were patients whose potassium was too high because they can't get the dialysis that they require. There were patients suffering cardiac arrests. Along with the lack of medical equipment, the situation was very grim.

People who had managed to escape uninjured from the earthquake were passing away from illness afterward. The sorrow of these souls and the hopelessness of us medical staff cannot be put into words.


Back at the hospital in Tokyo, intravenous drips were always within reach, medicine cabinets were fully stocked, so on, so forth. And electricity is always a given.


This hospital has a power generator, but we're always working against the battery and time, and patients requiring surgery were constantly being transferred to other prefectures by helicopter.


When I draw blood, it's black and thick. I ask,
"Have you been able to eat food and drink water?"
"I can't eat or drink so much when no one else is. Just rice balls and a cup of tea in the morning and evening," the patients weakly reply.

There really weren't enough intravenous drips after all…

I was having patients lie down on the hard floor, one after another, giving them intravenous drips, watching their conditions, removing the intravenous drip, stopping the bleeding―it was all I could do to keep a handle on who's having an intravenous of what and when it should be stopped.

And then another ambulance comes in.


Right around when I was thinking that I probably haven't been smiling much today, either, there is news that a pregnant woman is about to give birth.

A woman about my age, giving birth to her first baby.

I'm not a licensed midwife, so I worked on securing intravenous drips and receiving the baby.

As I started the drip, the woman says to me,
"I'm really sorry about this, when so many people are in critical conditions."

"Don't be silly!! Everyone in Takata and the whole country is waiting for your baby!!" I responded. Babies are our hope for tomorrow.

When a healthy baby was born, it really felt like the dim delivery room was suddenly bright. I couldn't heat water properly, so I warmed up some water on a gas stove. I wrapped the baby in an Anpanman towel that had been sent in with the other supplies.

The crying mother said,
"If you were born just a little earlier, I could have shown you to Granpa and Grandma. They were really looking forward to seeing you."

But given how such a healthy baby was born without a single hitch, I felt sure that the grandparents were watching over them.

The emergency team, who were constantly on the edge with their eyebrows furrowed, heard the baby's first cry and came in. The whole room was filled with smiles.


There are still many hardships ahead of us, but there are definitely happy times waiting for us, too.

Every single person in that room wished that the city of Takata will have restored its quiet landscape full of smiles by the time this baby reaches adulthood.


The death toll constantly being announced on the radio, growing and growing. New lives born into the world like this. Both are equally precious. All lives have the same weight.

This experience proved this to me once again.

I will be smiling tomorrow, and find something even better than today.
返信する
命の救護、本当にありがとうございます。 (ぼの子)
2011-03-28 18:42:51
明日も笑顔で今日よりもいいこと見つけよう!

この言葉は一生モノの宝物になりました

現在、血液製剤を供給させて頂く仕事をしていますが
患者さんの人生に関わる仕事なのだと改めて気づかせて頂きました。

本当にお疲れ様です
返信する
Unknown (Unknown)
2011-03-28 20:59:08
私も都内の病院に勤務する看護師(助産師)です。ご報告よませていただきました。現地の状況をこんなにリアルに感じれたのは初めてです。都内で地震に怯えている自分が情けなくなりました。今できること、しっかりやろうと思います。産まれてくる命を支えるしかできませんが…精一杯やろうと思います。ありがとうございました。
返信する
応援しています〓〓 (法名けいかい)
2011-03-29 08:48:07
私の妻も看護師です。私は医療メーカー勤務です。
拝見し、激烈に過酷な現場で精一杯な姿をお伝え戴き、有難う御座います。
実は、鬱からの回復・リハビリ出勤復職中ですが、地元川口に出来た避難所に出来るだけ足を運んでいます。鬱なんか病んでられない、そういった勇気を、拝見して、受け取るコトが出来ました。重ねて感謝します。

きっと想いは一緒です。ともにファイトでいきましょう

(アメブロ「けいかい日記」作者)
返信する

コメントを投稿