花を愛でる

四季折々の花を愛でます、時折、亀吉の様子も

冬に咲く(1)

2022-11-25 | 植物 花

今日は、”冬に咲く” と題して、「パンクシア」を2種挙げてみます、寒さに負けない力強い風貌の花達です。

「バンクシア・インテグリフォリア」と「バンクシア・エリキフォリア」の2種です。

「バンクシア」は、花の色、樹形、樹高等が、多彩、多数で、80種位有る由。

ヤマモガシ科の一つで、茎が直立するもの、這生のもの、葉が細長いもの、丸葉のもの

葉が、細長いもの、大きな幅広のもの、丸葉のもの等々の 違いで多くの種が存在します。

 

<「バンクシア・インテグリフォリア」>

円筒形の花序を出して、薄緑色や白色の花をさかせます,葉は、丸葉で「枇杷」の葉に似ています。

蕾から開花迄、長い期間を要しますので、其の分、長く愉しめる訳です。

花後は、花序が、木化して<松かさ>状になるので、ドライフラワーにも最適です。

ヤマモガシ科、バンクシア属、常緑小高木、オーストラリア原産、学名  Banksia  integrifolia 

英名  Coast  banksia , Coastal banksia 、別名「コースト・バンクシア」




次は、「バンクシア」の一品種「バンクシア・エリキフォリア」 です。

此の花も冬に、照り輝くように咲く寒さに強い花の一つです。

上載の「バンクシア・インテグリフォリア」の葉とは、形が、全く違っています。

別名「ヒース・バンクシア」の通り「ヒース  Heath / エリカ」の葉に似ている故の命名とか

学名  Banksia ericifolia 、英名  Heath banksia




この記事についてブログを書く
« 冬に煌めく | トップ | 冬に咲く(2) »