中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

富山名勝地・映画ロケ地とグルメを楽しむ旅;第2日目(1);いなみ木彫りの里

2018年12月01日 03時27分01秒 | 北海道・東北・北陸

                                        <いなみ木彫りの里>

       富山の名勝地・映画ロケ地とグルメを楽しむ旅;第2日目(1);いなみ木彫りの里
                          (神奈美・阪急交通社)
                     2018年11月18日(日)~19日(月)
前の記事
 ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/8c29023855630863c4c1531afd5e7ae5

第2日目:2018年11月19日(月)  雨時々曇

<ルート地図>


▇第2日目のルート全体図

←クリック拡大

▇いなみ木彫りの里地図

←クリック拡大

 第2日目のルート

 第2日目のルートは以下の通りである.全て専用車に乗車しての移動である.第2日目の移動距離は約165キロメートルである(第1日目と同じ距離).
 
 [見学順路] ※移動は全て専用車

 ロイヤルホテル富山砺波発
  ↓
 いなみ木彫りの里(見学時間20分)
  ↓
 眼目山立山寺(見学時間30分)
  ↓
 金岡邸(薬業資料の家,国登録有形文化財)(見学時間30分)
  ↓
 内山邸(映画タイトルの椿がある邸宅)(見学時間30分)
  ↓
 新湊漁港(昼セリ見学,高志の紅カニ/自由昼食)(見学と食事時間90分)
   ↓
 道の駅細入(マイクロバス乗換))
  ↓
 神通峠・庵谷峠(見学時間20分)
  ↓
 道の駅細入(休憩時間20分)
  ↓
 富山空港
 ==========================================
 富山空港発(ANA322便)
  ↓
 羽田空港着(流れ解散)

<ロイヤルホテル富山砺波の朝>

▇早朝の風景
 同室のメンバーお二人も高齢者なので,寝覚めは結構早い.
 「朝風呂へでも行ってこようか…」
という話になるが,結局,ダラダラしている内に,その気も失せる.
 その内に外が明るくなり始める.
 ”はてさて,今日のお天気は…?”
と思って,カーテンを開けてみる.
 開けて”ビックリ…!”
 山,また,山.家などは一軒も見当たらない.紅葉しはじめた森林が連なっているだけである.
 ”ありゃりゃ~ぁ…っ! 偉い山奥だな”

<ホテルの窓からの眺望>

▇奇妙な階段を降りる
 朝食は7時からと聞いていたので,少々は止めに行こうということで,6時45分に,食堂のある1階へ.エレベータが混み合うと言うことなので,朝食が済んだらそのまま専用車に乗れるように,荷物を持って1階へ.荷物と言っても小さなリュック一つだけだが…
 なるほどエレベーターがなかなか来ない.
 「…すぐ下だから階段を降りましょう…階段は何処かな…」
 丁度そのとき従業員が近くの扉を開けて出てくる.
 「あっ! あそこに階段がありますよ…」
 …ということで,扉を開けて階段を降りる.
 すると,下へ下るにつれて辺りの様子が変になる.やけに薄暗く,辺りに什器類やら棚が沢山積んである.大きな厨房の裏みたいな所に迷い込む.
 「ここは,一体どこだ…」
 たまたま出会った従業員に,ここはどこだと聞く.この従業員の案内で,とある扉を開ける.いきなり明るいところに出る.そこはロビー.華やかな雰囲気で,まるで別世界だ.ふとしたことからホテルの裏側を見てしまった.

▇朝食はバイキング
 食堂へ向かう.入口でのチェックも何もなし.
 食堂は大混雑である.
 やっと席を取って,お盆片手に適当に食材を選ぶ.とにかく混雑しているので,これだけの食材を取るのも一苦労である.
 今朝の朝食のメニューは下の写真の通りである.自宅での食事に比較すると,結構贅沢である.
 食事を摂っている間に,辺りがだんだんと空いてくる.ほんの10分ほど遅らせて食堂に入ったら,なんの混雑もなかったのに…

<バイキングの朝食>

▇モーニングコーヒー
 朝食の仕上げはコーヒーである.
 どうせまだ時間がたっぷりあるので,同行者が引き上げてからも,一人残って,コーヒーをユックリと味わう.
 ”コーヒーは紙コップではなく,ちゃんとしたコーヒーカップでユックリと味わうに限るな…”
 コーヒーを頂戴している間に,気分がだんだんと落ち着いてくる.

<モーニングコー-ヒー>

<最初の訪問地は「いなみ木彫りの里」>

▇専用車に乗って出発
 私達を乗せた専用車は,8時03分,ロイヤルホテル富山砺波から発車する.どの道を通ったのかは殆ど分からないが.8時30分にいなみ木彫りの里に到着する.

<専用車で移動>

▇でいな木彫りの里に到着
 なんの予備知識もなしに,いきなり知らないところに来たので,一体ここの売りは何なのかも分からないまま専用車から降りる.
 折角,ここまで来たのに.見学時間はたった20分.それも5分前には専用車に戻らなければならないので,全く何をしに来たのか分からないが,ブツブツ言っても仕方がない.とにかく大急ぎでその辺りを歩き回って写真を撮りまくる.

<いなみ木彫りの里に到着>

<いなみ木彫りの里写真集>

▇何が何だか分からないが…
 …というわけで,何の写真か説明できないが,沢山撮った写真の中から数枚選んで,当ブログに貼り付けておくことにする.

<八乙女風神太鼓>


<何だろう?>


<観音立像?>

<見学を終えて次へ>

▇ソソクサと専用車へ
 何だか良く分からないまま見学を終える.
 施設内には博物館のような建物や土産店などもあるが,とにかく時間が気になって,慌ただしい.
 ”富山と木彫りって,どんな関係があるの…一体,何が目的でここへ来ているの? 大体,この施設,何のための施設など?”
 私には何のことかサッパリ分からないまま,集合時間5分前に専用車に戻る.

▇ソソクサと発車
 私達を乗せた専用車は,9時丁度にいなみ木彫り里から発車.次の観光地である眼目山立山寺へ向かう.
                                (つづき)
つづきの記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a9ea6c688ef5a2f52593a41c73d21ecf

目次
 ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a6ecd2b12bc613b9c06ff315f619e907

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.


ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
« 紅葉の中央沿線:藤野駅から... | トップ | 鎌倉で仲間とドイツビールを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北海道・東北・北陸」カテゴリの最新記事