中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

アンナプルナ・ダウラギリ展望紀行(25)カトマンズの休日(4)

2008年03月07日 04時59分51秒 | ネパール:アンナプルナ展望
                  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                 アンナプルナ・ダウラギリ展望紀行(25)
                      カトマンズの休日(4):
                  2001年3月31日(土)(つづき)
                 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

           ←これまで公開したアンナプルナ紀行(1)~(24)の記事を
             ご覧になる場合は左の『CATEGORY』欄から
            『アンナプルナ紀行』を選んでクリックして下さい。

<繁華街をブラリ旅>

    
             
<カトマンズ中心部>

■クマリの館

 15時48分,私達を乗せたタクシーは,ダルバール市場に到着する。 折悪しく,雨が降り始める。
 とりあえずは,下車した近くの建物の軒下に入って,雨が小止みになるのを待つ。
 10分ほど待っていると,雨も小降りになる。私達はダルバール広場の反対側にある「クマリの館」に入館する。ここは旧王宮である。建物には沢山のハトが巣くっている。辺りはハトの糞で汚れている。中庭の中央には曼陀羅を表す小さな塔が建っている。
 「ここが曼陀羅の世界・・・・」
と建物専属のガイドが説明してくれる。

                       <クマリの館>

■タメル地区
 16時10分にクマリの館から外へ出る。地図で現在地を確かめてから,東の広場を通り抜ける。ブラブラと商店街を見物しながら,東の方向に散策する。16時18分にホテルクリスタル前の交差点を左折する。どういう訳か,殆どの商店が店を閉めている。たまたま開いているパン屋の店先を覗いてから,再び今来た道を戻って,ダルバール広場に戻る。
 16時32分,イントラチョーク街の入口に至る。道路の両側には,もの凄い遺跡が建ち並んでいる。街の両側の商店街は,ここでも,閉めている店が多い。16時41分に交差点を横切る。道幅が狭くなる。少々不安が過ぎるが,地図を頼りに,北上を続ける。
 私達は,やがて,タメル地区に到着する。Tシャツを売る店が多い。その内の何軒かを覗いてみる。ただ,是非,買いたいなと思うTシャツは,残念ながら見当たらない。

      <クマリの館の内庭>                  <地ビールを味わった店>

■レストランで休憩
 17時12分,私達は商店街から少し入ったところにあるビッグベリーレストラント(Big Belly Restaurant)に入って,休憩を取ることにする。店の中に入る。狭い店である。アメリカ人らしい先客が1人でビールを飲んでいる。
 私達もネパール製のビール,TUBORG BEERとメキシコ料理の軽食を注文する。ビール瓶に張ってあるラベルを見ると,国コードが57になっている。サッパリとした味の軽いビールである。 オツマミに注文したチーズプレートは,スパイスが利いていて美味しい。
 照明はローソクである。なかなか楽しい雰囲気である。ビールを飲みながら,私達3人は,
 「今度は,是非,キリマンジャロに行こう・・」
と話し合う。
 飲んでいる内に,店の外で雷が激しく鳴り出す。同時に強い雨が降り出してくる。私達は仕方なく,暫くの間,この店で雨宿りを続ける。

                  <カトマンズの地ビールと肴>

                                                        (つづく)
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩練習in広沢寺弁天岩 | トップ | 笹子:本社ヶ丸登頂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネパール:アンナプルナ展望」カテゴリの最新記事