中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

富士山の眺望を楽しみながら二宮尊徳遺跡を巡る(4);善栄寺・二宮総本家・栢山神社

2019年04月17日 04時30分00秒 | 関東・伊豆箱根・上信越

                                       <二宮尊徳菩提寺善栄寺>

    富士山の眺望を楽しみながら二宮尊徳遺跡を巡る(4);善栄寺・二宮総本家・栢山神社
 
                         (HKハイクグループ)
                       2019年4月13日(土) 晴

まえの記事
 ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f4d5e01d89e9bd59183980f43b143f8e

<ルート地図> 


←クリック拡大
※現地案内地図から引用(再掲)

 <二宮先生誕生地通路>

▇地下水が湧出する小川
 14時00分,尊徳記念館の見学を終える.
 尊徳記念館の裏手から,綺麗な水の流れる小川を渡って左折して,住宅地内の閑静な露地を歩く.
 この辺りは地下水が豊富なので,至る所から地下水が流れ出ている.

<小川を渡る>

▇二宮先生誕生地通路
 道路の両側には敷地の広い民家が続く.途中に「二宮先生誕生地通路」と刻字された石柱が立っている.

<二宮先生誕生地通路の案内標識>

▇古い道標
 道端に欠損し風化した石の道標がある.「▇十文▇田 ▇四▇道」と書いてあるのかな? どうも読めそうで読めない.
 ”まあ,いいか・・・”
で通過する.

<古い道標>

<二宮尊徳の菩提寺善栄寺>

▇善栄寺本堂
 14時09分,善栄寺に到着する.どうやらここは曹洞宗の寺のようである.
 ここは二宮尊徳の菩提寺である.それほど大きな寺ではないが,まずは立派な本堂の前で,お参りを済ませる.
 ついで,二宮尊徳の墓を詣でるつもりである.

<善栄寺本堂>

▇善栄寺縁起
 境内の一隅に善栄寺縁起を記した案内文がある.
 この案内文によると二宮尊徳の墓の他に,北条氏康夫人の墓石もあるとのこと.ここで鎌倉の玉縄城と関連があるとは・・・少々ビックリする.

▇二宮尊徳の墓
 さっそく墓地へ廻ってみる.墓地の中程に「二宮尊徳先生墓地」の案内杭と案内板が立っている. 


←クリック拡大
<二宮尊徳の墓地>


<二宮総本家屋敷跡から栢山神社へ>

▇巨大な石柱
 14時27分,善栄寺の参詣を終える.
 山門前からこれまで歩いてきた道の続きを歩いて,14時29分,二宮総本家跡に到着する.
 総本家跡地には巨大な石塔が立っている.

<巨大な石柱>

▇二宮総本家屋敷跡
 二宮総本家は,案内板の説明の通りの次第で,残念ながら現在は消滅しまった.その事の次第は案内文の通りである.

←クリック拡大

<栢山神社>

▇栢山神社に到着
 14時41分,栢山神社に到着する.
 石造りの垣根を巡らした立派な神社である.

<栢山神社に到着>

▇栢山神社拝殿
 栢山神社拝殿で参拝を済ませる.
 栢山神社の縁起をインターネットで調べたが,今のところ由来などは不明.

<栢山神社拝殿>
                            (つづく)

つづきの記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a135a00cdf5a86543cbadb1ff533c541
   
お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.






ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
« 富士山の眺望を楽しみながら... | トップ | 新緑の中央沿線;藤野アルプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関東・伊豆箱根・上信越」カテゴリの最新記事