中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

展覧会出品作品の梱包を終える

2018年10月05日 10時21分38秒 | 趣味三昧:セピア色の画集

             展覧会出品作品の梱包を終える

2018年10月5日(金)

 いよいよ来週は私が所属する協会の会員展が始まる,会場は横浜市民ホール.会場の最寄り駅は根岸線桜木町駅.駅から10分ほど坂道を登らなければならない.
 作品は水彩画(F40号)が2枚.梱包すると写真の通り.挟んだボールペンの大きさでも分かるとおり,それほど大きな作品ではない.また作品そのものは紙なのでごく軽いが,額の木枠とアクリルがやけに重くて,年寄りの私はとてもではないが持て余す.とてもではないが会場まで自分で持って行くなど不可能である.運転免許証も返納してしまったので…仮にタクシーを使って,自宅の鎌倉から会場まで運ぶにしても,タクシー代は大変な額になってしまう.そこでどうしても搬入を代行してくれる業者に依頼するしか方法がない.
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 搬入業者の都合で,依頼日が明日土曜日の夕方となる,ところが土曜日は,雨でない限り,私は塔ノ岳に出掛けることにしている.特に明日は台風一過の素晴らしい秋が期待できるので,是非,塔ノ岳に出掛けたい.…となると今日中に依頼する諸手続を整えてしまわなければならない.そして,塔ノ岳からトンボ返りをして,搬入業者に依頼する積もりである.
 まずは梱包.
 ここ数年使い回ししている額縁はもうボロボロになっているが,まあ,無理をして今回も使うことにする.一見分からないが,アクリルにも細かい傷が付いている.気になる.でも新品の額を購入するとなると,この程度の額でもウン万円は掛かってしまう.私は自分で描いた絵に申し訳ないなと思いながらも,
 ”まあ,勘弁して…もう一年我慢して…”
と詫びながら,水彩画を額に納める.これで,来週火曜日まで,手塩に掛けた自分の絵ともお別れである.何だかホッとしたような寂しいような…
 実はこの写真は我が家の2階で撮影している.今夜,これを1階まで降ろさなければならない.狭くて危なっかしい階段を使って…これがまた一苦労である.
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私の絵は実に拙いものである.でも,私は何時も絵を描いているときに,
 ”どうして,この絵を描いているんだ…”
 ”今描いている動機は一体何なのだ…”
 ”何のために,今,オレは絵を描いているんだ…”
 ”今,描いている絵で何を言いたいんだ…”
 ”なんで,自分の絵を展覧会に出そうとしているんだ…”
 ”どうして写真ではなくて絵なんだ…”
などという沢山の疑問を持ちつづけている.つまり自分にとって「絵とは何か」が絶えず疑問なのである.
 今回も2枚の水彩画を出展する.でも,それぞれの絵に対して,
 ”どうして,この画題を選んだのか…”
 ”広大な風景の中から,どうしてこの構図の範囲の自然を切り取って絵にしたのか…”
 ”絵を通じて何を訴えたいのか…”
 こんな初歩的なことが,実は私の頭の中で旨く整理できていない.そこがどうしても引っかかったままの出展である.
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 青臭いことを言うと,写真はレンズを通して見えるものを全て写し込む.勿論,被写体深度やシャッター速度を変えたり,フィルターを使うなどして,撮影者の意思を作品に反映させることは可能である.だから,厳密な比較はできないにしても,絵は見えているものそのものを描くものではないことはどうやら自明のようである.
 私見では,風景画を描く場合,まずは自分の意思によって,対象となる風景から気になる事物をバラバラに取り出し,自分の感性で取捨選択し,残ったものだけをもう一度元の風景を勘案しながら当てはめていくものだと思っている.そこには自分だけの固有の「物語」が埋め込まれていなければならないだろう.仮に自分の絵が”下手くそ”であっても…
 不思議なもので,絵を描き始めるにあたり,まずは絵に填め込みたい「物語」を想定して絵を描き始める.でも,制作の途中で,自分が描いている絵の方から,ふとした切っ掛けで新しい物語(サブルーチンかな?)が現れ始める.その瞬間,絵を描いている自分が,フラフラとサブルーチンの方へ流されている.つまり”絵の行き着く先が見えているようで見えていない…”という不思議な経緯を辿った末に,当初意図していた作品とは異質な作品として完成してしまうことが良くある.ここが絵を描く面白さではないかと,最近つくづく思う.
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 とりとめもないことを書いている内に,随分と長い文章になってしまった.勝手に自分のメモとして書いてはいるものの,これ以上駄文を続けるのは,私のブログにアクセスして頂く方々に迷惑になるのでこの辺りで終わりにしよう.
 アクセス頂いた皆さん.失礼致しました.
                               (おわり)
「趣味三昧・セピア色の画集」の前回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/c/774fda2da97d597eda3fa2ae4e1c06d2
「趣味三昧・セピア色の画集」の次回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/0b7168b4059e37a06f19542c0d87de0d


『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« お散歩とコンビニコーヒーに... | トップ | 暑くて,寒くて,それに霧雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味三昧:セピア色の画集」カテゴリの最新記事