中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

アンナプルナ・ダウラギリ展望紀行(26)カトマンズの休日(5)

2008年03月10日 05時07分58秒 | ネパール:アンナプルナ展望

 
                     <カトマンズの繁華街>

                ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
              アンナプルナ・ダウラギリ展望紀行(26)
                     カトマンズの休日(5):
                2001年3月31日(土)(つづき)
                 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

            ←これまで公開したアンナプルナ紀行(1)~(25)の記事を
              ご覧になる場合は左の『CATEGORY』欄から
              『アンナプルナ紀行』を選んでクリックして下さい。


<タメル地区からシェルパホテルへ戻る>

■雨が降り出す

 タメル地区にあるBig Bellyというレストランで,30分ほど雨宿りをしている内に,何とか雨も小降りになる。私達は食事代を支払って,18時08分に,店の外に出る。食事代は1人当たり100Rb(約165円)である。
 小雨の中,雨合羽を着て,タメル通りを引き続き北上し,大きな交差点で右折する。その間,道の両側には,Tシャツ屋,登山用品店,インターネットカフェなどが軒を連ねている。ちなみに,インターネットカフェの料金は,1時間30Rb(約50円)程度である。ある店の看板には,
  “・・・to several countries including Japan, USA 5Rb/min”
と書いてある。
 18時21分,また雨足が強まる。近くにあるインターネットカフェの軒先で,暫くの間,雨宿りをする。
 18時29分,何時までも雨が止まないので,仕方なくまた歩き出す。図書館の前を通過して,王宮前の路を東へ進む。街灯は殆どなく,辺りは真っ暗である。王宮前のロータリーを右折して,王宮前の大通りをシェルパホテルの方向に南下する。暫く進むと宝石店が並んでいる場所に到着する。
 再び,雨足が強くなる。仕方なく,近くにあるアンナプルナショッピングセンターの建物に飛び込む。建物に入った途端に,近くに落雷がある。大きな音とともに,電気が消えて,辺りが真っ暗になる。店の人は停電には馴れているようで,直ぐにローソクの灯が灯る。
 
     <ショッピングセンター>              <アイリッシュティー>

■成り行きでTシャツを購入
 なかなか雨足が弱まらないので,
 “Just looking・・”
と断って,Tシャツ屋に潜り込む。
 店内には,さまざまなデザインのTシャツが,沢山並べてある。これらのTシャツを眺めている内に,折角だから,祈念に1枚買おうかという気になる。
 そういえば,現地通貨が残っていても,円やドルに替えて貰えないと,HAガイドから言われていた。そうなると,残った現地通貨は,今度,再びネパールを訪れるまで使うチャンスはないことになる。
 そこで,気が変わって,俄に数枚のTシャツを買うことに決める。まずは,黒地の布の胸の辺りに刺繍がしてあるTシャツ4枚と,プリント柄のTシャツ1枚,計5枚を選ぶ。驚いたことに,手間賃がかかりそうな刺繍もののTシャツの方が,プリント柄のTシャツより,ずっと安くて,半値に近い。
 HAガイドから,「値切れ」と言われていたことを思い出して,刺繍もののTシャツ,1枚200Rbを150Rbに,そしてプリント柄のTシャツ1枚450Rbを350Rbに値切る。その結果,5枚のTシャツ合計950Rb(約1,570円)で購入する。私がTシャツを購入するのを見ていた仙人も,私と全く同じように,刺繍もの4枚,プリントもの1枚を,950Rbで購入する。

■アイリッシュティー
 雨も漸く上がったので,ショッピングセンターを出る。そして,19時01分,ショッピングセンターの斜向かいにあるシェルパホテルに戻る。 HAガイドが,ホテルロビーで,私達の帰りを待っていた。
 まだ,空港への出発時間には,大分間がある。そこで,私達3人は,ホテルの中にあるレストランに入って,時間を潰すことにする。私はアイリッシュティー120Rb(約200円)を注文する。先ほどのTシャツに比較して,アイリッシュティーは随分と高い。
 実は,アイリッシュティーってどんなものか,私は知らずに注文した。飲んでみると,ティーの中にワインが入っているらしくて,何となくぴりぴりとした味がする。そして飲んでいる内に,身体がボーっとしてくる。アイリッシュティーは素敵なグラスに入っている。グラスの腹にはシェルパホテルのロゴが印刷してある。
  
                   <壁に奇妙な絵が飾ってある>

 レストランの壁には,1本の吊り橋が霧の中に,ずっと見えなくなる図柄の奇妙な絵が飾ってある。
 19時45分頃,ロビーで待機していたHAガイドが,レストランに入ってくる。そして,
 「そろそろ,バスに乗る準備をしてください・・」
と私達を促す。

       <Big Bellyの伝票>             <ホテルシェルパのレストランの伝票>

                                                                   (つづく)

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 笹子:本社ヶ丸登頂 | トップ | アンナプルナ・ダウラギリ展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネパール:アンナプルナ展望」カテゴリの最新記事