中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

炎暑の鎌倉大迷走(2):田楽辻子から衣張山・浅間山を縦走して鎌倉駅へ

2019年07月28日 05時19分19秒 | 鎌倉あれこれ

                                  <衣張山山頂からの眺望>

        炎暑の鎌倉大迷走(2):田楽辻子から衣張山・浅間山を縦走して鎌倉駅へ
                   (単独トレッキング)
                 2019年7月25日(木) 晴

前の記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/e0b7650267ac2a889e7812c545a63c86

<ルート地図>

▇コース全体図 (再掲)
←クリック拡大

▇詳細図(衣張山ハイキングコース)

←クリック拡大

<衣張山を登る>

▇衣張山登山口へ
 紅葉ヤグラを見物してから和菓子店「美鈴」の前を抜けて,11時16分,小町大路に突き当たる.右折して,宝戒寺前を通過し,暫くの間,金沢街道に沿って歩く.岐れ道を通過して,杉本観音手前の三叉路を右折して御堂橋を渡り,田楽辻子の旧道に入る.閑静な住宅街が続く.
 11時37分,犬懸橋からの道と交差する十字路に到着する.ここが衣張山登山口である.案内板には「衣張山山頂15分」と書いてある.
 「・・・私には到底15分では登れません・・・」
とたまたま同行している男性に,私は弱音を吐く.

<衣張山登山口>

▇じめじめした階段道の連続
 田楽辻子で右折すると,5分ほど,住宅地の中のやや急勾配の舗装道路が続く.数分で住宅地は途絶え,衣張山ハイキングコース入口に到着する.ここから先はジメジメとした泥道になる.泥道の先はジグザグの登り階段道になる.階段道は大分荒れている.
 10年ほど前までは,熱心に階段道などの補修をしていたボランティアの男性が居られたが,今は荒れ放題のようである.<ここから土道になる>

▇石切場跡
 たまたまご一緒している男性に追われるようにして,ジグザクの急階段を登り続ける.山頂近くの三叉路を左折して枝道に入る.三叉路から少し下って,11時50分,石切場跡に到着する.ここはもともと眺めの良いところだったが,辺りの草木が大きくなって,折角の眺望が台無しになっている.
 ちょっとだけ石切場跡を覗いてみる.奥の方は薄く楽なっていて何とも不気味である.

<石切場跡>

▇衣張山山頂
 石切場跡から急な直登階段を登って,11時53分,衣張山山頂に到着する.この階段も以前は翌整備されていたが今は随分と荒れ果てているのが残念である.山頂にあったベンチもなくなっている.もう少し広々としていた山頂は夏草に覆われていて随分と手狭になった感じがする.肝心の眺望も夏草が繁茂していて少々残念である.
 すっきり晴れていれば富士山や伊豆箱根丹沢方面の山々が見えるはずだが今日は残念.

<衣張山からの眺望>

▇関東の富士見百選
 絹張り山山頂は日差しが強くてジリジリと焼け付くようである.日差しに居たたまれず,5分幌山頂で休憩を取っただけで,山頂から歩き出す.
 いくつかの登り下りの途中で浅間山山頂を通過する.一瞬浅間山山頂から下山しようかとも思ったが,この道はさらに荒れているに違いないと判断して敬遠する.
 12時10分,鎌倉逗子ハイランド側の登山口に下山する.ここから大町に下るつもりだが,近くにあるかまくら幼稚園前の「関東の富士見百景」まで足を伸ばす(12時13分).
<関東の富士見百景>


▇富士山は見えないが・・・
 残念ながら今日は富士山は霞の中.
 ここも手前の立木が大きく育ちすぎて,眺望が大分疎外されている.実に残念.でも木が大きく育つのは仕方がないこと.眺望は諦めるしかない.
 眺望を確かめた後,大町への下り階段降り口まで,往路を少し戻る.

<富士山のビューポイント>

<大町から再び小町大路へ>

▇黄金ヤグラ

 長い階段を下る.何百段有るんだろう? 昔,階段を数えたことがあったが,とっくに忘れた.階段を下りきると,進行方向左手に住宅地が続くようになる.
 階段を下りきって,12時21分,舗装道路を少し歩いた右手にある黄金ヤグラに到着する.ヤグラは半ば埋まっているが,櫓の中に光る苔が生えていたとかで有名である.

<黄金ヤグラ>

▇お化けトンネル(俗称)
 大町の住宅地を抜けて,釈迦堂切通に向かう道と合流する.そのまま道なりに進んで三叉路に突き当たる.ここでどちらへ行くかで少々迷うが,同行の男性の希望で右折してお化けトンネル(俗称)へ向かう.トンネルの手前は結構な急坂登りである.
 12時41分,お化けトンネルに到着する.道幅が狭いトンネルである.トンネルを抜けると,今度は下り坂.この坂道は,先ほど祇園山ハイキングコースを縦走したときに通った道と東勝橋付近で合流する.
 東勝寺橋を渡って,小町大路に突き当たる.

<お化けトンネル>

<路地道を通って鎌倉駅へ>

▇スリランカティー
 小町大路を法界寺方面に少し歩いて左折.路地道に入る.
 12時46分,路地道に入ってすぐ左手にあるスリランカティーのお店の前を通過する.

<スリランカティーのお店>

▇若宮大路幕府跡
 12時47分,鎌倉青年団が立てた「若宮大路幕府跡」案内碑の角で左折する.

<若宮幕府跡>

▇大佛次郎邸
 12時48分,大佛次郎邸跡に到着する.沢山の貼り紙に違和感を覚える.これまでこんなに沢山の貼り紙がなかったのに・・・
 貼り紙は茶席を止めたこと,それにかなり強い(と思われる)口調の英文で「見学お断り」と書いてある.なにか不都合があったのかな・・・少々気になる.

<大佛次郎邸跡>

▇宇津宮稲荷
 路地を直進して,妙隆寺脇を通過し,12時53分,宇津宮稲荷に到着する.宇津宮稲荷について一言触れたくなるがヤボなことはしないにしよう.
 ここで右折して,若宮大路に出ることにする.

<宇津宮稲荷>

▇小町通り
 若宮大路を横切って,小町通りに出る.急に沢山の観光客と出会うようになる.圧倒的に若い人が多いようである.

<小町通りへ>

▇鎌倉駅
 約束の13時00分,鎌倉駅に到着する.時間はトンぴしゃり.これが私の特技.
 ここで男性とお別れする.お互いに名前は名乗らずに,
 「また機会があったらお会いしましょう・・・」
でお別れする.この男性について知り得たことは,わずかに藤沢市の住民でまだ現役だということだけ.また彼が私について知り得た情報は鎌倉の住民で,ときどき丹沢に出掛けていることだけ.でもコレデイイノダ.正に一期一会である.
 私にとって嬉しいのは,とにかく鎌倉に魅力を感じてくれる人が一人増えたことである.
 私はまだ歩き足りない.これからとにかく源氏山公園を目指そうと思う.<鎌倉駅前>
                               (つづく)
つづきの記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/8a9638f9e23bc1fae678e77af47cc829

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します. 



コメント   この記事についてブログを書く
« 炎暑の鎌倉大迷走(1);まずは... | トップ | 炎暑の鎌倉大迷走(3):鎌倉駅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事