中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

春の休息日;鎌倉中央公園をノンビリ散策

2019年03月20日 09時37分44秒 | 鎌倉あれこれ

                                                  <鎌倉中央公園上池>

                        春の休息日;鎌倉中央公園をノンビリ散策


2019年3月19日(火) 晴

 相変わらずやらなければならないこと,やりたいことが片付けられないでいるが,あまりに天気が良いので,午後からチョッピリお散歩.行き先は言わずと知れた近場の鎌倉中央公園とその周辺.当ブログではお馴染みの場所なので,敢えてお散歩地図は載せないが,山崎周辺にも少し足を伸ばした.
 私は名にし負う花オンチ.でも花を見れば綺麗だなと思う.
 公園を一回りしながら見かけた花に心が和む.
 今日もブログ記事の執筆にあまり時間が掛けられないので,公園とその周辺で見かけた花を収録するだけにしておこう.
 なお,春分の日には故郷の信州へ戻るつもり.また「ウサギ追いしかの山」の山麓にある温泉で開催冴える一族会で,FH親族と一年ぶりに再会する.たぶん関東一円からの参加者も含めて50~60人は集まるだろう.これが年一回の楽しみでもある.この日に投稿するブログ(つまり明日)はお休みの予定である.

<花オンチの古館>

 築10数年経過した古館に花屋が定期的に花を届けてくれる.花オンチの私にはどんな花を選んでいるのかサッパリ分からないが,いくら花オンチでも美しいものは美しいと感じますよ.その中からちょっと良いなと思うものを3枚投稿しておこうす なお花の名前は間違えるとハズカシイから一切書かないことにする.

▇黄色と紅色の取り合わせを見るのかな…


▇文字通り花かごだ


<鎌倉中央公園>

▇不気味な鳥1羽
 池の畔の気に不気味な鳥1羽,ジッと湖面を見ている.ちょっと嫌な感じ.


▇名残の一輪
 もう梅の季節は終わり.少々寂しい.


<山崎から町屋入口へ>

▇白い妖精

 数年前の今頃,姉が旅立った.詩人だった姉の辞世の句が,
   ”木蓮が散る
      さやうなら
        さやうなら”
だった.ぐうたら弟の私は,いつの間にか姉の享年を越えてしまった.
 この白い妖精のような花を見ると,決まって姉のことを思い出す.


▇土手の早乙女
 近くの小川の土手で,賑やかにダンスをしているような感じだ.亡姉を思い出してちょっぴりグルーミーになっている私に,
 「さあ,元気を出して…」
と良いながら溌剌と踊っているような気がする.


▇頭上をモノレールが通る.
 バス停山崎から湘南町屋駅方面へ向かう.
 丁度そのとき,モノレールの電車が,「ヌウ~…」という感じで私の頭上を掠めながら通過する.私は一瞬トンビに襲われたような恐怖感を覚える.
 ”サラリーマン時代は,このモノレールに乗って東京まで通っていたなあ~”
 モノレールの電車を見ると,サラリーマン時代の懐かしくて,おぞましくて,ふわふわの綿菓子のような日々のことを思い出す.
 そんな過去の日々のことも,頭上の電車がカタカタと音を立てながら走り去るるのと同じように直ぐに他のことに気をとられてしまう.


▇丹沢遠望
 頭上のモノレールが走り去ると,目の前に見えている山に気を取られる.丹沢山塊の山々である.中央の威風堂々の山が多分大山である.
 手前の建物は某大手総合電機メーカーの工場である.
 よく見ると工場の建物の上をトンビかカラスか分からないが2羽飛んでいる.
 ”あいつらには高所恐怖症は居ないんだろうか”
と余計なことを連想する.もっとも,鳥が高所恐怖症になったら,鳥をやってられないなと苦笑する.
 ”オレって,ときどきくだらないことに,貴重な脳味噌を使っているな”
と苦笑する.


<締め括りはコンビニコーヒー>

▇100円コーヒー

 何とはなしに,湘南町屋駅近くのコンビニに立ち寄る.
 成り行きで100円コーヒーだ.
 「あの所在なさげなクソ老人,またあんなところで油を売っているな…」
と言われそうである.私は
 ”脂じゃないぞ…,100円コーヒーだ!”
と頭の中で言い返す.
 コーヒーを賞味しながら,
 ”ああ,そうだ.そろそろ水彩画の執筆に励まなければ…”
を連想する.
 こんなことを思い出すと,ジッとしていられなくなる.まことに困った性分である.
 ”なあ,落ち着けよ…”
と私の体内に巣喰っているもう1人の私が私を窘める.


▇回想の町屋坂道はを登る
 コーヒータイムを終えて町屋の坂道を登る.現役時代には,雨の日も,風の日も,エッコラ,エッコラ登り下りした年齢の襞のような坂道である.だから,この坂道は現役時代の事を連想するので,平素はできるだけ通らないようにしている.
 坂道の路傍が,気品のある花で賑やかである.


▇今日も大団円
 小一時間のお散歩を終えて帰宅.
 なんだか気分スッキリ.いくら花オンチでも,綺麗な花を見ていると,ムーミンかドーパミンか知らないが分泌が促進されるようである.
 さて,今日も,これからもう少し頑張ってみよう.


                               (おわり)
「鎌倉あれこれ」の前回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/d4912d53153d9c9d76133b8daabab40e
「鎌倉あれこれ」の次回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a32a7e0b65d82f02a220a5fcf3426a18

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今度はあのオランダで惨事!... | トップ | 早春の信州;小諸懐古園・菱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事