中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

三浦半島:湘南国際村から子安の里散策

2008年05月05日 10時28分58秒 | 鎌倉あれこれ
                       <湘南国際村>

          三浦半島:湘南国際村から子安の里散策
           (「鎌っこ倉ぶ」第74回例会)
         2008年4月27日(日)
 雨のち晴

<ルートマップ>



<プロフィールマップ>



<ハイキングの概要>

■逗子から久留和へ

 天気予報では,今日は,申し分のないハイキング日和の筈だったが,朝の内は小雨が残っていた.お天気を心配しながら,8時56分に家を出発する.大船駅から横須賀線に乗って,9時31分にJR逗子駅に到着する.
 今回の参加者は,何時もより多く,20名である.
 逗子駅10時08分発京急バスに乗車,10時33分にバス停久留和で下車する.
 バス停脇の路地で,軽く朝のミーティングを行う.主宰者から,今日のハイキングの説明と注意が伝達される.
 10時41分,歩き出す.今日の案内役は,お馴染みお師匠さんである.

                 <登山道入口近くの庚申塔>

■庚申の塔と関根不動尊
 路地を,一旦,南東へ進む.そして,関根川に沿って,緩やかな上り道を,大きく北へ曲がりながら,ゆっくりと登り始める.登り口に5基の庚申塔が並んでいる.
 10時53分に,関根不動尊に到着する.傍らに売店がある.一同,店の前に立ち止まる.店の女将が出てきて応対する.傍らの湧き水を,指さしながら,
 「この水,美味しいよ・・・」
と薦める.
 私も,一口,この水を飲んでみる.成る程,軟水で美味しい.

                    <関根不動尊>

■小菅家長屋門
 谷間の長閑な道を,ユックリと登り続ける.
 10時58分,「子安の里通り」と書いた案内板の脇を通過する.次いで,自動車道路を横断して,細い登り坂の舗装道路を登り続ける.小さな峠を越えて,ほんの少し下ると鞍部に出る.11時15分,この鞍部に建っている小菅家長屋門(標高85m)に到着する.横に長い広い門である.
 ここから進路が北北西に変わる.暫くの間,雑木林の間を行く土の遊歩道が続く.遊歩道の西側には緑豊かな丘陵が見えている.
 11時23分,雑木林(標高105m)の中で,日射しを避けながら,数分,休憩を取る.

                     <小菅家長屋門>

■広場で賑わうバザール
 再び歩き出す.遊歩道の東側に沿って続いていた低い丘陵がなくなり,視界が開ける.丘陵の影には,テニスコートが数面並んでいる.遊歩道の前方には,数十段の広い階段が見えている.
 やがて,湘南国際村の外周道路に出る.この外周道路を左に曲がる.
 11時38分,バス停湘南国際村センター入口(標高135m)に到着する.緩やかな坂を登り詰めて,11時45分に広場(標高180m)に到着する.

             <湘南国際村の土手は綺麗な花でいっぱい>

 折から,広場ではバザールが開催されている.沢山の露店が並んでいる.近隣の人達が沢山集まっている.私はゆっくり露店を見物したかったが,露店の中に入らずに,そのまま先へ進むように指示される.

                   <バザールは大にぎわい>

■配水池で昼食
 広場を抜けて,やや急な坂道を登り詰めて,12時12分,湘南国際村配水池(標高195m)に到着する.ここで昼食を摂る.配水場の円筒形をした建物の陰に座り込んで,コンビニで購入したオムスビをほおばる.
 気温は暑くも寒くもない.空模様もまあまあである.のんびりと休憩を取るのも悪くないなと思う.
 暫く休憩を取った後,幹事から,ストレッチ体操の音頭をとってくれと依頼される.そこで,何時も山旅スクールでやっているストレッチをそのまま流用して音頭を取る.普段,山で一緒になる仲間に比較して,「鎌っこ倉ぶ」の皆さんが,著しく体が固いのに驚かされる.
 「このまま,不用意に山歩きをしたら,本当に危ない人がかなり居るな・・」
と内心で思うが,そんなことを言ったら,気を悪くするに違いないので,口には出さない.

                  <配水池への坂道を登る>

■銘木50選のタブの木
 昼食を終えた私達は,13時18分に,再び歩き出す.
 ジャイアンの発案で,近くにあるタブの巨木を見物するために,少し寄り道をする.配水場から往路を引き返して,バザールが開催されている広場を抜けて,湘南国際村東南の道を少し下ってから,雑草の生え茂る斜面を登る.
 13時44分,なだらかな尾根の上に出る.ここに,もの凄く大きなタブの木が生えている.基の側に「かまくらと三浦半島の古木,銘木50選タブの木(クスノキ科)(財)かながわトラストみどり財団三浦半島地区推進協議会」と書いた看板が建っている.
 とにかく,威風堂々の大きな木である.木をカメラに収めるために,藪の中を後ずさりするが,あまりに大きな木なので,なかなか全景を撮ることができない.
 
                      <巨大なタブの木>

■売店が2軒
 13時50分,タブの木を出発する.やや滑りやすい下り坂になる.山道に馴れていない人が多いので,簡単な下り坂でも,結構,手こずってしまう.歩きにくい坂道も,10分ほどで抜ける.すると視界が開けて,丘陵が広がっているのが見え始める.
 丘陵に沿って,うねうねと続く道を進む.14時23分,小さな売店(標高135m)の前に到着する.日射しが少々暑いが,ここで何となく足が止まって,数分,立ち休憩を取る.そして,何となく歩き出す.14時27分,峠(標高140m)にある2軒目の売店に到着する.売店といっても,特段の売り物を置いている訳でもなさそうである.丁度建物の側にいた女将と他愛のない雑談をしながら,暫く休憩を取る.

                      <峠の売店>

■子安古道
 14時38分,売店前から歩き出す.下り坂になる.道路脇の草むらに,大きな青大将が,とぐろを巻いたままジッとしているのを見付ける.もう蛇が出ている.夏も近いなと実感する.

                     <春の使者>

 直ぐに馬頭観音が並ぶ三叉路になる.この三叉路を左折する.
 14時59分,子安古道の入口に到着する.ここで,舗装道路を下って,久留和へ出るか,それとも,子安古道を通って,立石に出るか迷うが,結局,子安古道を利用して下山することになる.
 子安古道の山道に入る.途端に荒れた道になる.尾根の名前は分からないが,秋谷2丁目と3丁目の間にある尾根を下り続ける.所々に荒れたザレが出てくるので,手こずる人も若干居るようである.
 14時59分,標高165メートルにある分岐の左側の道を選ぶ.この辺りが,子安旧道の最高地点である.歩く人が疎らなのか,古道はますます荒れて,歩きにくくなる.南西に伸びる尾根の北側斜面をトラバースしながら,次第に高度を下げる.古道の両側には雑木林が続く.

■立石公園
 15時14分,子安古道の終点近くの七曲がり(標高105m)に到着する.ここから,やや急な下り勾配のジグザク道が連続する.そして,15時24分,集落の舗装道路に飛び出るように出る(標高50m).近くの土手にタチナミソウが可憐な花を咲かせている.
 15時31分,集落を抜けて,海沿いに走る国道134号線に出る.国道を北西に向けて歩く.途中,15時36分,立石不動に向かう分岐を通過する.時間が押しているので,立石不動の参拝は省略する.
 
         <タチナミソウ>                   <立石不動尊入口>

 15時45分,私達は,本日のハイキングの終点,立石公園に到着する.公園から見た海には,ゴツゴツとした岩と松の木が美しいコントラストを作っている.
 ここで小休止した後,16時32分に解散.

                     <立石公園の海岸>

■逗子経由で帰宅
 私は,立石公園から国道を少し戻って,バス停立石へ.ここから京急バスでJR逗子駅へ.横須賀線で大船を経由して,17時50分頃,無事,帰宅する.
 今日は,ハイキングだったために,少し歩き足りない気分がする.とはいえ,昨日の信州往復と連続して,2日間も家を留守にしている.明日は終日家で休養しようかと思う.そして,明後日,4月29日,所和の日には,是非,塔ノ岳詣でをしようかと思っている.

<ラップタイム>

10:08  逗子駅発(京急バス)
10:33  久留和着
10:41  久留和歩き出し
10:53  関根不動尊
10:58  子安の里通り
11:15  小菅家長屋門
11:23  標高105m地点(11:28まで休憩)
11:38  湘南国際村センター入口
11:45  広場
12:12  湘南国際村配水池(13:18まで昼食)
13:44  タブの木(13:50まで見物)
14:27  標高140m地点(14:38まで休憩)
15:14  七曲がり
15:24  住宅地に下山
15:31  国道134号線に合流
15:36  立石不動入口
15:45  立石公園(16:32解散)

[ハイキングデータ] <<カシミールで算出>>

■歩行距離    7.7km

■累積標高(+) 506m

■累積標高(-) 506m

■歩行時間(休憩時間を含む)
  久留和発     10:41
  立石公演着    15:45
  (所要時間)   5時間04分(5.01h)
 平均歩行速度    7.7km/5.01h=1.54km/h
                                  (おわり)

「鎌っこ倉ぶ」の前の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/0710461a7616c8f1a9e0ac45523f0697
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 小諸:懐古園散策 | トップ | 鎌倉グルメ旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事