中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

晩秋の鎌倉:裏大仏ハイキングコースから浅間神社へ

2010年12月02日 09時54分51秒 | 鎌倉あれこれ

                                   <葛原岡神社付近の紅葉>

        晩秋の鎌倉:裏大仏ハイキングコースから浅間神社へ
                (単独散策)
            2010年11月30日(火)

<散策地図>



<何処へ行こうか>

■今日の目的は浅間神社
 月日は足早に過ぎ去っていく.
 あれよあれよという間に,もう11月も今日で終わりである.本当は塔ノ岳詣でをしたかったが,午前中に野暮用があって,残念ながらパス.
 午後,気になっている場所の紅葉がどんな状態かが知りたくて,家の近場を散策する.
 実は,鎌倉市内には,紅葉の時期になると,どうしても行きたくなる場所がいくつかある.何れも紅葉が見事なところである.そんな気になる名所を思いつくまま,まず列挙してみよう.
 獅子舞の谷:有名な場所だけに,シーズンになると混雑している.
 番場ヶ谷:源流下り.下流に近いところのモミジが見事.
 泉ヶ谷付近の尾根道:ちょっと場所が分かりにくいが・・
 散在ヶ池・皆城山周辺:言わずと知れた紅葉の名所
 衣張山・浅間山・大切岸の尾根道:息を飲むほどのパノラマ
 源氏山公園:余りにも有名
 鎌倉中央公園:池の周辺と谷戸の紅葉が綺麗
 常磐緑地の南側斜面:ちょっと分かりにくい所だが・・
 浅間神社周辺:あまり知られていないが・・例年気になっている
 この他にも紅葉が美しいところが沢山あるが,以上の場所の紅葉だけは,私が,例年,絶対に見逃したくないと思っているところである.
 さて,今日は今シーズンになってから一度も言っていない浅間神社周辺を散策しようと思っている.
 浅間神社は,裏大仏ハイキングコースの途中から,枝道に入り,急な下り坂の先に鎮座する.この枝道から谷戸を見下すと素晴らしい紅葉が見える筈である.さらに市役所通りから少し入ったところにある浅間神社参道の紅葉も見事なはずである.

<鎌倉中央公園から源氏山公園へ>

■浅間神社を中心に.
 昼食を済ませてから,12時40分頃,バス停鎌倉中央公園入口から歩き出す.鎌倉中央公園,葛原ヶ岡,裏大仏ハイキングコース,浅間神社,大仏前(立ち寄らず),染谷太郎大夫時忠住居跡,和田塚,六地蔵,鎌倉駅西口に至るコースを歩いた.勿論,浅間神社以外は行き当たりばったりの適当コースである.
 散策結果は,水平歩行距離7.5キロメートル,累積登攀高度164メートル,累積下降高度211メートル.プチ散策であった.
 まずは,鎌倉中央公園を一回りする.ここは知名度が低い公園なので,観光客は殆ど居ない.池の畔の紅葉が見頃を迎えている.鎌倉百景に選ばれている獅子岩から,田圃のある谷戸を抜けて,梶原口へ廻る.
 谷戸の両側の山が見事に紅葉している. 鎌倉中央公園の紅葉の写真は,最近,何回もこのブログに掲載したので,今回,写真は省略.

■葛原岡神社
 とにかく写真を数枚.




■源氏山公園
 梶原住宅地を抜けて,山ノ内ポンプ場前を通過.葛原岡神社に出る.途端に沢山の観光客と出会う.
 ここの紅葉は,少々見頃を過ぎているようだが,それでも実に見事.沢山の観光客に混じって,何枚かの写真を撮る.


<裏大仏ハイキングコースから浅間神社へ>

■鎌倉市内を見下ろす
 源氏山公園から裏大仏ハイキングコースへ入る.途端に観光客が少なくなる.
 大仏坂を目指して静かな散策路を歩く.途中,鎌倉から逗子方面の眺望が楽しめるところで一休み.眺望を楽しむ.


■大仏坂手前で引き返す
 続いて裏大仏ハイキングコースを歩く.尾根道が続く.ときどき,ハイカーとすれ違う.尾根道から紅葉した木々が見え隠れする.
 13時23分頃,裏大仏ハイキングコースの中間点にある空中喫茶「一樹」の前を通過する(今日は休業).ここで一寸引き返して,浅間神社に向かう枝道に入ろうかとも思ったが,折角ここまで来たのだから,まずは,大仏坂への降り口まで行ってみようと思い立つ.そのままブラブラ歩きをしていると,意外に早く大仏坂降り口に到着してしまう.
 「なんだ,こんなに短かったかな・・」
 何時も散策しているコースなのに,ビックリする.ここから,今来た道を引き返して,再び「一樹」前を通過.13時42分,浅間神社分岐に到着する.




■浅間神社への枝道
 右折して枝道に入る.草に覆われた細い山道である,滑りやすい急坂が続く.補助の虎ロープが付けてある場所を通過する.
 紅葉のシーズンになると,進行方向右手の谷戸の紅葉がとても綺麗だが,今年はまだ青々としている.見頃には大分早い.




■小さなコルの上の浅間神社
 坂道を下ると,ほんの少し登り返しがあって,小さなコルがある.このコルの上に浅間神社の社殿がある.深い木立の中に埋もれたような神社である.この神社の故事来歴は調べていないので,私には分からないが,このひっそりとした雰囲気が好きなので,年に何回となく,ここを訪れている.


■浅間神社の参道
 お参りを済ませて,参道を下る.鳥居を潜って,立派な階段を下ると,ジグザグの参道が続く.この参道周辺の紅葉も実に見事なはずだが,見頃はまだ先のようである.






<大仏脇から由比ヶ浜大通りへ>

■高徳院のイチョウ
 浅間神社参道を下ると,バス停長谷大谷戸のすぐ南,長谷5丁目の谷戸に出る.長谷5丁目を南へ歩く.
 やがて高徳院(鎌倉大仏)の裏手に出る.塀越しに見事に紅葉した高徳院境内のイチョウが見える.早速,写真を撮る.
 そういえば,先日,アメリカのオバマ大統領が,ここで抹茶アイスを食べたというニュースが流れた.それでは,抹茶アイスでもご相伴しようかと,一瞬,思ったが,こんな薄ら寒い日に抹茶アイスもなかろうでパス.そのまま由比ヶ浜大通りに出る.


■和田塚
 由比ヶ浜大通りに出ると,再び沢山の観光客である.人混みを避けるために,江ノ電由比ヶ浜駅付近から右折して,由比ヶ浜3丁目の住宅地に入る.
 由比の長者,染谷太郎大夫時忠屋敷跡を通過して,江ノ電踏切を渡る.そしてすぐに左折する.住宅地の中を抜けて,14時37分,和田塚前を通過する.
 江ノ電和田塚駅で,江ノ電の電車の写真を撮る.




■六地蔵から鎌倉市役所前へ
 和田塚駅前をそのまま通過する.そして,14時43分,六地蔵前に至る.さて,どうしようかと迷ったが,そろそろ散歩にも飽きてくる.そのまま北へ進んで,14時50分頃,鎌倉市役所前に到着する.
 丁度そのとき,鎌倉中央公園行のバスが,バス停鎌倉市役所前に到着する.本当は,起点の鎌倉中央公園入口まで歩いて帰るつもりだったが,反射的にバスに乗ってしまう.
 予定より随分と早い15時15分頃,帰宅してしまう.


<ラップタイム>

12:40  鎌倉中央公園入口歩き出し
13:00  葛原岡神社
13:10  裏大仏ハイキングコース<<大仏坂折口まで往復>>
13:42  浅間神社入口
13:48  浅間神社(13:51まで参拝)
14:00  高徳院(大仏)裏
14:26  染谷太郎大夫時忠屋敷跡
14:37  和田塚
14:43  六地蔵
14:50  鎌倉市役所前

[散策記録]

■水平歩行距離 
  7.5km

■累積登攀高度   164m

■累積下降高度   211m

■所要時間
  鎌倉中央公園入口発    12:40
  鎌倉市役所前   着    14:50
  (所要時間)  2時間10分(2.17h)
 歩行速度  7.5km/2.17h=3.45km/h
                                 (おわり)
「鎌倉あれこれ」の前回の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/bea2ec935fa00ccf3229e0c1ad58684a
「鎌倉あれこれ」の次回の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/33303d727242b5ef92d0e48c19058f00


コメント   この記事についてブログを書く
« 晩秋の三浦アルプス北尾根・... | トップ | 初冬の丹沢:紅葉と富士山が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事