中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

梅雨の鎌倉;深沢のアジサイと寺の掲示で自己反省

2019年06月16日 16時26分47秒 | 閑話休題:日々雑感

                              <深沢のアジサイ>

          梅雨の鎌倉;深沢のアジサイと寺の掲示で自己反省
                   (独り散策)
               2019年6月16日(日)

▇暇を見付けて近場を散策
 忙中有閑.足慣らしを掛けて近場で味さん見物と洒落込む.深沢地区をぐるり一回り.約4000歩.全く歩かないよりはマシ程度しか歩かなかったが,でも途中で眺めたアジサイの美しさに心が癒やされる.
<深沢のアジサイ>

大慶寺の掲示板
 散策の途中で,大慶寺山門脇の掲示板を何気なく眺める.
 思わず襟を正して精読する.
  ”かたよらない
    こだわらない
    とらわれない
       ひろくひろく
       もっとひろく
   これが般若心経
    空の心なり”
 私は特段に信心深い信徒というわけではないが,これを読んで,”全くその通りだな・・・”と妙にハッ得してしまう.
 確かに今の自分は何かにつけて,こだわり,かたよった考え方をしているようである.急に試行の程度を落としてしまうようだが,生き様のような高尚なことはともかく,ぐっと卑近な登山や絵の趣味の世界のことでも,なんだか納得してしまう.

<大慶寺の掲示板>

▇等覚寺の掲示板
 つづいて等覚寺を訪れる.
 等覚寺の山門には,
  ”行き
  づまったら
    一工夫
  思いがけない
   道がある”
という言葉が掲示されている.
 ”なるほど! そうなんだ! 確かに!”
 私は等覚寺でも妙に納得してしまう.

<等覚寺の掲示板>

▇心に響く仏教の教え
 私は特に信心深くもないが,無信心でもない普通の人間である.でも一応は臨済宗(故郷では曹洞宗)の信徒と言うことになっている.
 時々,何カ所かのお寺さんの山門近くに掲示されている「教え」の言葉を見ることがあるが,お寺に掲示されている言葉には,自分の心の奥底に潜む何者かに語りかけているような気がして,心底から「なるほどな」と実感させられる.
 私は特にどの宗教がどうという気持ちは全くないが,「神は貴方を見ている・・・」方式の上から目線の教えよりも,やっぱり心の奥底にそっと語りかけてくれる仏教の言葉の方が”グッ”と来るものがあるように思える.
 二つの寺の掲示を見て,
 ”さぁてっ~と!,家に帰ったら,迷ってばかりでさっぱり進まない水彩画の制作に一工夫してみようか”
と思いはじめている.
 どうやら今回の”〆”が下らないことに落ち着いてしまったが,この辺りで終わりにしよう.
                               (おわり)
「閑話休題;日々雑感」の前回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/cadb99560e55f06be1b50bdc90dd9486
「閑話休題;日々雑感」の次回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/614292bd672f4f2d4b53ab0967964843

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 
また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 残念ながら馬ノ背でタイムア... | トップ | 初夏の横浜;ちょっと足を伸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

閑話休題:日々雑感」カテゴリの最新記事