中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

炎暑の鎌倉;上町屋・深沢散策(1);鎌倉中央公園から上町屋へ

2019年08月07日 12時18分49秒 | 鎌倉あれこれ

                                <天守山全景>
          炎暑の鎌倉;上町屋・深沢散策(1);鎌倉中央公園から上町屋へ
                   (単独散策)
           2019年8月4日(日) 晴:暑い一日

<ルート地図>


←クリック拡大

<鎌倉中央公園>

▇まずは愚痴から・・・
 この所,正直なところ多忙と重圧で来る日も,来る日も,「参った!,参った!」で参っている.そんな中,昨日,3日は元勤務先の卒業院生の同窓会で少しばかりお話をしてきた.これも実は無事終わるまでとても大きなプレッシャーであった.とてもではブログ記事なの書く気にはなれないほどであった,また同時並行作業で,前回,一寸ばかり披露した水彩画の制作もやっと方向付けができたばかりである. 
 そんなこんなもあって,肝心の塔ノ岳詣でも,ユックリ楽しむ時間が無くて,ここ10日以上登っていない.これでは足腰が萎えるばかりである.それで意を決して,今日,時間が許す限り鎌倉西部を1万歩ほど歩くことにした.塔ノ岳に登れば約3万歩になるので,1万歩では到底不足だが,まあ歩かないよりはマシという所だろう.
 まあそんなわけで,今回のデタラメ歩きの軌跡をブログ記事として投稿しておくことにしよう.ただし,余り時間が掛けられないので,1回当たりの記事は何時もより短めになるが,これもやむを得ない.

▇鎌倉中央公園淸水塚口から歩き出す
 13時23分,何時ものように鎌倉中央公園淸水塚口から歩き出す.
 勿論,歩き出した時点では何処を歩くのか全く決めていない.毎度のことながら,歩くルートは足任せの適当である.冒頭に掲載したルートは,予め決めたルートではなく.何となく歩いた結果を示したものである.
 公園入口から東京方面の空を見上げると,おおきな雲が青空に向けてもくもくと立ち上がっている.どうやら,今日も東京方面は雨が降っているのかも知れない.
 公園の中は風が谷戸を吹き降りてくるので意外に涼しく感じるが,携帯電話に付いている温度計は35℃を指している.

<東京方面の上空には雲が湧いている>

▇刈り取られたハンゲショウの群生地
 園内を適当に散策する.つい先日まで目を楽しませてくれた,ハンゲショウの群生地を覗いてみる.もうきれいに刈り取られてしまった.これも季節の移り変わりを示す風物詩ではあるが一抹の寂しさを感じる.
<ハンゲショウの群生地>

<山崎から天神山の尾根道へ>

▇えのしま道標
 鎌倉中央公園山崎口から,道なりに山崎の集落を歩く.三叉路に突き当たって,さてどちらに曲がろうかと迷うが,たまたま走ってきた自動車を避けるように何となく左折する.これも成り行き.逆らわずに左折したまま歩き続ける.
 13時39分,えのしま道標の前に到着する.ここも三叉路.また迷う.でも左に曲がってしまうと,お散歩コースが短くなるので,ちょっと迷った末に直進することにする.

<江ノ島道標>

▇宝積寺跡
 直進して,13時42分,バス停山崎で湘南モノレールが頭上を通るバス通りに突き当たる.この辺りは宝積寺があったところである.
 丁度,大船行のモノレールが頭上を通過する.”ラッキー”ということでモノレールの写真を撮る.
 山崎の信号を渡ってから,下の写真でモノレールの最後部の車両が写っている辺りにある三叉路を右折して,道幅の狭い路地に入る.

<バス停山崎付近>

▇天神山の切通
 狭い路地は直ぐに急な階段道になる.この道は天神山山頂から南へ延びる尾根を越える峠道である.急階段を登り切ると,町屋方面の視界がほんの少し開ける.

<天神山の切通>

<迷路のような上町屋を歩く>

▇湘南町屋駅入口

 切通はいくらか風が抜けるので涼しい.
 反対側の階段道を下って,14時48分,三菱電機工場沿いの道に突き当たる.
 ここでもどちらへ曲がろうかと迷うが,まあ何となく左折して向上沿いのくねくね道を歩く.進行方向右手は工場,左手は山裾で民家が建ち並ぶ.
 14時54分,湘南モノレール湘南町屋駅へ向かう坂道を横切って,上町屋方面へ向かう.

<湘南町屋駅入口>

▇長島ふな公園
 上町屋は古い集落である.集落の中の道は迷路のように入り組んでいて,なかなか分かりにくいので要注意である.
 折角だから集落の外れにある長島ふな公園へ行ってみる(14時08分).真夏の暑い最中,公園には誰も居ない.木陰で立ち休憩.さきほど自販機で購入した飲み物で水分を補給する.

<長島ふな公園>

▇畑中の道,天守山遠望
 長島ふな公園から畑の中の道をユックリと散策する.周囲の畑でノンビリ気分を味合わせて貰う.前方には,泉光院の裏山,天守山が見えている(冒頭の写真).山全体が墓地になっている.

<畑中の道>

<上町屋の社寺>

▇泉光院

 14時10分,泉光院に到着する.ここは真言宗の寺,山号は天守山.まずは合掌.
 写真を撮るが画面の右端に入れたはずの弘法大師立像が半分しか写っていない.罰が当たるかなとちょっと心配.<泉光院>

▇上町屋天満宮
 泉光院から南へ延びる道を,200メートルほど歩くと,上町屋天満宮の境内に突き当たる.まずは型どおりに礼拝を済ませる.
 集落の中にある神社だが静まりかえっていて人の気配もない.
 参拝を済ませてから,神社に向かって左手の坂道を登る.

<上町屋天満宮>

▇吉祥寺跡
 坂道を100メートル足らず登ると石塔群のある三叉路がある.この辺りに¥は真言宗の吉祥寺(キッショウジ)という寺の跡だという.

<吉祥寺跡>

▇坂道を下る
 三叉路から先,急な上り坂が少し続く.
 坂道を登り切った反対側は,今度は急な下り坂になる.坂の向こうには鎌倉山の尾根が見えている.
 坂道を下り終えると,三叉路に突き当たるが,まだ右折するか左折するか決めていない.

<坂道を下る>
                               (つづく)
つづきの記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f89f32e4f5773370fea26cb1ae0f418a

「鎌倉あれこれ」の前回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/e0b7650267ac2a889e7812c545a63c86

お断り
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.









 


コメント   この記事についてブログを書く
« 思うように絵が描けない;気... | トップ | 炎暑の鎌倉;上町屋・深沢散... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事