中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

猛暑の三浦半島横断;金沢文庫・市境広場・獅子舞・鶴ヶ岡八幡宮・鎌倉駅縦走(後編)

2020年08月14日 04時15分38秒 | 鎌倉あれこれ

                                                                                <鶴岡八幡宮>

   
猛暑の三浦半島横断;金沢文庫・市境広場・獅子舞・鶴ヶ岡八幡宮・鎌倉駅縦走(後編)
                (ARENAオフミ)
            2020年8月9日(日) 曇・猛暑
前編の記事
  ↓
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/56540772ad758d4df92a9beb526e8be7

<ルート地図>


←クリック拡大
※再掲


<ぼんぼり祭り見物>

■大賑わいの境内
 8時49分に金沢文庫駅から歩き出した私たちは,六国峠ハイキングコース,市境広場,獅子舞,永福寺跡を経由して,14時11分,無事,鶴岡八幡宮に到着した.
 ここで解散.後は自由行動となる.
 夕方,次女一家が来訪することがわかっているので,私はぼんぼり祭りを,あまりゆっくり見物している時間がない.それでもせっかくの会場である.境内を歩きながら,目についた「ぼんぼり絵」だけをちらりチラリと眺める.そしてたまたま目にした「お気に入り」を写真に収める.その一部を記録として投稿しておこう(公開されているものなので多分著作権問題はないと思うが,万一,抵触するようなら直ちに消去するつもりだ).







■大混雑の小町通りを抜け路線バスで帰宅
 14時34分,鶴岡八幡宮境内から外に出る.若宮大路を抜けて,小町通りへ.観光客で大賑わいである.人混みが怖いので,小町通りを横切り,横須賀線の小町踏切を渡って,鎌倉駅西口へ.まだちょっと歩き足りない気分がする.でも,随分と時間が押しているので,バス停鎌倉市役所前から路線バスで帰宅することにする.
 15時過ぎに無事帰宅.
 16時頃,予定通り次女一家が来訪.いつものように暫く雑談.
 本日の歩行距離は約13キロメートル.歩行歩数は26,889歩.累積標高は約410メートル.ちょっとした登山に相当するだけの数字になっている.

<ラップ タイム>

  8:49  京浜急行金沢文庫駅から歩き出し
  9:02  六国峠ハイキングコース入口
  9:23  能見堂跡(9:30まで休憩)
10:11  貯水池前広場(10:18まで休憩)
10:38  金沢動物園入口(10:46まで休憩 )
11:32  大丸山山頂(12:02まで昼食;ロスタイム0:24)
12:29  市境広場
12:56  峠の茶屋跡(13:05まで休憩)
13:43  永福寺跡
14:11  鶴岡八幡宮(解散)
14:38  鎌倉市役所前着

[ハイキング記録]

■水平距離             12.9km

■沿面距離             13.0km

■累積標高(+)          405m 

■累積標高(-)          411m

■所要時間 (休憩時間込み;昼食時間は除く)
 金沢文庫発              8:45
 バス停鎌倉市役所前着       14:38
  (昼食;ロスタイム)        0:24
 (所要時間)          5時間24分(5.40h)
 歩行速度            13.0km÷5.40h=2.41km/h

■総歩数              26,889歩 

■歩幅              13.0km÷26,889歩=0.000483km/歩
                         (=48.3cm/歩)
歩行ピッチ           26,889歩÷5.40h=4,974.4歩/h
                 4,974.4歩/h÷60分/h÷60秒/分=1.38歩/秒

■総括
 階段が多いこと,悪路が多いこと,および途中で迷ったことが影響して歩幅,歩行ピッチともに不本意な数値になった.
                             (おわり)     
「鎌倉あれこれ」の次回の記事
https://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/bd4a6c4c791a18e680d7855abf98296b

お断り;
 これらの記事は,私のボケ防止と趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
  また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへのアクセスはご遠慮下さい. 
 なお,古い記事には顔写真が掲載されていますが,すべてご本人の了承を得た上で掲載したものです.


コメント   この記事についてブログを書く
« 猛暑の三浦半島横断;金沢文... | トップ | 終戦前後の余録;灯火管制の夜 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉あれこれ」カテゴリの最新記事