中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

アンデス・ブランカ山脈紀行;第11日目(2);無事帰国;第10・11日目の総括

2017年01月08日 04時54分29秒 | ペルー;ブランカ山群トレッキン

                   <千葉の緑;美しく見える>

 アンデス・ブランカ山脈紀行;第11日目(2);無事帰国;第10・11日目の総括
               
(アルパインツアー)
        2016年9月6日(火)~16日(金)
前の記事
 ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a6d9790f1896fa6e6fbeff9fe14810ae

第11日目;2016年9月16日(金) 曇

<退屈なフライトが続く>

■日付変更線を通過
 私達が搭乗しているアメリカン航空AA175便は,19時55分に日付変更線を通過する.したがって,9月15日は自動的に1日先へ進むので,今日は9月16日(金)ということになる.体感的には同じ日の連続に過ぎないが,暦的には機中泊をしたのと同じになる.
 さて,日付変更線を越えたからには,時計の針も日本標準時(JST)に帰ることにしよう.
 19時55分は,JSTでは翌日の9時55分になる.以後,時間表示はJSTを使うことにする.
 相変わらず退屈.退屈しのぎにすることといえば,目の前のスクリーンを見るだけ,破れかぶれでミュータントをテーマにした映画を見るが,ボンヤリ見ているので,面白いも何もない.ただ,たた,ボンヤリしているだけである.

■またもや機内食
 10時54分(つまりダラスの時間で20時54分),スクリーンに,成田まで1,914kmという表示が出る.残りのフライト時間は2時間43分とのこと.
 どの後も,頭の中は薄らボンヤリ,麻酔に掛かったような気分で過ごす.
 12時50分,食事が出る.昼食か夕食か良く分からないが,とにかく,出されたものは食べることにする.全くお腹は空いていないが…
 食事の写真を撮るが,ブレていて何が写っているのか全く分からない.でも色ぐらいは分かるので,掲載することにしよう.
 食事をしているときに,突然,機体が大きく揺れ始める.すぐに,シートベルト着用のサインが出る.
 揺れ出す直前に貰ったコーヒーが揺れでこぼれそうになるのを必死になって防ぐ.
 12時58分,食事を終える.

<機内食>

<東京(成田)国際空港>

■やっと東京(成田)国際空港に到着
 13時31分,”グググ…”という震動が下の方から聞こえてくる.どうやら車輪を降ろす音のようである.
 13時35分,私達の飛行機は,無事,東京(成田)国際空港に着陸する.
 ”ヤレヤレ,やっと着いたぞ…”
 13時45分,ディセンバーグ.成田の空気は涼しい.
 どうやら,えらく離れた所に到着したらしく,長い廊下をひたすら歩き続ける.

<長い廊下>

■流れ解散
 13時45分,入国審査を終える.
 係員が,
 「…お帰りなさい」
と言いながら,パスポートに帰国の印鑑を押す.
 たった一言の「お帰りなさい」で,なんとも和んだ気分になる.どこかの国の仏頂面の係員とは違うなとつくづく思う.
 続いてバゲージクレイムへ.
 14時05分,意外に早く預け入れた荷物が出てくる.
 ここで流れ解散である.私はツアーリーダーのIBさんや,一緒に旅をした方々に挨拶をして,グループから離脱する.

<無事帰宅>

■エアーポート成田に乗車
 私はリムジンバスでYCATへ出ようか,それともJR?
 少々迷うが,結局,一番早く成田を出発するJRのエアポート成田を利用することにする.途中から電車が混雑するだろうと予想して,グリーン車に乗車する.どケチな私にしては奮発下ものである.
 私が座ったすぐ前に席に,大陸のあちら国の方が4人座っている.1人は日本在留のようである.盛んに日本のことを説明している.日本語で…
 でも声がやたらに大きいのでうるさい.
 案の定,途中から電車が混み出すが,グリーン車はそれほどの混雑にならない.
 私は,旅行中に書き留めたメモ帳をひっくり返しながら,旅の様子を最初から,もう一度振り返る.

<エアポート成田グリーン車を利用する>

■重い荷物を引っ張って…
 東京を過ぎると車内はグッと空いてしまう.さらに橫浜を通過すると,私が乗っているグリーン車にはほんの2~3人しか残っていない.
 無事,大船駅に到着.
 久々に大船駅付近の喧噪に身を任せる.楽しい.
 大きな荷物を持っているので,自宅までタクシーを利用しようかと,フト思うが,何となく男が廃るような気がして,タクシーは止める.
 まずは湘南モノレールで,自宅近くの駅まで.そこから,荷物を引きずって坂道を700メートルほど登って無事帰宅する.

■やっと帰宅
  ※これ以降は再掲
 帰宅後,真っ先にしたことは,風呂に入ること.
 わが家は築10年余りの古家だが,日本式の深い湯船がある.湯船にタップリお湯を張って,ノンビリとお湯に浸かる…極楽,極楽!
 湯船に浸かりながら,自分の姿を鏡越しに見る.
 日焼け止めの塗り方が足りなかったのか,顔や手は真っ黒…というよりは赤茶色に日焼けしている.それほど高くない鼻だが,鼻の頭が特に焼けただれている.
 手を見ると時計のバンドの跡だけが日焼けせずに残っている.
 ”まるてお化けだな…”
 妖怪変化のような自分の姿に,驚きと哀れみを感じてしまう.
 こうして,帰国当日は瞬く間に過ぎ去る.

<帰国後初日の夜>

■実に美味しい夕食
 家内が用意した夕食は刺身と照り焼きの魚がメイン料理.炊きたてのご飯の良い香りと食感に感激.新鮮な野菜.
 ”ウ~ン…!! やっぱり日本食が一番だな…”
 久々の純和食に,やっぱりわが家が最高だなを実感する.
 ※再掲終わり

■どうするPCメール
 夕食後,少し落ち着いてから,PCの電源を入れる.
 未読のメールが400通余り溜まっている.とてもではないが読む気がしない.今日はメールを開くのをヤメタ!

■早々と就寝
 何時なのか良く分からないが,多分,20時頃,早々と就寝.
 もう何年も使っているオンボロベッドだが,やっぱり自分のベッドが一番寝心地が良い.ただ,理屈では今夜だと分かっているが,私の身体の方は時差があるまま.自分が眠いのかただ単に疲れているのかハッキリしないが,とにかく何時の間にか眠っている.
 こうして,帰国初日は何とか無事に過ごすことができた.
 明日になれば,明日の風が吹く.その風を体感してから,明日のことは考えよう.
 とにかく今日はこれで終わりだ…というのが今の心境である.

[10・11日目の総括]

<ラップタイム>

■10日目
 0:11  リマ;ホルヘチャベス国際空港離陸(アメリカン航空AA175便)
 7:16  ダラス;フォートワース国際空港着(トランシット)
10:57        〃            発(アメリカン航空AA175便)
19:55  日付変更線通過(機中泊)
(9:55)JST

■11日目
 9:55  日付変更線
13:31  東京(成田)国際空港着
14:05  流れ解散

[行動記録]

■移動距離
 リマ→ダラス                                5,090(km)
 ダラス→東京(成田)         10,332
  -------------------------------------
  合 計                                     15,422(km)

■所要時間
 リマ→ダラス
  リマ発                                     0:11
  ダラス着                                  7:16
  (小計)                               7時間05分(7.08h)
 トランシット所要時間
  ダラス着                                  7:16
   〃  発                                10:57
  (小計)                             3時間41分(3.68h)
 ダラス→東京(成田)
  ダラス発                                 10:57
  東京(成田)着                         23:31(ダラス時間)
  (小計)              12時間34分(12.57h) 

■飛行速度
  リマ→ダラス                       5,080km/3.68h=1,380km/h
  ダラス→東京(成田)           10,334km/12.67h=816km/h
  リマ→東京(成田)
     ___________________________________________________________________________

帰国後の記事
   ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/b626d88a4bf218a0c6368dd354667002

                                    (11日目終わり)
                              (つづきの記事(総括編)に続く)
つづきの記事
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/95a150128ced0f8a98093569e4a9aa5e

「ブランカ山群トレッキング」の目次
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/3ac14bd1d44b99a378555e26864f76b7
「ブランカ山群トレッキング」の索引
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/9e3ba704d9bf4f7278473747420c4534

[参考資料]
ペルー周遊記(ピスコ山登頂);インデックス
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f78082280c7a6bb87b1810478b6786ea

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.



コメント   この記事についてブログを書く
« 新年早々,PCの不具合に泣か... | トップ | 司馬遼太郎で学ぶ三浦半島の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペルー;ブランカ山群トレッキン」カテゴリの最新記事