野の花 庭の花

野の花や山の花は心を慰めてくれます。庭園に咲き誇る花は心をはなやかにしてくれます。

ヨメナによく似た白い野菊「ノコンギク」(秋の花 21-005)

2021年11月13日 06時53分25秒 | 

ヨメナによく似た白い野菊「ノコンギク」。どこでもみられる花で、伊藤左千夫の小説『野菊の墓』にでてくる野菊らしいという。見てきたような嘘かもしれない(笑)。日本固有種の野菊で清楚な感じがいい。

(2021年秋 東京都)

■秋の花(2021)
「タイアザミ」(秋の花 21-001)
「ミズキンバイ」(秋の花 21-002)
「ナンバンギセル」(秋の花 21-003)
「フジバカマ」(秋の花 21-004)

 

「ノコンギク」

ノコンギク(学名:Aster microcephalus var. ovatus 野紺菊)は、野菊の1つでヨメナに非常に似ている。ただし種内の変異は大きく、同種とされるものにはかなり見かけの異なるものがある。

特徴
地下茎が横に這い、あちこちから枝を出すので、まとまった群落を作りやすい。茎は立ち上がって枝を出し、高さは50-100cmに達するが、草刈りをされた場合など、はるかに小さい姿でも花をつけている。根出葉は柄があって卵状長楕円形、茎葉は柄がなくて卵状楕円形から卵形で三行脈、縁には粗くて浅い鋸歯が出る。いずれも葉の両面ともに短い毛がある。根出葉は花時にはなくなる。

花は8月から11月頃まで咲く。茎の先端の花序は散房状で、頭花は径2.5cmほど、周辺の舌状花は細長くて紫を帯びた白から薄紫、中央の管状花は黄色。痩果は長さ1.5-3mmで先端には4-6mmの冠毛が多数ある。

生育環境
生育範囲は幅広く、人為環境からより自然な環境にまで出現する。道ばたや道路脇、畑の周辺にもよく出現するが、山道や渓流沿いにも普通に見かけられる。各地でごく普通で、何しろ図鑑の記述にもわざわざ「最も普通な」と書かれているくらいである。

なお、伊藤左千夫の小説『野菊の墓』の野菊がこれではないかとの説がある。


コメント   この記事についてブログを書く
« ピンクの浅いカップ咲きのつ... | トップ | 花弁の表が白で裏が赤紫のダ... »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事