教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

ルース氏に対する複雑な姿勢は不思議

2009-05-24 09:47:33 | オバマ大統領
「新駐日米大使ルース氏 格落ち人事?政府困惑」(東京新聞090523)によると

政府・与党内で、オバマ米政権が新駐日米大使に弁護士事務所経営者、ジョン・ルース氏を起用することに対し、「まったく知らない人物」との困惑が広がっている。次期駐日大使人事は知日派のジョセフ・ナイ元国防次官補を起用するとの見方が出ていた。・・・・・・外務省幹部は「日本重視の中で、大統領と関係の深い人が選ばれたということだ。大統領にいつでも電話できるだろうし、パイプ役として期待できる」と指摘。ルース氏を歓迎する向きもなくはないが、基本的には大統領選挙の論功行賞で駐日大使を選んだオバマ政権に対する疑問の声が強い。ある政府高官は「日本と直接ルートのある人ではない。オバマの人事はこちらの想定外だった」という。・・・・・・山崎拓党外交調査会長は「北東アジアの不安定な情勢を考えれば、ナイ氏を起用することが、一番安心できる人事だった」と述べた。

☆従来のフィルターで日米関係を見ることができることが安心ということは、チェンジ路線のオバマ政権を間接的に批判することを意味するのではないだろうか。

☆チェンジできるかどうかは、自らの言動と身体をメディアにして、現場で判断できるリーダー。遠くで情報を集めて、それを通して判断するような操作型リーダーでは、大きなチェンジは期待できない。専門家型リーダーではなく改革者型リーダーがポイント。

☆ルース氏は改革者型リーダーだろう。日本流儀の道のもてなしで、互いの理解を深めてほしい。

コメント

ルース次期駐日大使はオバマ大統領の信頼絶大

2009-05-22 08:07:52 | オバマ大統領
読売新聞(090521)によると

オバマ米大統領が次期駐日米大使に起用する方針を固めたジョン・ルース氏(54)は、資金面でオバマ氏の選挙戦を支えた敏腕弁護士。・・・・・・スタンフォード大が発行する法律雑誌によると、ルース氏は同大法科大学院を卒業後、ロサンゼルスの法律事務所で働き始めたが、将来性に注目してシリコンバレーの法律事務所に移籍。企業金融で頭角を現し、2005年から最高経営責任者(CEO)を務める。顧客には検索大手のグーグルなど有名企業が名を連ねる。・・・・・・昨年の大統領選では、オバマ氏の出馬表明直前に自宅で資金集めパーティーを開き、シリコンバレーの起業家や投資家らにオバマ氏を売り込んだ。「驚くべき集金力」と評する米メディアもあった。

☆法律と経済とGoogleと・・・。

☆人脈とネットと・・・。

☆言葉と情報と・・・。

☆信頼の絆を築くには、なんて膨大なつながり贈与が必要なことか・・・。
コメント

松岡正剛氏の日本の面影の源流に≪私学の系譜≫を見つける

2009-05-20 19:44:25 | 
神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く (連塾方法日本 1)
松岡 正剛
春秋社

このアイテムの詳細を見る


2000年に松岡正剛氏にお会いしてから、たびたび編集工学研究所におじゃましたり、今思えば、この本の連塾に収束するプロセスの多肢プロジェクトの1つに顔を出したりしていたことがあった。

☆いつのころから、松岡正剛氏の活躍を外から眺めるようになってしまったが、2003年の講義を編集した本書を読んで、改めて尊敬するも、道が違うということがはっきりした。

☆本書を読めば、明治維新以降、国家が、いかに日本の面影の源流を破壊していったか、にもかかわらず、それに「荒がう」神々が脈々と続いているのかがわかる。

☆その型破りな遺伝子の1つが、サザンであり、少女コミックであったりするというのもおもしろい。

☆この連塾は、その「荒がう」遺伝子のうち日本主義としての文化コンテンツを世界に売り出そうとしている企業人や学者、政治家が集まってきているようだ。モノづくり国家から日本流文化コンテンツの製造OS国家にしようというマスタープランを推進しているのだと感じ入った。

☆それにしても神道と仏教とキリスト教の違いがわかりやすく講義されている。これにJポップ、少年漫画、少女漫画も並列化してしまうのも、さすがだ。

☆これらは明治以降の官僚近代日本が排除した遺伝子なのだ。今でもスキあらば排除しようという数寄であり空きなる部分で、官僚近代がもっとも恐れる荒ぶる神々の結び目。切除したい部分。結界が解除されたら、たいへん。もっとも解除されようとしているが・・・。

☆私立学校が教育理念を大事にしているのは周知の事実だが、その理念という精神は、この官僚近代国家が排除してきた日本の面影の源流から流れている。えっ、キリスト教は日本の面影ではないでしょうといわれるかもしれないが、内村鑑三に代表されるように2つのJ(JAPANとJESUS)としての日本流のキリスト教だから面影は充分。仏教も結局日本流の仏教。

☆それにしても、面影の源流の違いを理解するのに、「基体」と「属性」の関係性の違いに着目しているのは、相変わらずすごい。

☆、「基体」と「属性」は「構造」と「意匠」、「本質」と「現象」などと置き換えるとわかりやすい。

☆「基体」「構造」「本質」は、≪関係≫と≪型≫の違いにわかれる。「属性」「意匠」「現象」は、≪荒ぶる個体または和る個体≫と≪虚空≫と≪主体≫の違いに分かれる。

☆この組み合わせの違いが、神道、仏教、キリスト教、Jポップ、少年漫画、少女漫画などの違いを生みだす。官僚近代国家は、≪型≫と≪和る個体≫の配置で成り立っている。

☆そんなことを思いながらあっという間に読んだ。もちろん斜め読み速読法だけれど。ともあれ、私立学校に神道の学校が少ない理由もなんとなく見えてきた。やはり仏教、キリスト教、Jポップが私立学校は多い。その理由はいずれ述べたい。
コメント

部下中傷で自殺は労災 クオリティ・コミュニケーションでリスクマネジメント

2009-05-20 18:17:50 | 経済
<不支給処分>部下中傷で自殺は労災 東京地裁(5月20日14時21分配信 毎日新聞)によると

父親(当時51歳)が自殺したのは部下の中傷が原因として、神奈川県に住む遺族が国の遺族補償給付金不支給処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁(白石哲裁判長)は20日、処分を取り消す判決を言い渡した。原告側の川人博弁護士によると、部下の嫌がらせが原因で自殺したケースで、労災と認めた司法判断は初めて。・・・・・・遺族側は労災と主張したが、渋谷労働基準監督署は03年10月、「脅迫されていたことは事実だが、男性の心理的負担は強くなかった」として業務と自殺の因果関係を認めなかった。しかし、判決は「ビラがきっかけで会社から糾問され、仕事も外された。部下とのトラブルなどが強い心理的負担を招いたと認められ、業務とうつ病による自殺の因果関係はある」と判断した。

☆労災としての心理的負担の認定基準がより広くなったのを受けての判断か。いずれにしても、上司であれ、部下であれ、他者に対する抑圧的な言動は繊細なまで配慮が必要な時代。

☆親しき仲にも礼儀ありということだろう。なかなか難しい。わかってはいてもつい・・・。それを許しあえる関係を築けるかどうか。この関係をつくる対話をクオリティ・コミュニケーションと私は呼んでいる。
コメント

東芝 携帯生産の見直し

2009-05-20 17:08:00 | 経済
東芝(090520)によると

当社は、携帯電話の生産体制を見直し、現在日野工場(東京都日野市)で行っている携帯電話の製造業務を2009年10月から海外のEMS企業へ委託することを決定しました。これに伴い日野工場をグローバル生産ヘッドクォーターとして位置づけ、生産管理業務並びに製造委託先での新機種生産の立上げ支援と修理・サービス業務を行う拠点とします。なお、開発・設計業務については、引き続き日野工場で行います。

☆たいていの中高生は電子辞書を持ち歩いている。それに、i-podまたはそれに準じるものも。電子辞書サイズのスーパーミニノート・dynabookは可能なのだろう。e-モバイルとスカイプ、そしてマイク付きのイヤホン。これらがあれば携帯不要。

☆実のところ携帯が不要なのかノートパソコンが不要なのか、そこはわからない時代に突入したということだろう。
コメント   トラックバック (1)

GDP年15.2%減 をどうとらえるか

2009-05-20 10:29:22 | 経済
時事通信(090520)によると、

内閣府が20日発表した1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値によると、物価変動の影響を除いた実質GDPは前期比4.0%減、年率換算で15.2%減となり、戦後最悪を記録した。

☆GDPの前期比の変化は、国民の気分にも影響を与えると言われている。

参照)社会実情データ図録

☆しかし、世界全体のGDPの3%を一国の日本が占めている。前期比のプラス、マイナスで何を一喜一憂するのかは、とらえ方の問題ではある。一方、なんか昔から個々人はそんなに景気の良いはなしは聞かない。

☆本当にGDPの前期率の変化は、国民の気分と連動しているのだかろうか。というよりも、GDPで国民の何がわかるのか?国際政治経済上の問題以外に、国民の気持ちまでわかるなんていう内閣府の世論調査は・・・。

コメント

首相にふさわしいのは鳩山代表???

2009-05-18 04:50:36 | 文化・芸術
世論調査 首相にふさわしいのは鳩山氏34%麻生氏21%(5月17日21時38分配信 毎日新聞)によると、

16日の民主党代表選で鳩山由紀夫氏が選出されたのを受け、毎日新聞は16、17日、緊急の全国世論調査を実施した。麻生太郎首相と鳩山氏のどちらが首相にふさわしいかを聞いたところ、鳩山氏との回答が34%で、麻生首相の21%を上回った。次の衆院選で勝ってほしい政党の質問では民主党が56%で、代表選前の12、13日に行った前回調査比11ポイント増となり、自民党の29%の2倍近くに達した。

☆歴史は繰り返す。しかし、それは茶番であることもある。それだけは、なんとか回避してほしい。

☆ともかくも、吉田 vs 鳩山の孫バージョンであることは確かだ。

☆戦後から60年代にかけて、両陣営のめざした「聖なるもの」「友愛」に立ち返り、それを実践してほしい。70年代以降は、そんな物語は失われたのだから。
コメント

民主党鳩山新代表の本当の戦略?

2009-05-17 08:43:08 | 戦略
☆今朝(090517)TBSのサンデーモーニングで、評論家の方々が、鳩山新代表就任について、「友愛もいいけど、具体的政策がないよなあ」と口々に言っていた。

☆「友愛なんてストレートに言うのはテレるよね」などとも。

☆なんという深慮遠謀的表現。

☆鳩山由紀夫代表自身、「友愛」というコンセプトを祖父鳩山一郎とEUの父クーデンホーフ・カレルギーの交流から生まれた「友愛革命」から継承していることを表明している。

☆しかし、クーデンホーフ・カレルギー伯爵は、創価学会との交流もある。伯爵自身は自分の汎ヨーロッパの思想を広めるために、共鳴してくれるネットワークを拡大したにすぎないだろうが、これは自民党にとっては厄介だ。

☆鳩山由紀夫新代表も、あえてそこには触れないが、「友愛」という言葉は、自民党瓦解のキーワード。公明党へのラブコールでもある。

☆つまり政権交代の嚆矢。

☆だから評論家は、「友愛」っていいねと言えなかった。本当は伯爵自身、原爆被爆唯一の国だから、日本から友愛革命ははじまるというオバマ大統領と同じようなことを言っているところこそが大事なのだが、政治がからむとそこを言うことは、民主党と公明党が接近することを促すことになる。

☆それは評論家にとっては責任が重すぎる。「友愛」の背景にアメリカ独立戦争やフランス革命以来の「自由・平等・博愛」の思想があることなど、口が裂けても言えない。けっして見識がないわけではないのだ。

☆アメリカとの片面講和以降、吉田茂は日米同盟をベースにしてきた。鳩山一郎は今のEUも射程に入れていた。南原繁は全面講和を主張。時代は2人のシゲルのうち、吉田から南原にシフトしようとしている。そこにクーデンホーフ・カレルギーの思想は、重要な政治的人脈の再編を意味するメタファーがある。

☆もっとも果たしてそうなるだろうか。評論家は勝ち馬に乗るのを鉄則としているから、下手なことは言わないのだろう。もっとも本当にそうかどうかはわからない。筆者の独断と偏見による独り言に過ぎない・・・。
コメント

橋下政策「おおさか・まなび舎」の導入率ばらばら

2009-05-16 03:44:36 | 文化・芸術
産経新聞(090512)によると

大阪府教育委員会の学力向上策は、市町村ごとの取り組み状況にばらつきがあるとされる。昨年9月に始まった小中学校での放課後補習「おおさか・まなび舎」の導入率も市町村ごとに大きく異なっている。全国学力テストの結果との関係でも「悪かった自治体ほど取り組んでいる率が高い」とは言いがたい。府教委の斡旋(あっせん)を受けて課外授業に塾講師を招いているのも豊中、池田など6市にとどまる。橋下徹知事は「現場教員の考え方の違いが大きい」とし、「一部教員が教育現場は神聖不可侵であると勘違いし、『指図は受けない』と言い張っている」と主張。知事を会長とする議員の団体「大阪教育維新を市町村からはじめる会」事務局長、神谷宗幣(そうへい)吹田市議(31)も「市町村長らの考え方が『親橋下』か『反橋下』かに左右されている」と推測する。

☆導入するかどうかは、選択の自由でよいのでは?

☆小学校の現場で、読書したり、その読んだ本について、議論したり、議論したことを書いたり(あくまで感想文ではない)、わからないことは図書室に調べに行ったり、あるいは自分たちで、絵本を編集したり、物語を書いたり・・・。

☆中学の現場では、論説文や科学的説明文を読んで、要約したり、課題論述をやったり・・・。

☆モチベーションがないっていうのは、本当のところやり方次第だろう。はじめから正解を求めるから、みんな動かなくなる。どんなことでもいいから話し合ったり、書いたりする、その積み重ねの段階で、どこかでモチベーションが浮上してくるもんじゃないかな。つまり、おしゃべりがいつ議論に転換するかをじっと待つということかなぁ。

☆大事なのはその子供の魂。仕掛けだ、プログラムだと大騒ぎして、結局機械仕掛けのように子どもを操作するようなものになったらお終い。自分の意志で、やろうとするプログラムの導入じゃないとあまり意味がない。

☆たとえば、アニメの「なると」が好きな子がいたら、とことん付き合ってみてはどうなのか。キャラに興味があるのか、武術に興味があるのか・・・。子どもは興味があることを、やがて考えるメタファとして、思考のフィルターにする。内なる基準と置き換えてもよい。

☆そのフィルターを共有できて、やっと互いに信頼関係が保てる。

☆そのフィルターを変容させ、拡大させ、普遍的な思考のフィルター=媒介項に育てていってうまくいけばそれでよいし、途中で捨てて、他のフィルターに乗り換えてもよい。

☆教師はダメだと頭から決めつけるのではなく、現場の教師の創意工夫に耳を傾けるのもリーダーシップの1つ。

☆基本は読書・対話・センス。センスを育てるには、変換だ。たとえば、絵が好きな子は、本読んだら絵に変換。音楽が好きな子は、本を読んだら音楽に変換。体育が好きなら、本を読んだら身体で表現。

☆これだとお金はそうかからないけれど・・・。もしも、そこまでやっている暇がないというのであれば、「まなび舎」を導入すればよいのでは。反橋下派だから、
創意工夫も「まなび舎」導入も、どっちもやらないというのは、おそらくないのでは・・・。
コメント

WHOは新型インフルウイルス人為説否定

2009-05-15 19:51:17 | 文化・芸術
毎日新聞によると

世界保健機関(WHO)のケイジ・フクダ事務局長補代理は14日、新型インフルエンザウイルスの起源について「自然に発生したものだ。研究施設に由来するものではない」と述べ、一部に出ている「人為的にできたウイルスではないか」との疑念を否定した。

☆いずれにしても、新型インフルエンザは、変異してきたものだろうから、その原因について、ある程度仮説は立てたい。人類の産業活動の影響はたぶんあるだろうから、今後の人類の生活環境をどうリフォームしていったらよいのか、それが問題だ。

☆もちろん、今大事なことは目の前の感染防止対策ではあるのだが。
コメント