教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

勉強が楽しくなるとは、知識を生き物に変質させるアイデアに充ちるコト

2015-04-11 11:47:11 | 
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
クリエーター情報なし
かんき出版


☆勉強というと、知識を憶えるというイメージがあって、なんともおもしろくない。

☆でも、アイデアしだいで、干物の知識ではなく、

☆生ものの知識に蘇生する。

☆その蘇生術が、クリエイティブデザイン。

☆「鉛筆」は今では、自分の考えを書くための道具という干物の知識と化しているけど、

☆サッカーボールという異質のものとつなげるというアイデア術を活用すれば、

☆そこから、ノーベル賞級のアイデアが生まれ出ずる。

☆また、セルロースに注目すれば、またまた新たな発見が!

☆干物としての鉛筆が、まるで魔法の杖さながらに生き生きとしてくる。

☆もはや生ものの知識としてアクティブになる。

☆もともと流動的で自由な状況を

☆知識として冷凍保存してきたのだから、

☆知識を解凍すればおもしろいことになる。

☆知識がこれほどおもしろいものとは!となること間違いなし。

☆本書は、知識を解凍したり、知識と知識を結び付けて

☆ケミストリーを起こす

☆アイデア方法論!

☆必見です!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教育現場で、創造力に対する... | トップ | U理論のビジョンはこんなに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事