教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

厚労省キャリア暴行か? 官尊民卑はいつなくなるのか?

2009-05-30 08:30:31 | 文化・芸術
産経新聞(090530)によると

厚生労働省の40代の男性キャリア職員が、JR千葉駅で駅員に対し暴行を加え、千葉県警から事情を聴かれていたことが29日、分かった。鉄道警察隊などによると、職員は今月20日午前8時すぎ、千葉駅でICカード乗車券「Suica(スイカ)」を駅員に見せただけで改札を通過しようとしたため、駅員が自動改札を通るように注意したところ、駅員の足をける暴行を加えた。

☆40代後半なのか前半なのか。前半なら新人類世代。にもかかわらず、まだまだ垂直権力、階級エリート、上から目線などなど、官尊民卑という憲法に反する行為が根付いているとは驚きである。

☆公務員は国民に対するサーバントであるはず。権力的・抑圧的行為やコミュニケーションは問題があるが、なくならないなあ。

☆キャリアとかノンキャリという制度を生みだす国家公務員試験制度に規定されているからしかたがないか。

☆学校化社会がこの国家試験に規定されているからたまったものじゃない。東大を頂点とする学校階層化・学校化社会の質の変容をもたらすにはいかにしたらよいか・・・。途方に暮れる。。。

☆みんなでロックを聴く?ラルクのコンサートに行く?それもよいが、とりあえず隣りの人と語り合うことか・・・。
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 池谷裕二さんの脳研究でPh... | トップ | 洋上風力発電 英シーエナジ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
公務員の暴力? (駅員のつぶやき)
2009-05-30 15:44:09
酔ってた?
暴力とは、けしからん。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文化・芸術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

公務員試験 (公務員試験ナビ)
公務員試験の受験資格や、公務員試験の特性と対策などについて