教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

アクティブラーニングにおけるコミュニケーションを学ぶ

2015-07-20 10:55:13 | 
コミュニケーションを学ぶ (ちくまプリマー新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房


☆本書が出版されたとき、対話という領域で感想を書いた。

☆しかし、昨今のアクティブラーニングの大合奏ともいえる

☆着目度に、アクティブラーニングにおいてこそコミュニケーションのあり方が重要であるのに、

☆インタラクティブや相互通行型という「言説」で終わっている。

☆かりにインタラクティブであっても、極端な話、敵対的交流や敵対的交渉は可能であるが、

☆そこはあまり配慮されていない。

☆もちろん、ファシリテーターというロールプレイが重視されているから

☆敵対的なコミュニケーションは見た目はあり得ない。

☆しかし、同調圧力などのコミュニケーションは見過ごされてしまいがち。

☆コミュニケーションのスキルとマインドについいて

☆専門的な本は山ほどで出版されているが、

☆それらをここまでコンパクトに

☆しかもただ紹介するのではなく、

☆高田流儀で統合して書かれている。

☆対話ではもちろんのことであるが、

☆アクティブラーニングという領域でこそ

☆本書は明快な方法論として大いに参考になろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« U理論のビジョンはこんなに... | トップ | 「2020年の大学入試問題」と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事