教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

教育現場で、創造力に対する自信はいかにして可能か。

2014-08-17 09:01:44 | 教育政策
クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
クリエーター情報なし
日経BP社


☆マーケティング、破壊的イノベーション、学習する組織

☆認知科学、臨床心理、エスノグラフィー、

☆コミュニケーション論、

☆ワークショップ空間と時間のデザイン論、

☆グローバル時代のエンドユーザ論、

☆ジョブス論、

☆あらゆるものが一冊に集約されている。

☆もちろん、知識の羅列ではない。

☆ビジネスと学問がばっちりリンクしている。

☆なぜビジネスと学問がリンクできるのか?

☆それはクリエイティブコンフィデンス(cf:創造力に対する対する自信)を開放/解放できるから。

☆では、なぜこのcfが生まれるのか?

☆それは、デザイン思考によるワークショップにカギがある。

☆dスクールの開催するワークショップは、

☆理論に基づいたでも理論の学びではなく

☆アクションである。

☆ワークショップのアクションを限りなく日常生活や

☆ビジネスの中で使えるようにしているのである。

☆一般にワークショップでやる気になっても

☆自宅にオフィスに戻ると

☆冷めてしまう。

☆しかし、すでに本書を読んでモチベーションがあがったことは

☆生活や仕事で活かせる。

☆ところが、本書でもそのままうまくいかない場所がある。

☆それは中等教育レベルの教育。

☆高等教育のものは表明されているが、

☆中等教育と学問をつなげるデザイン思考のためには

☆ピースがひとつかけているだけだが。

☆dスクールのワークショップは、小さな試行錯誤による成功

☆という「自己効力感」を大切にしている。

☆教育の場で、本書やビジネス研修で行われているワークショップには

☆その教育現場で行える「自己効力感」を発揮するピースが見つけられていない。

☆企業だったら、たしかに

「21世紀のもっとも革新的な企業は、従来の指揮統制型の組織から、コラボレーションやチームワークを重視する参加型のアプローチへと、変わってきた。こういう会社は、社内の全頭脳を結集させ、どこからでも最良のアイデアや洞察を集める。」

☆から、自社の商品や仕事のあり方について、越境的にプロジェクトチームをつくって、dスクールよろしく

☆ワークショップをやってみるkとができる。

☆しかしながら、中等教育レベルの教育現場で、このワークショップをそのままやっても、

☆うまくいかないのだ。

☆なぜなら「自社の商品」に相当するものが明快でないからだ。

☆もちろん、ここを明快にすることはできる。

☆それが明快にするのもデザイン思考だが、このスキルというか、

☆パースペクティブを持っている教育コンサルタントが

☆日本にはいない。

☆企業やNPO研修をそのままもってくるベンダーしかいない。

☆彼らの行うワークショップは楽しい。

☆個人的には役に立つ。

☆しかし、教育現場で、自分と生徒の関係に

☆どう活用できるか、何かピースが足りない。

☆そう教師は感じてしまう。

☆さて、では、それは何か?

☆それさえわかれば、想像力あふれる自信に満ちた教育現場が立ち現れるだろう。

☆もちろん、21世紀型教育を自前で推進し、外部とコラボ出来るコーディネーターを有している学校現場では、そうなっている。

☆そこにヒントがある!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハリポタが救う経済 | トップ | 勉強が楽しくなるとは、知識... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育政策」カテゴリの最新記事