教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

学校選択の変化(4) 栄光と聖光

2006-07-30 08:43:50 | 学校選択
◇栄光と聖光の大学合格実績の差はない。それゆえ選択の差は他にある。それはいったいなんだろう。

■2004年データ 栄光学園
浅野・聖光学院②・サレジオ学院B・鎌倉学園③・麻布・逗子開成③

■2005年データ 栄光学園
浅野・聖光学院②・鎌倉学園③・麻布・逗子開成③・サレジオ学院B

■2006年データ 栄光学園
浅野・聖光学院②・逗子開成③・麻布・サレジオ学院B・函館ラ・サール


◆2004年データ 聖光学院
浅野・聖光学院②・サレジオ学院B・攻玉社(特)・駒場東邦・桐蔭中等教育学校

◆2005年データ 聖光学院
浅野・聖光学院②・サレジオ学院B・攻玉社(特)・駒場東邦・桐蔭中等教育学校

◆2006年データ 聖光学院
浅野・聖光学院②・サレジオ学院B・駒場東邦・攻玉社(特)・逗子開成③

◇両校とも浅野・サレジオなどの共通併願嗜好に大きな変化はないが、逗子開成が共通併願校に参入してきている。サレジオはカトリック校であるから、併願選択校として、今後も変化はないだろう。ただ、浅野と逗子開成はどうだろうか。受験地政学・時政学上は浅野の位置というのは不動だと思うが、教育の質と大学の結果の一体化がパワーアップしてきている逗子開成の動向も注目したい。

◇麻布―栄光、駒場東邦―聖光という、2月1日、2日の入試併願の微妙な差異傾向も変わらない。しかし、この微妙な差異が、栄光と聖光の教育の質に大きな影響を与えているはずだ。麻布を選択する生徒の性格、駒場東邦を選択する生徒の性格が違うだけではなく、それぞれの家庭の価値観も違うからである。そもそも、この4つの学校については、合格実績の違いで選択するような学校ではない。

◇教育の内容や校風で選択する学校である。言動の破格さと内面の破格さの差異が選択のポイントだと思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学校選択の変化(3) 鴎友学園... | トップ | 学校選択の変化 (5) 麻布 »
最近の画像もっと見る

学校選択」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事