教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

最も新しい世界協学大学の誕生物語

2010-02-19 08:04:10 | 
立命館アジア太平洋大学誕生物語―世界協学の大学づくり
APU誕生物語編集委員会
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


☆在学生の50%が海外からの留学生。そんな大学は日本にはAPU以外にない。

☆この重要性がどんなものか。身近に四方八方外国人という状況にない

☆ガラパゴス日本ではピンときようがない。

☆それは一般にどんなに本で表現されても伝わりにくいものだ。

☆がしかし、イスラム教の学生が食パンを食べることができない

☆という話は、なるほどと思うだろう。

☆豚のラードでつくられる添加物ショートニングが入っている

☆パンは宗教の違いで食べられない。

☆カフェテリアの生協のスタッフが日々いかに

☆知恵を絞っているのか、それは目に浮かぶ。

☆衣食住すべてが違う中で、

☆協学を創り上げることの困難さ。

☆それを見事に乗り越えたのがAPU。

☆その物語が本書。

☆ガラパゴス日本を解放すること、

☆国際世界でリーダーシップを発揮できる人材作り

☆グローバル市民の育成・・・・・

☆どんなに叫んでも、隣人が外国人でないのに

☆どうすればよいのか。

☆現実がないところに現実は生まれない。

☆中高段階から留学生が50%はいるというような

☆環境を作らなければ、孤島化する日本である。
コメント   この記事についてブログを書く
« バックキャスティングとは?... | トップ | 生田斗真さんと高橋大輔さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事