にわとりトシ子の、君の瞳に恋してる!

『純情きらり』と『あまちゃん』が続けて見られる今年だよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっぱり変だよ、マスコミ! ~民主党代表選第二幕

2010-08-31 23:10:00 | 独り言&拾いもの


 「代表選=日本の次期首相を決める選挙」になった民主党。ほぼ同じ時期に自民党の総裁選も行われますが、政権党になるとこれほど「取り上げられ方」が違うのだから、その責任をしっかり自覚してもらいたいです。
 と同時に、無責任に対立を煽り立てているマスコミに踊らされないように! 

 今回の代表選は、宇宙人元首相の言動によって立ち上がるべきでない人物が立ち上がり、それにより皆が右往左往したあげく旧態依然の政治に戻ろうかという流れになってしまいましたが、「どちらが勝っても党が割れる」という考え方がそもそも間違っています。そんなことは普通はあり得ないし、もしそれが起こるなら起こってしまった方がすっきりします。

 マスコミはいたずらに対立を煽る記事を書くだけで、「党の代表は選挙で決める」ことになっているのに「話し合いで次期代表を決める」のはおかしいと、なぜ批判しないのでしょう? それでは、かつての自民党と何ら変わりません。その自民党にしても、故田中元首相による「院政」が当たり前に行われていた頃に、話し合いで後継者に選ばれた中曽根氏があえて選挙を行って自民党総裁=首相になり、「影響力」を最小限に留めた例があり、一匹狼だった小泉氏が選挙に打って出て世論を背景に「派閥による談合政治」に勝利してからは「選挙」の実施が当たり前になったのだから、政権与党となった民主党が「選挙」をしない、もしくはできないなら、「政権交代はやはり間違っていた」ことを自ら証明したも同然です。党が割れたら大変だとの理由で何らかの妥協が行われ、選挙が回避される「最悪のシナリオ」にならなかったことを好しとしましょう。

 「代表選」に誰が手を挙げても構わないのに、ニワトリさんが異議を申し立てたのは、今回の代表選に立候補すべきでないと自分が考えている人物が立候補を表明したからです(引責辞任したばかりなのに立候補はおかしい。「国難」をこれ幸いの理由に復権を試みたようだが、どんな国難が迫ろうとこのタイプの政治家はもう要らない)。その人物が「やはり立候補するべきではなかった」と言って不出馬を表明するなら話はわかりますが、そうでないなら選挙で問うのが当然でしょう。なのに・・・

 「話し合い」で代表が決まった方が良かったかのような見出しが躍っているマスコミ報道には、(その前から十分呆れているけれど)本当にうんざりします(「対立回避の協議決裂」と書かれていれば、その方が良かったのかと読んでしまう人もいるでしょう)。もっとも、話し合いで次の代表が決まれば、マスコミは「密室談合」と言って激しく非難するに決まっているので、どっちに転んでも同じだったのかもしれません。
 ここらで襟を正して、立候補者の資質と政策の是非だけを議論してもらいたいものです。それにしても、党内では元幹事長が優勢だと・・・「クリーンな党」はどこ行った?

追記 ~今朝(1日)の東京新聞、見出しではないのですが囲み記事で今回の代表選を巡る経緯を「これほどあからさまな権力闘争があっただろうか。民主党の小沢一郎前幹事長が代表選挙出馬という《切り札》を手に党運営の実権を明け渡すように迫り、管直人首相はこれを拒否した」と、ひと言で要約していました。かの人はマニフェストを守るのが責任だと言い張っていますが、国民の多くは「公約」だった子供手当ての全額支給や高速道路の完全無料化を切望しているわけではなく、「本質を見抜き、あきれ果てている」のが実情だと指摘し、「民主党(議員)は、民意から完全に乖離してしまったことを肝に銘じるべきだ」とはっきり述べています。「この争いに意義があるとすれば、二十年間にわたり政界の対立の軸だった《小沢一郎》を総括する好機」という意見にも賛成です。最近の円高と株価の下落をいいことに、「景気対策」と称して停止した公共事業を復活させようという動きもあり、どんなことに国税が使われようとしているのか注視する必要があるでしょう。個人的には、非正規雇用による低所得の問題は絶対に改善されなければならないと思いますが、今の生活に特に不満はありません。高度成長~バブル期を経験した人は、物質的な「贅沢」だけでは豊かになれないことを実感していると思うのですが・・・『ゲゲゲの女房』が受けたのもそこにあるわけで、少しの貧乏がいったい何だというのでしょう? 

コメント   この記事についてブログを書く
« 食っちゃ寝・・・ | トップ | 『ゲゲゲの女房』(第22週... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独り言&拾いもの」カテゴリの最新記事