にわとりトシ子の、君の瞳に恋してる!

『純情きらり』と『あまちゃん』が続けて見られる今年だよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久留里線全駅紹介 ~ 『鉄子の旅』をなぞる

2007-10-03 23:58:20 | 鉄道紀行&乗り物




あいにくの雨でしたが・・・久留里に住む鳥たち


 4時に目が覚めた。外は真っ暗だが雨は上がっている。しめしめと思いながら、昨晩(30日)のうちに握っておいたおにぎりと、ウーロン茶の入ったペットボトル(「熊本の水」を飲んだ記念に空のボトルを持ってきた)をバッグに詰めこみ、家を出た。
 4時37分の始発電車に乗って木更津に向かった。始発電車はいつも意外と混んでいる。自分のように出かける人と、これから自宅へ帰る人と、半分半分に分かれる感じ。そしてこれは初めて気がついたのだけど、233系の新型車両に乗ったのに、テープによる車内放送(日本語の後に英語で繰り返される)が一切流れない。電車は黙々と進んでいく。寝たい人の邪魔にならないように配慮しているのだろうか?
 確かに、早朝の車内アナウンスは耳障りに聞こえることが多い。通勤に使っている5時44分の電車では通常どおり「うるさい」ので、始発電車に限って車内放送を控えているのかもしれない。
 千葉まで寝ていこうと思っていたので、これはありがたいことだと目を閉じたが、コーフンしているせいか、全然眠くならない。ワクワクしすぎて昨晩から寝付きが悪かった。寝るのはあきらめて時刻表を取り出し、もう一度今日の行程を確認した。

 JR久留里線の全13駅に降りるにあたって、『鉄子の旅』の第1回と同じように降りればいいと思った。発表されてからすでに6年が経過しているが、基本的にはダイヤはそのままのはずだ。
 久留里線は、ほぼ1時間に1本の割合で運行されている。出発駅の木更津から終点の上総亀山まで順番に降りていくと、上総亀山にたどり着くまで12時間以上かかってしまうが、上りと下りをうまく組み合わせながら駅を回っていくと、思った以上に時間を短縮できる。『鉄子の旅』にしたがえば、以下の順序で回ればいい。
 木更津→ ②上総清川 → ①祇園 → ④横田 → ③東清川 → ⑥馬来田 → ⑤東横田 → ⑧小櫃 → ⑦下郡 → ⑩久留里 → ⑨俵田 → ⑫ 上総松丘 → ⑪平山 → ⑬上総亀山
 7時21分の列車に乗って、行きつ戻りつを6回繰り返したのち、16時40分に上総亀山にたどり着く計算だ。三時間は短縮できるとはいえ、普通の人は全駅に降りようとは決して思わないし、木更津から上総亀山まで片道1時間10分の行程を9時間20分かけて行くと聞かされると、「全駅下車に何の意味があるのか?」問う以前に、狂気の沙汰だと思うだろう。
 「テツ」であっても、「全線完乗」に主眼を置いている「乗りテツ」ならば、さっさと片付けて次の路線に取りかかるに決まっている。でも自分は、乗っているだけでは物足りないタイプだと、早くも気づいてしまった。乗るだけでなく降りたいのだ。もっとも、見も知らぬ駅でふらりと「途中下車」する自信はまだない。ふらりと「途中下車」できるようになるまで、実に多くの場数を踏む必要がある。経験を重ねる上で、(強制的な)全駅下車は鍛錬の場になるかもしれない。
 
 な~んて、理屈をこねていますが、鉄道に乗ること自体が好きでなければ、「全駅下車」は絶対に不可能ですね。「全ての乗りテツが降りテツとは限らない」けれど、「全ての降りテツは同時に乗りテツ」だから、何だかんだ言いながらも、乗っている時間が楽しくて仕方がないに決まっています。そうでなければ、こんなことできるわけないって!

 御茶ノ水駅で、向かいのホームに待っていた千葉行の総武線に乗り換え、千葉に着いたのが6時25分。残念ながら小雨が降っている。基本的に「晴れニワトリ」なんだけど・・・6時38分発の内房線君津行が入線してきた。




                   

 お腹も空いてきたので、ここらで朝食。シャケ&カツオブシ&梅干の黄金のトリオ+ゆで卵。五井で小湊鉄道のキハ20形たちとすれ違う。最近、女性運転士が誕生しました。また乗りに行きたいな~


     

 木更津駅の久留里線のホームでタブレット(通行票)の確認をする運転士と車掌。単線の久留里線では、上り電車と下り電車が同一線路内に入らないように、このような通行票を持った列車のみが通行できる仕組みになっている。すれ違う際に駅でタブレットを交換するのだが、こういう装置があることを『鉄子の旅』を読んで初めて知った。タブレットについて説明してみたけれど、本当のところは理解していない。誰か教えて~ 

コメント   この記事についてブログを書く
« 映鉄の誕生 ~久留里線全駅... | トップ | 久留里線全駅紹介2 ~駅よ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道紀行&乗り物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事