I LOVE HARLEY! の独り言




11月も終わり・・・2007-11-30 23:26:47
67.3Kg・・・2007-11-30 21:38:47
68.0Kg・・・2007-11-29 20:17:13
67.3Kg・・・2007-11-28 20:50:07
68.2Kg・・・2007-11-27 19:39:38
68.0Kg・・・2007-11-26 20:52:06
69.9Kg・・・2007-11-25 18:41:47
「マイティ・ハート/愛と絆」・・・2007-11-24 20:20:31
68.9Kg・・・2007-11-24 18:54:38
68.7Kg・・・2007-11-23 20:35:52
68.5Kg・・・2007-11-22 18:29:59
68.0Kg・・・2007-11-21 20:36:59
鶴橋風月・・・2007-11-21 20:29:56
「インベージョン」と「オリヲン座からの招待状」・・・2007-11-21 17:00:50
本日、当直です。・・・2007-11-20 19:42:40
67.8Kg・・・2007-11-19 19:59:46
68.0Kg・・・2007-11-18 21:02:26
68.8Kg・・・2007-11-17 22:03:06
68.2Kg・・・2007-11-16 22:27:33
68.7Kg・・・2007-11-15 22:34:18
牡蠣フライ定食とロースカツ定食・・・2007-11-15 22:29:52
67.6Kg・・・2007-11-14 20:36:08
68.2Kg・・・2007-11-13 18:43:11
67.1Kg・・・2007-11-12 20:28:49
ロースカツ定食・・・2007-11-12 13:29:32
67.8Kg・・・2007-11-11 18:09:31
やじきた道中 てれすこ・・・2007-11-11 14:36:51
67.1Kg・・・2007-11-10 18:01:14
「ボーン・アルティメイタム」と「ALWAYS 続・三丁目の夕日」・・・2007-11-10 17:39:37
67.1Kg・・・2007-11-09 20:31:09
ミックス定食・・・2007-11-09 11:41:44
67.4Kg・・・2007-11-08 21:42:26
67.0Kg・・・2007-11-07 20:34:47
フライ定食・・・2007-11-07 20:11:55
68.5Kg・・・2007-11-06 21:47:24
久しぶりのハーレー君・・・2007-11-05 22:56:19
68.2Kg・・・2007-11-05 21:15:40
本日、当直です・・・2007-11-04 18:06:45
from OGATA・・・2007-11-04 11:27:23
68.6Kg・・・2007-11-03 19:35:59
68.7Kg・・・2007-11-02 21:24:17
68.6Kg・・・2007-11-01 20:47:11


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




11月の総括です。

映画:
以下の6本を鑑賞しました。

10日:ボーン・アルティメイタム
    ALWAYS 続・三丁目の夕日
11日:やじきた道中 てれすこ
21日:インベージョン
   :オリヲン座からの招待状
24日:マイティ・ハート/愛と絆

今月は半分が邦画でした。
良い邦画が増えてきたのは嬉しいことです。
特に「オリヲン座からの招待状」は、私にとっては最高の作品でした。
来月も良い作品がたくさん封切られるようです。
たくさん見に行けることを願う次第です。

体重

1日68.6Kgから31日67.3Kgまで1.3Kgの減量でした。
ほとんど変化無し。

ハーレー君

只今モーターサイクル・スティーズにて冬眠中です。
淋しいです。
たまに会いに行かなくては。

今年もあと一ヶ月です。
今年はあと何本映画を観られるかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、トレーニング終了後帰宅時、67.3Kgでした。
本日も仕事で遅くなり、体育館到着が7時過ぎとなりました。
本日はBIG森さんとヤング森君が揃っていたので、話に花が咲きついはしゃぎすぎてしまいました。
が、やることは一通り済ませたので、楽しくかつ充実したトレーニングができました。
ちょっと周りには迷惑をかけてしまいましたが。
明日は、J1昇格を賭けたコンサドーレ札幌の最終戦です。
勝ちか引き分ければ、入れ替え戦無しでJ1昇格です。
何とか昇格して欲しいものです。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日帰宅時、68.0Kgでした。
できるだけ、腹を立てないようにしていますが、腹に据えかねることが多い、今日この頃です。
自分勝手な奴ばかりです。
この怒り、多少体重にも影響してきます。
何グラム分かな?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、トレーニング終了後帰宅時、67.3Kgでした。
煎餅断ちの成果が少し出てきたようです。
久しぶりの67Kg台前半です。
できるだけ、生野菜や果物でお腹をふくらませるようにしています。
やはり野菜が一番ですね。

ダイエットをお考えの方に一つお話します。
運動によるカロリー消費で痩せるのは至難の業です。
まず、無理と考えて良いでしょう。
運動の後、体重が落ちるのはサウナと一緒で、汗の分が減っているだけです。
ですから、一日経てば体重はほぼ戻ってしまいます。
運動で消費できるカロリーなんてほんの少しです。
それならなぜ運動するのか?
それは、筋肉量を増やして基礎代謝を高めて、カロリーを消費しやすい体を作るためです。
その他にも何とかサイクルなどいろいろ有るのでしょうが、難しいことは分からないので割愛します。
とにかく消費カロリーを増やすのは時間がかかる作業なので、まずは摂取カロリーを減らすところから始めなくてはなりません。
食事はある意味、習慣です、癖です。
野菜中心でバランスの取れた低カロリーの食事を習慣にすればよいのです。
私は以前、500mlペットボトルのお茶を仕事中に1日3~4本飲んでいました。
これではノンカロリーと言っても水太りします。
でも今は食事の時でさえ飲み物無しでも大丈夫です。
間食も同様です。
何か食べたくなったら、熱いお茶やコーヒーを飲んだり(冷たい飲み物は駄目です)、野菜や果物を食べるのです。
なるべく手がかかるように、食べたくなってからリンゴの皮を剥いて切ったり、お腹が空いてからサラダを作って食べるんです。
家族にやって貰うのは駄目です、自分でやるんですよ。
食べたいと思って直ぐに食べるのは駄目です。
上記のように少し時間をかけてから食べるんです。
最初は辛くても、すぐに慣れます。
さらにダイエットをしてることを意識するため、毎日朝晩体重計に乗ります。
そして体重を記録します。
運動はできればやった方が良いのですが、かえって過食になりかねないので、食事のコントロールができるようになってからでも遅くはありません。
あとは、とにかく続けることです。
たまに食べ過ぎて体重が戻ろうが、リバウンドで最初の体重を超えようが、また、最初からやり直せば良いことです。
低カロリーの食事が習慣になれば、そうそう体重は増えませんよ。
ダイエットを考えてるみなさん、頑張ってください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日帰宅時、68.2Kgでした。
トレーニング無しでこれくらいだと、安心します。
ダイエット始めてかれこれ10ヶ月になりました。
このままリバウンドせずに年を越したいものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、トレーニング終了後帰宅時、68.0Kgでした。
なんと昨日から約2Kg減ったわけです。
何でしょう、水分でしょうか。
たいした仕事をしてるわけでもないのですが、休日に太って、仕事で元に戻ります。
ゴロゴロしていたら駄目だということですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、18:40頃69.9Kgでした。
おっと、危な~い。
危うく70Kgになるところでした。
一日ゴロゴロしてたから仕方ありませんね。

先日鑑賞した「オリヲン座からの招待状」の余韻が未だ心地よく、本日、原作本を買ってきて読んでみました。
原作は浅田次郎さんの「鉄道員」という、表題作を含め8編を収めた短編集の中の一作品です。
わずか30数ページの作品ですが、映画を観た後のためか、イメージをふくらませて読むことができました。
「鉄道員」、「ラブレター」など映画化された作品が他にも掲載されており、映画を思い出しながら懐かしく読むことができました。
映画のレビューを見ると、いろいろな意見があるようですが、私はとても感動しましたし、切なさに涙し、終了後この映画を鑑賞して良かったという満足感で席を立ちました。
本も映画もどちらも良い作品なので、どちらが先でも楽しめると思います。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日、「マイティ・ハート/愛と絆」を鑑賞してきました。

「マイティ・ハート/愛と絆」は、2002年にパキスタンで起きた、ダニエル・パール事件というジャーナリスト誘拐殺人事件をドキュメンタリータッチで描いた、社会派映画です。
画面は、まるでドキュメンタリーの実写のようで、実際の映像を見ているような緊迫感が漂います。
しかし、少々単調な構成のように思え、メリハリのないまま終わってしまったような印象が残りました。
俳優陣はみんな素晴らしい演技で、特に夫を誘拐された妻を演じるアンジェリーナ・ジョリーの演技は鬼気迫るものがありました。
イルファン・カーン演じるキャプテンが必死で事件を追うのは、自国の複雑な立場を守るためか、純粋に被害者のためか。
素晴らしい演技でした。
しかし、話の内容が単に事実を経時的に並べただけのようで、映画的面白味を感じませんでした。
この手の、先進国が上から途上国を見下ろしているような描き方は、見終えた後、あまり気持ちの良いものではありません。
きっとテーマのある、難しい作品なのでしょうが、正直、私には少し難しすぎました。
出演者は子供にいたるまで、全く不満はありませんでしたが、物語の内容に不満を感じてしまう作品でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




本日19:00ころ、68.9Kgでした。
最近たるんでいたので、一昨日より再び煎餅断ちを始めました。
正月には結果が出るでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、トレーニング終了後帰宅時、68.7Kgでした。
本日も朝から休日出勤で、昼まで働き、その後、奥さんと待ち合わせして回転寿司を食べて帰りました。
目の前をご馳走が通ると、ついつい見逃せず、皿を取ってしまいます。
二人で25皿も食べてしまいました。
それだけ食べたら、肥えちゃいますよね。

本日は体育館で嬉しいことがありました。

ラグビーのBIG森さんと空手のマスター鈴木さんと久しぶりにお会いすることができました。
およそ7ヶ月ぶりの再会です。
二人ともベンチで150Kgを挙げていた強者ですが、BIGは首を、マスターは肩を痛め、今は抑え気味です。
それでも、体育館に到着したときBIG森さんは160Kgでスクワットしてました。
また、みんなと楽しいトレーニングができます。
最年長の大原さんは、みんなに適切なアドバイスをしてくれるベテランリフターです。
最年少の植松君は、パワーリフティングからウェイトリフティングに転向して頑張っている若者です。
指導員の林さんは、私が西体に行くようになってから、ずうっと面倒を見てくれている優しい方です。
週に3回、ここでみんなとトレーニングするのが私の楽しみです。
仕事でどんな嫌なことがあっても、ここに来ると忘れることができます。
他にも写真に写っていない、たくさんのトレーニー達がいます。
みんな素敵な仲間達です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日帰宅時、68.5Kgでした。
あぁ、生野菜をたくさん食べたい。
他のものを食べたいと思えなくなるくらい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、トレーニング終了後帰宅時、68.0Kgでした。
当直翌日とお昼がヘビーだったので、体重はこんなところで仕方ありません。
ちょっと風邪気味なのと、一週間ぶりのトレーニングで調子はあまり良くありませんでした。
風邪気味でも、調子が悪くても、トレーニングは気持ちが良いですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





映画の後、奥さんと待ち合わせて大丸8階の「鶴橋風月」で、お好み焼きを食べまた。
軽いものが良かったのですが、奥さんのリクエストでお好み焼きになってしまいました。

エビ・イカ玉、牛肉玉、塩焼きそばに牛すじ煮込みをいただきました。
とても美味しかったので、ちょっと多いかなと思ったのですが、ペロッと完食してしまいました。
本日の昼食も、大変美味しゅうございました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日、当直明け休みだったので、「インベージョン」と「オリヲン座からの招待状」を鑑賞してきました。

「インベージョン」は、ジャック・フィニィの傑作古典SF「盗まれた街」を映画化したSFサスペンスで、4度目の映画化だそうで、ウイルスもの、ゾンビものというカテゴリーだそうです。
そういえば、子供の頃テレビの映画劇場なんかで、「自分以外みんな宇宙人」的なSF映画が良く流れていたような気がします。
だから、話自体にはあまり新鮮さは有りません。
ニコール・キッドマンは、自分の周りが総て、エイリアンという恐怖と、母親としての強さを上手く演じていたのだろうと思います。
ニコール・キッドマンの美しさと息子オリバー役のジャクソン・ボンドくんの可愛らしさで、まあまあ楽しめる作品です。

「オリヲン座からの招待状」は、浅田次郎原作の「鉄道員」に収められた短編小説の映画化で、とても素敵な作品でした。
映画黄金時代から、映画が斜陽になり、現代に至るまで、激動の時代に翻弄されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛を描いた感動ドラマです。
見終えたあと、心がキュンと切なくなります。
宮沢りえさんは本当に素敵な女優さんになりましたね。
すべての出演者が皆、良い味を出していました。
お勧めの映画です。

良い邦画がたくさん上映されて、とても楽しみです。
今日も素敵な作品を鑑賞できて、良い一日になりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ