I LOVE HARLEY! の独り言




一昨日19日より本日21日まで、ビバ・キャンプミーティング2008が、美唄市農道離着陸場(スカイポート美唄)にて開催されました。
19日が仕事だったので、20日朝サーモン・ファクトリーに集合しました。
今回は、ダディー、アベさん、ナリ君、ニシヤマ君、そして私の5台で出発です。
当初は、美唄、三笠・桂沢、富良野・美瑛、旭川、と走ってから、美唄でキャンプの予定でした。

しかし、空知地方の天気が良くないとのことで、国道231号線をそのまま北上し、浜益で国道451号線に入り国道275号線で雨竜のひまわり畑を見ていこうと言うことになりました。
ところが、451号線の途中で雨が降り出し、雨竜では土砂降りになりました。
道の駅で雨宿りをしましたが、埒が明かないので雨の中、とりあえず深川に向かいました。
深川では雨が上がっており、そのまま旭川に向かいました。

旭川に行く目的は「ヴィンテージモーターサイクル・カフェ タイムトンネル」でコーヒーを飲むことでした。
無事、目的を達成できたので、今度はお腹が空いてきました。

旭川ラーメン村の「天金」で遅い昼食をいただき、明るい内にと出発しました。
ずぶ濡れだった体も、かなり乾いてきたので、美唄に着く頃にはすっかり乾燥するだろうと思っていました。
ところが会場目前の砂川から奈井江にかけて、またまた土砂降りです。
再び濡れネズミになってしまいました。
明日仕事のあるダディとは会場入り口の国道で分かれ、4台で会場入りです。
結局会場には19時近くの到着となりました。
それから日の落ちた中、ナリ君のオイル交換が始まりました。
泊まるか帰るか迷った結果、明日仕事のあるナリ君を見送り我々3人は、テントを設営することに。
その途端に、また激しく雨が降り出しました。
今回はとことんついていません。

「ピース・モーターサイクル」の皆さんが濡れネズミの我々を見かねて、キャンプサイトに呼んでくれ、食事までご馳走してくれました。
「ピース・モーターサイクル」の皆さん、本当に助かりました。
ありがとうございました。
その後、3人で深夜まで語り合い、それぞれのテントで朝を迎えました。

本日も朝から曇天で、キャンプ道具は乾く気配もなく、濡れたまま荷物をまとめることになりました。

どんな天気でも、キャンプの達人達は楽しみます。
もちろん、朝食もやっつけなんかじゃなく、きちんと作ります。

そんな達人の一人「井上の父っつぁん」が居るじゃないですか。
なんと「父っつぁん」は朝からほっけを焼いて食べていました。
すごいよ父っつぁん。

集合写真の後、会場を出て「たつみ」でもつ串を軽く食して、月形・当別経由で札幌に向かいました。


当別では一度お日様が顔を出してくれ、気持ち良く走ることができました。
朝里の「シグナル食堂」で昼食にしようということになり、石狩から銭函経由で朝里に向かいました。

石狩で給油している時、とても綺麗な「CB750FOUR」を見つけたので、写真を撮らせてもらいました。
とても調子が良さそうで、大事に乗られている様子が窺えました。

アベさんとニシヤマ君は「シグナル食堂」は初めてでしたが、とても気に入ってくれました。
お母さんは、息子のような我々を気に入ってくれて、いろいろサービスしてくれました。
さらに、二人が私におごってくれました。
アベさん、ニシヤマ君、ごちそうさまでした。

久しぶりの雨キャンプでしたが、とても楽しいキャンプとなりました。
さすがに雨と寒さで体力を奪われたため、とても疲れましたが。

今回、全走行距離メーター読みで353Kmでした。
実走係数1.175をかけると、415Kmです。

面白かったぁ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« VIVAミーティング 日焼け »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。