I LOVE HARLEY! の独り言




一昨日ブレーキパッドの交換をした際、キャリパー位置の調整もしたので、様子を見るために少し走ってきました。
本日は、あまり長距離を走る気がなかったので、積丹半島をぐるりと周ってくることにしました。

国道5号を小樽に向かい、若竹交差点で道道17号臨港線に入ります。
臨港線は、北一硝子、ヴェネチア美術館、小樽運河へと続く観光スポットです。

明治維新以降、物流輸送の手段が船だった時代、北海道経済の中心だった小樽だけあって、古い大きな石造りの倉庫や商家の屋敷があちこちに残っています。
臨港線は、道道17号、454号、820号と続き、小樽駅前通りで再び国道5号と合流します。

国道5号を余市まで行きます。
写真は、忍路(オショロ)半島で、向こう側が蘭島海水浴場です。
私の一番古い海水浴の記憶です。
今でもこの時の忍路半島を鮮明に覚えています。

余市から国道229号に乗り換えて、いよいよ積丹半島です。
229号は積丹半島の海岸沿いを走るので、奇岩を眺めながらの走行です。
写真は、積丹半島のシンボルともいえるローソク岩です。

こちらは神威岩、もうすぐ神威岬です。

平日とあって、神威岬の駐車場も車はまばらでした。
神威岬を後に、229号を進みます。

神恵内、泊、岩内を通り、寿都、黒松内から道道9号に乗り換えます。
そのまま進み、長万部に入ったところで国道5号に再び乗り換え、倶知安を目指します。

蘭越、昆布、ニセコを通ります。
写真は、ニセコ連峰です。

ニセコ連峰は綺麗に見えたのですが、羊蹄山は雲がかかっていました。
倶知安でやっと、雲の反対側になり見えるようになりました。

倶知安で国道5号から国道276号、国道393号と走り、赤井川を通って毛無峠を越え、道道956号、道道1号を通り朝里で国道5号に出ます。
本日は時間が早かったので、そのままシグナル食堂に寄ることにしました。

本日は、ラーメンをいただきました。
さっぱりしていて、とても美味しいラーメンです。
懐かしい味で、私は大好きです。
こういうラーメンをずっと食べたいと思っていました。
こんな近くにあったとは。

もちろん、つぶ焼きもいただきました。
久しぶりで話がはずみ、ついつい長居してしまいました。
自宅までもう一走りです。

本日、全走行距離メーター読みで288Kmでした。
実走は実走係数1.175をかけて、338.5Kmとなります。

何だかこのくらいの距離だと物足りない感じがします。
もっと走りたい。
依存症かなぁ?

ブレーキは、効きはイマイチですが引きずりがなくなったようで、抵抗が減り燃費が良くなったような気がします。
やはり、ちゃんとした整備、調整は大事です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 海鮮とお蕎麦 地図 »
 
コメント
 
 
 
良いなぁ (DON)
2010-09-16 12:58:33
平日の走行は大型トラックが少し多めですが、走りやすいですよねー。
シグナル食堂、我が家もあれから行っていません。
行きたいなぁといつも思いながら。
 
 
 
DONさんへ (flhsakai)
2010-09-16 20:27:50
そうですね、やはり平日の方が走りやすいですね。
大型は少し多めですが、私が苦手なのは二輪ですね。
わが愛車で、新しい単車を追い越すのは気が引けますから。

何だか忙しくて、シグナル食堂に行ったのは、今年2回めです。
お父さん、お母さんと話をすると元気になります。
お店を始めて、33年になったそうです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。