Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

レバノン風にインド風 そして?混ぜこぜベジタリアン料理

2018-09-28 04:36:23 | 野菜 ベジタリアン料理 Légumes

このお料理は7月に次女のお産の後パリから戻った時に作りました。遅ればせですが美味しい献立だったのでご紹介致します。

同じくラロシェルに住む義妹とは日曜日に我が家で一緒に食事をする習慣になっています。週に一度は家族の情報交換会話を楽しみます。

ところでパリ滞在の際には立ち寄るレバノン料理のレストランがあります。お客さんにレバノン人が多い美味しいレストランです。7月の次女の家滞在中も 長女の家族にも会いたく渡したいものもあり時間を調節してこのレストランでランデブーしました。その影響でしょうか帰宅後即の義妹を招いての日曜の昼食はベジタリアンの彼女にこのようなお料理になりました。


メッゼ

上から時計回りに   

  *ミニトマト,

  *赤いふだん草の茎とひよこ豆のカレー

  ⁂赤ピーマン、グリーンオリーヴ、アンチョビーのペースト ディップ

  *胡瓜

  *黄色いビーツのマリネ

  *赤いビーツのマリネ

  *トルティアチップス(市販のもの)

  *フムス

  *そして中央は黒オリーヴ(庭で取れた自家製のもの)

 

赤ピーマン、グリーンオリーヴ、アンチョヴィーのペースト ディップ

以前レシピを入れたのですがコピーしておきます。家族の好みでよくリクエストされるものです。茄子を入れずその分赤ピーマンの分量を多くしても宜しいです。

   材料 

 *赤ピーマン オーヴンで焼いて皮を除いたもの 200g

 *茄子 やはりオーヴンで焼いて皮を除いたもの 100g

 *種なしの緑のオリーヴ 100g

 *大蒜 1-3片 微塵切り わが家は大蒜が好きなのでついたくさん入れてしまいます。お好みの量で。

 *エシャロット 大1 微塵切り

 *アンチョヴィー 5

 *タバスコ(我が家は私の自家製の唐辛子ペーストを使用しますが)好みの量

 *オリーヴオイル 大3

 *レモン汁 少量(お好みで増減してください)

 *胡椒 塩はオリーヴにアンチョヴィーが入るので最後に味を見る時点でご調整を

  作り方

全部を瓶に入れハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜる。

トーストパンに塗って食べても美味しいです。

 

フムス

これも以前レシピご紹介してありますが 作り方はそのたびによく変わるのですが(苦笑)この日のもの

    材料

  A ヒヨコマメの茹でたもの 230g(ビオの茹でたひよこ豆の缶詰め利用 水を切りさっと冷水で流す)

  A Tahin(すり胡麻のペースト) 大2                 

  A にんにくの擦りおろし 1ー2片 

  A レモン汁 半-1個 好みの酸味で

  A 塩
  A 胡椒

  A クミン

  Bオリーブオイル 大1・・・・・

  パプリカ

    作り方

 Aを ブレンダーまたはミキサー滑らかになるまで攪拌しオリーブオイルを少しずつ加えながら好みの柔らかさに仕上げる。

 器に入れたら上にパプリカを振りかける。

赤いふだん草とひよこ豆のカレー風味

さっと湯がたビーツの茎の部分、ひよこ豆を 玉葱、大蒜、生姜の微塵切りとガランマサラの風味で仕上げたもの

軽く焼いたビーツのマリネ

生のビーツ お料理上手な私の大切なプログのお友達Mchappykunさんの生のビーツのオーブン焼き美味しそうなので真似させていただきました。

下にMchappykunさんのレシピを記します。

*ビーツのロースト
耐熱皿に皮付きのままのビーツを入れ、大匙3ほどの水を加える。アルミホイルをピッタリかぶせ、所々に穴を開け、450度F(230度C)に温めたオーブンで、40〜60分(大きさによって加減)ローストする。途中で水が無くなったら足す。*

フランスでは低温170度で1時間半から2時間 または180度で1時間半と出来上がりは柔らかくごく甘みも強いものです。

主人は生のビーツ 卸したサラダなら食べるけれど(最近レモン汁を聞かせたものならやっと食べるようになりました)フランス市場で売っている焼きあがっているビーツは嫌いです。ビーツはどちらかというと食べたくないという人。

何故作ったかというと義妹はビーツ大好き。招待客優先。彼女の家に招かれると必ずというくらい出てきます。おかしなことに主人黙って美味しそうに食べているのですよ。

この日は40分ほど 少しアルダンテ気味に仕上げました。

同じく軽く焼いたビーツのマリネ。異なるのは黄色のビーツ

レモンを効かせて後は塩 胡椒とオリーブオイルの(少し大蒜を聞かせました)シンプルな味つけで美味しく頂きました。

Mchappykunさん素敵なレシピ有難うございました。

丸いズッキーニのファルシー

レバノン料理ともインド料理とも全然関連がないのですがまあるいズッキーニがあったので作ってみました。

 これは家庭の戸棚によく買い置きのあるツナ缶で作ったものです。ココナツを入れてエキゾチックに作るのが私風。家に何もない時でも美味しいお料理が出来上がル例の一つです。

今日は話が長くなってきたのでまたの機会にレシピを載せることに致します。

隠元、じゃが芋、平茸のインド風ソテー

これはインド料理の本を読んでスパイス真似して作りました。これもレシピ省略。

ファルフェル ヨーグルトソース

このレシピもご紹介済みなのですが またまたコピーを載せてみます。

   材料

 *乾燥ひよこ豆 250g(一夜 重曹を少し入れた水で戻す)
 *玉葱 大1 微塵切り
 *パセリ 一束 微塵切り(本当に沢山使います)
 *じゃが芋 大 2(250-300g)ゆでてつぶした物(これは軽くしたいと思ったから 普通は入れません)
 *大蒜 3-4片 微塵切り
 *小麦粉 30-50g(捏ねた時の具合でご調節下さい)
 *クミンパウダー 小1 好みで+
 *チリパウダー 小1 好みで+(生の唐辛子の微塵切りだと更に香ばしいです)
 *塩 
 *ベーキングパウダー又は重曹 小2

   作り方

水を切ったひよこ豆に玉葱 大蒜 パセリ 香辛料 を加え 何回かに分けてフードプロセッサーで滑らかなピューレー状にする。じゃが芋のつぶした物とベーキングパウダーも混ぜる。

掌で綺麗なお団子に形成。ぬるめの油でじっくり揚げる。
揚げ油の匂いも殆どしないし 油を吸収する事もなく(油減りませんでした)からりと揚がります。

多目に作って冷凍する事もできますよ。
じゃが芋を入れたのでとても軽くなったと思います。

ヨーグルトソースは

 ヨーグルト、マスタード、塩、胡椒、一つまみの砂糖、レモン汁、オリーブオイル少量、パセリとミントの微塵切り

以上を混ぜたものです。

 チーズナン

 

ピタパンは作ったことが無いので作り慣れているナンにしました。

主人はナチュラルのものが言いと チーズを入れるなんて番外だと主張していましたが 先頃チーズナンが流行 入れるチーズを買ってしまったので無視してチーズナンにしてしまいました。(笑) 美味しかったです。

ナンを作るというと我が家のメンバーは皆チーズナンにしてねと言いますし・・・・・ね。

このレシピも又他の機会にご紹介したいと思います。

今日は本当に長くなりました。御免なさい。

 

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (10)

ごく素朴な無花果ケーキ

2018-09-26 05:14:51 | デサート desserts

我が家の無花果の木は毎年例外なく本当に沢山の実を付けます。あまりに大きくなったので時期遅れに素人の私がかなり厳しく剪定した昨年はいつもより少なめの収穫でほっとしたのですが今年は例年より小粒甘みの濃い無花果がそれは沢山 お料理にスイーツに色々活用しています。

(というか現在家を離れているので活用していましたという方が正確でしょうが。)無花果は傷むのがとても早いので 忙しさの合間に何瓶かコンフイチュールも何瓶か仕込んできました。

今日ご紹介するのはフレッシュな無花果が沢山入った素朴なケーキ。バターの代わりにオリーブオイルをそれも少量使用したものです。無花果にはオリーブオイルが本当によく合うと思います。おやつ時に気取らないで食べたいケーキです。

以前にも少しアレンジした(砂糖、油など控えたもの)レシピご紹介してあります。(此処にその無花果を使用したケークシュークレ、サレ、ピザの詳しいレシピ 私のオリジナルをアレンジしたものが載っていますのでご覧ください。今日はオリジナルのレシピで作ってみました。

その他に 赤ワイン ジンジャー風味の大人の味無花果ケーキ のレシピも宜しかったらどうぞ

 

 

   材料  直径24cmの型

 *小麦粉 125g

 *塩 一つまみ

 *カソナード砂糖 100g

 * コーンスターチ  1/2 袋 5、5g

 * 卵 2

 * オリーブオイル 25g (大匙1+ 小匙2)

 * 牛乳 50g

 * 無花果 500g (もっと入れたかも)

 * シナモン

 * アーモンドパウダー 30g

 * アーモンドスライス 30g

   

   作り方

1 無花果とアーモンドスライスを除き全部滑らかになるまでかきまぜる。

2 無花果を大きさにより2つ又は4つ切り。皮をして均一に載せる。

3 アーモンドスライスを散らす。

3 185度に熱したオーヴンの中で30-40分ほど焼く。

 

以前に作ったものは砂糖も油分も控えめでしたが このオリジナルの分量でも決して多い分量ではないし この油の分量でしっとり美味しくできました。普通の甘み加減に仕上がったと思います。以前ご紹介したレシピと比べお好みでご判断ください。

 

さてさて長女23日の日曜日に出産予定だったのですが2日過ぎてもまだ気配がありません。

今日25日は満月で期待していたのですけれどね。

一緒に毎日長い上り下りの坂道の散歩をしているのですけれどね。

早く顔見せてねと撫ぜ撫ぜしながら囁いているのですけれどね。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (6)

次女が産院から帰ってきた日の献立

2018-09-24 05:25:13 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

もう2か月以上前になりますが 妊娠中通してお産がすんだら絶対に食べたいから作ってねと注文されていた料理です。何しろお刺身をはじめとする生の魚貝類が食べたいと言い続けていました。

地元なら信用できる行きつけのお魚屋さんは何軒もあります。でもパリでそれも妊娠を機に住所を変えた彼女の住む界隈のお魚屋さんなど私が知るはずもありません。

次女の要望でお産の2週間前から滞在していたので暇のある時新鮮なお魚を扱っている店はあるかどうか見て回り歩いても遠くない地下鉄1つ先のお魚屋さんは良さそうと眼を付けて置きました。

私の好きな黒鯛は無かったけれど本鯛を2匹、白鮪,鮭、鯵を買って帰宅日のお昼に夜にお刺身風の献立のお料理を作りました。

まずはお昼から

鯛と鮭のお刺身盛り合わせ

この日は白鮪しかありませんでした。こちらでいう thon blancという魚。赤鮪とは異なるけれどさっぱりしていて美味しいです。日本のように柵ではなく切り身なので形をそろえて切ることができなくて悲しいのですが。

鮭はグラブラックス仕立て。私は鮭は生々よりこの方が好き。家族も同様。

幸せなことにお魚屋さんの隣の八百屋さんで大根を見つけました。切り方が荒いのはご愛嬌とお許しください。(苦笑)

コーリアンダーを散らしました。

鯵のタルタル アボカド添え

 鯵のタルタル

 *鯵 サイコロ切り

 *葉付き新小玉葱、大蒜、生姜 の微塵切り

 *コーリアンダー

 *レモン汁

 *塩、胡椒

 *オリーヴオイル

以上を混ぜて冷蔵庫で1時間ほど馴染ませる。

ミニトマトとアボカドを添えました。アボカドにはレモン汁と以前ご紹介したゴンババの香りのオリーヴオイルをかけてあります。

鯛のかぶと煮

頭は2つ切りの普通のかぶと煮 酒と生姜が効いています。

さやいんげんの胡麻和え

地元で手に入らない黒胡麻 パリで見つけて嬉しく購入 即使いました。

冷ややっこ

フランスビオのお店の絹ごし豆腐ですが とても美味しく家に居るときにも愛用しているものです。

 

夕食

鯛の刺身

アボカドと鯵のタルタル

さくらんぼ

鯛は三枚に卸し昆布(フランス ブルターニュ産のもの)で半日〆て置いたものを削ぎ切り

鯵とアボカドのタルタル

  上記の味のタルタルと同じなのですがアボカドの角切りも加えてみました。

もう季節が終わってしまったと思っていたさくらんぼを見つけ孫用に。(2歳の孫にはタイのお刺身をさっとバターで焼いて出しました)

大根の煮つけ

お昼の鯛のかぶと煮の美味しい汁が残っており そして大きな大根を購入したので大根を湯がいてからその汁の中でじっくり煮込みました。

大根は太く大きい割にはみずみずしく灰汁を抜くことなく普通に湯がいただけです。

鯛の潮汁

鯛の中骨とあらを利用 昆布だし(鯛を〆た際の昆布利用)の潮汁です。

大根が残っていたので残すことなく使おうと千切り大根も入れてしまいました。お豆腐と。

柚子が無いのでレモンの皮を載せたのですが写真には見えませんよね。

大根の煮つけと潮汁は予想外に次女、婿さん共に好評でした。彼はことに潮汁のブイヨン(汁)の味がとっても美味しいと言っていました。

病院から帰ったのは7月14日 パリ祭の日。カップルは新生児に 私は2歳の孫に振り回され皆疲れ切ってしまい花火の音は夢の中で聞きました。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (8)

小烏賊のファルシートマトソースと無花果

2018-09-22 06:49:29 | 私のプログの料理一覧表

 

ご無沙汰しています。今年の夏は2人の娘達 それぞれ2人目の出産。娘達二人にそろって前後3週間ずつの滞在を要望されました。

次女は7月11日に無事に元気な男の子を出産。長女と言えば23日の日曜に出産予定 現在ランブイエに滞在付き添い中です。

8月は2人の娘達の家族各々10日間程の滞在がありました。

お料理は大人数、孫たちの生活リズムに振り回されながら年代の異なる皆の希望に添う献立の数々をバタバタ作っていてあまり写真などとる暇も余裕もありませんでした。孫達の御守もまだ2歳と4歳で責任感もあるし気は抜けなくなかなか大変です。とっても可愛いのですけれどね。皆の滞在の合間のほっとした主人と二人の時に作ったものや気に入ったお料理の写真がいくつかあるのでご紹介致します。

小烏賊のファルシートマトソース 

無花果モッツァレラチーズ詰め

フランスのトマトは夏の終わりころになった方が美味しいものが出てきます。夏の初めのトマトは温室栽培のものが多いのです。このお料理は9月に入ったばかりのある日の献立。

シピロン(chipiron)というこの土地の近海で獲れる柔らかい小烏賊と美味しいトマトの組み合わせ。我が家のたわわを通り過ぎるほど沢山の収穫のある季節初めの無花果を添えてみました。

今日は大きなトマトではなく小さなビオのペティトマト使用。大きなトマトなら皮を剝くのですがそのまま皮ごと使いました。主人は皮もアクセントになって美味しいと言っていましたけれど ・・・・・

前にもこのお料理ご紹介したことあります。此処をご覧ください。おかしなことにこの記事も長らくお休みした後初めて書いた記事。無花果との組み合わせも同じ。毎年季節の献立は同じそして我が家夏は家族の滞在で忙しいのだなーとあらためてて可笑しく思いました。

材量(ことに分量)と作り方は大雑把に

 材料

  *小烏賊

   詰め物

  *小烏賊の脚、エシャロット、大蒜、生姜、パセリ 皆微塵切り

  ⁂塩、胡椒

   ソース

  *ペティトマト 大きさにより2または4つ切り(または普通のトマト皮を除いてざくぎり)

  *玉ねぎ、大蒜 微塵切り

  *白ワイン 少々

  *オリーヴオイル

  *グリーンオリーブ

  *ローズマリー、ベーリーフ

  作り方

 1小烏賊は綺麗に洗い皮を剝き上の材料の中身を詰め楊枝で止める。

 2 ソースはオリーブオイルを熱し玉葱、大蒜をしんなりなるまで焦げないように炒めトマト、オリーブ、白ワイン、ローズマリー、ベーリーフを加え煮込みます。今日はトマトの量が少なかったのであまり煮込まずまだトマトの感触がある位にとどめましたがトマトソースのお好きな方はもっと多めのトマトで煮込んだソースをお作りになっても宜しいと思います。

ベーコンやチョリソーを加えるとこくが出るのでお勧めです。

 3 しつらえた小烏賊をトマトソースの中に入れて小烏賊にさっと火が通るまで煮込む。15分位でしょうか。

 (フランスの烏賊のトマトソース煮込みの時間は長いです。柔らかさを超えて固くなり、そのあと煮込み続けて再び柔らかくなるまで煮込みます.美味しい烏賊の味が抜けてしまいあまり好みではありません。 )

  無花果のモッツァレラチーズ詰め

無花果は下手の部分を切り7部程度に4つ切りに包丁を入れる。

中にモッツアレラチーズ(水牛のもの)を入れ(好みでもっと大きく切ったものを入れても)ローズマリーを振りオリーヴオイルを少量振りかけ200度のオーブンで10-15分ほど焼く。

ガリガリの引き胡椒を利かせると美味しいです。チーズが入るので塩は無くとも。(水牛モッツァレラチーズは他のチーズに比べあまり塩味はありませんが)

 牡蠣と無花果のオードブル

この日は久しぶりに主人と二人でゆっくりした日曜日だったのでオードブルに牡蠣を開きました。当地の夏の牡蠣は美味しいです。9月上旬で 真夏の暑い盛りの牡蠣より少しさっぱり上品な味。

無花果の一口大のカナぺを添えました。

トーストパンの上に薄切りの無花果を載せその上にほんの少しのロックフォールチーズを載せたもの。ほんの少しは私の好み、無花果の甘さを引き出すために・・・・・

 

朝の長女の疲れた様子でお産今日始まるかな?と思っていたのですが午後から持ち直し。明日は沢山歩くと言っています。

来週は孫の幼稚園の送り迎え給食を食べないので1日4回の往復忙しくなるでしょうが暇を見て更新したいと思っています。宜しくお願い致しますね。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (10)

カポナータを始めとする婿さんの料理

2018-07-06 23:29:14 | 私のプログの料理一覧表

現在パリの次女の家に滞在中。料理上手でグルメの婿さんなので頼まれた時以外には手を出しません。

毎晩作ってくれる美味しいお料理少しばかりご紹介致しますね。

レモン蒸し鱈とカポナータ

カポナータはシシリア料理ラタトゥイユに似ていますが茄子が主体 オリーヴ、ケーパー、セロリに勿論トマト。ピーマンは入っていたり無かったり。ビネガーと隠し味の砂糖で味を整えます。

温かく又は冷たくどちらも美味しく頂けます。この晩はとても暑い熱帯夜 レモン味の身の厚い鱈の背の部分の切り身を蒸しあげたものに冷たく冷やしたカポナータが添えられていました。

レシピは秘密もあるでしょうからそのうち私が作ってみてからご紹介したいと思います。

よく出てくるオードブル

西瓜のライムゼスト風味

 

 普通の冷たく冷やした西瓜なのですがライムのゼストを散らします。シンプルですが絶対に美味しいです。西瓜素敵に変身します。

暑いこの季節の美味しいオードブルと思います。

ルッコラ入りリゾット 焼きグリーンアスパラガス載せ

爽やかなレモンの香りとルッコラの個性のリゾット。ほどよいアルダンテ仕立。グリーンアスパラガスは縦に2つ切りガーリック入りオリーブオイルを熱したフライパンで炒め焼き やはりアルダンテ とても美味しかったです。

 

セロリとジャガイモの冷スープ

 セロリ軸とジャガイモベースの冷スープ。セロリの分量が上品 中に生の小さな角切りの胡瓜のシャキッとした歯応えが新鮮です。パルメザンチーズの大き目なスライスがぴったり。クミンのほのかな味付けを感じました。

作って貰って頂くのは何が出て来るかのサスペンスも加わり毎日楽しみにしています♪♪♪♪

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (8)