* Fleur-de-lis *

† Je t’aime....†

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オペラ座の怪人

2005-02-06 | Cinema


昨日、オペラ座の怪人(原題:The phantom of the Opera)を見に行ってきました
今日は、この気持ちを一体どうやって表そうかとずっと考えていたんだけど、なかなかピッタリな言葉が見つからないです

とにかく素晴らしい!!! Wonderful! Great! Fantastic! Marvelous! Incredble! Amazing! Fabulous! Beautiful!と思いつく限りの賛辞の言葉を並べても、足りないくらいです劇中のラウルのように、Lilyもその場に立ち上がって、`Bravo!!!!`と拍手を送りたい気持ちでいっぱいになりました

オープニング。あの有名なテーマ曲が鳴り響く中、モノクロの映像が表す寂びれたオペラ座の埃が吹き飛ばされ、あの悲劇のシャンデリアが再び天井高く上り、かつての美しいオペラ座が姿を現す様は、まさに鳥肌もの一度、かつての美しいオペラ座が姿を現すと、そこに現れるのは豪華絢爛なセットと衣装の数々見ているだけで幸せな気分になります

Lilyは実際に見に行くまでにいろんなサイトでレビューを読んでいたのですが、そこで目立ったのが、ファントムの歌声が高すぎてイメージと違うと言う意見でした。でも、Lilyはこの作品に対する前知識が0に等しかったのが良かったのか、そんな違和感はまったく感じませんでした。それどころか、色っぽくて、自信に満ちているようで、でもどこか切なくて、また哀しみに満ち溢れたファントムの歌声に魅了されてしまいました演じるジェラルド・バトラーは、主演3人の中で唯一、歌の経験がないとか・・・嘘でしょー!!って感じですLilyは楽器も弾けないし、楽譜も読めないし、音楽に関してはまったくのど素人だから、技術的なこととかさっぱりだけど、ファントムの歌声からはファントムの孤独・哀しさが痛いほど伝わってきました今でもサントラで曲を聴くたびに、その思いが呼び起こされますちなみにファントム役のジェラルド・バトラー、歌声以外もとってもステキです

そしてクリスティーヌ役のエミー・ロッサム。撮影当時16歳だなんて本当に信じられない!!16歳でこの色気は反則だよクリスティーヌの可憐で、でも色っぽくて、どこか強さを秘めている歌声も本当にステキでしたずーっと聴いていたいと思わせてくれます

前半は、カルロッタを中心に笑える場面もあったりするのですが、後半になるにつれて、ファントムの謎が少しずつ紐を解かれていき、終盤は涙がぽろぽろ
あまりにも哀しすぎました

ファントムはただ愛を求めていた。
ただ、ただクリスティーヌの愛が欲しかった。
猿のオルゴールが奏でる`Masquerade`(マスカレード)とファントムの涙…
お願い…クリスティーヌ行かないで…ファントムのそばにいてあげて…と祈らずにはいられませんでした。
こうやって書いていても、思い出すとなんだかうるうるしてきます

モノクロの世界が映し出すクリスティーヌのお墓に供えられた真っ赤な一輪の薔薇。
ひたすらクリスティーヌに向けられたファントムの愛。
それは何十年経ってもあの深紅の薔薇のように決して色褪せることはなかったんだなぁ…
あの後、ファントムは一体、どんな人生を歩んできたんだろう…
クリスティーヌのいない人生を…

そして年老いたラウルが、クリスティーヌのお墓に供えるあの猿のオルゴール。
時折、挿入されるモノクロの世界の年老いたラウルの表情…
ラウルはラウルで、きっとすごく苦しんだんだろうな…

やっぱり、どう言ったらいいのか、どんな言葉を使ったらいいのかわからないです。
とにかく見て欲しいです。
ミュージカルが苦手な方はダメかもしれませんが(全体の3分の2、あるいは4分の3くらい歌によって進んでいきます)それ以外の方は、ぜひぜひ映画館に行ってみてください。
後になって、映画館で見ておけばよかったと後悔すること間違いなしです


コメント (14)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« Regret | トップ | Can we not talk about my fa... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして~♪ (アルケミスト)
2005-02-06 23:31:04
はじめまして~♪

TBされてたのでフラフラ~と遊びに来ました

舞台版の特にオリジナルとかでは、ファントムの声は・ラウルよりはより高い声の方が歌ってらっしゃいますので、それほど違和感はなかったですぅ。

ちょっとあまりにもロックっぽくてびっくりはしたけど、頑張ってるな=って思いました。

舞台装置も衣装もその世界観も素晴らしいですよね~?!

私からもTBさせて頂きますね~♪
TBありがとう! (しゅ~る♪)
2005-02-06 23:54:52
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

TBありがとうございます。

同じような感想をもちました

ほんと、すばらしかったです。

舞台も是非、みたいと思っています。
TBありがとうございます(^-^)ノ (Yuri#)
2005-02-07 00:15:21
わたしも観にいって5日。どんどんと自分の中でいろんな想いが生まれてきてます。

観た後でなお、わたしの中で成長していく3人(ラウル、ファントム、クリス)の想い。

確かめたくて、また火曜日に観に行ってきます。



想像以上に深い。観た人にいろんなものを投げかけてくる。今度は何も感じられるのか、今から楽しみです。

こちらもTBさせていただきました<(_ _)>

はじめまして! (aki)
2005-02-07 00:20:07
TBありがとうございます!

こちらからもTBさせていただきます。



よかったですよね~!!

ズシーンと迫力の映像と音楽と歌!!!

素晴らしかったです
TRBありがとうございました♪ (soratuki)
2005-02-07 00:45:21
はじめまして!(^^)!

TRB 有難う御座いました。

え?ファントム役のジェラルド・バトラーは!!

なんとっ!そうだったんですか~~??

それにしても メッチャ 迫力満点の

オペラでしたね。

原作&劇団四季の舞台

読んだ(観た)コトが有るのですが

今回の映画版 ファントムに関しては

舞台のファントムより原作に近い気がしました。

観たくて仕方なかった作品だったのですが本日

やっとこ鑑賞する事が出来て。

まだ 余韻が残ってる気がします。

(それほどの迫力がありましたよね♪)



コチラからもTRBさせて頂きました。

はじめまして (coropy)
2005-02-07 01:06:27
TBありがとうございます!

私はミュージカルでも観たことがあるけれど、決してファントムの声は嫌いじゃないかなぁ

しかもロックっぽく歌うところとそうでないところがあって、それもジェラルド・バトラーのファントムという感じでかえって好印象でした!



Lilyさんの- Fleur-de-lis -をMY bloglistに載せてもいいかしら?
TBありがとうございます (nicoco)
2005-02-07 04:26:35
素晴らしかったですね!当分他の作品を観る気にならないほど好きです♪(〃∇〃) 又遊びにこさせていただきます♪
TBありがとうございました! (alex)
2005-02-07 09:57:11
初めまして。

TBありがとうございました。



私も物語が進むに連れて切なくて哀しくてたまりませんでした。

拒絶されることに慣れていたファントムが唯一つ受け入れられなかった拒絶、クリスティーヌからの。

ただ、彼女を求めるファントムが切なかったです。



ジェリー(ジェラルド・バトラー)は、高校時代ロックバンドを組んでボーカルやってたそうですよ(^^)

確かに「オペラ」という歌い方ではないけれど、だから余計にファントムの心情が表われている感じがして私はとっても好きです。

舞台のオリジナルキャストも好きですが。



お墓に添えらた1輪のバラ。ファントムの色あせない愛を再確認した気分になりました。



こちらからもTBさせていただきましたm(__)m
ありがとうございます!! (Lily)
2005-02-07 18:04:26
みなさん、TB&コメントありがとうございました

TBさせてもらいながら、みなさんの感想を読ませてもらって、こんなにもたくさんの人を感動させているこの映画は改めてすごいなと思いました



まだまだ興奮冷めやらぬ感じで、あれからサントラをエンドレスで聴いてます

そして近々、もう一度見に行こうと思ってます
TBありがとうございました~ (MoonDreamWorks)
2005-02-07 22:29:41
クリスティーヌがファントムの仮面を取った瞬間、彼女にはショックしかなかったのですよね~

気持ちは分かるけど、私は悲しかったですね~

ジブリ作品だったらきっとこう言うでしょう(笑)~



「あなたは美しいわ}」って、



あんなにあのファントムの声に憧れ慕っていたのに・・・



天使だと思っていたギャップが大きすぎたのでしょうか~

それとも彼女にはマダム・ジリーのように周囲からかばってあげるほどの広い心がなかったのでしょうか~



ファントムが可哀想すぎて泣けましたぁ~{/kaeru_cry/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Cinema」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

オペラ座の怪人(^^♪ (Movie Lovers)
  公式サイトオペラ座の怪人公式blogサイトオペラ座の怪人@映画生活☆☆☆☆半この☆は私的には、観るまでの期待度に比例してます。客観的に映画を観る人もいるだろうけど、私的には観るまでに期待してなかったのに、以外によかったりすると☆が多くなったりしてね。(^...
★★★★★「オペラ座の怪人」ジェラルド・バトラー、エミー・ロ... (こぶたのベイブウ映画日記)
もし私が怪人だったら、淋しくて、やりきれない。この世界に、自分の理解者が、誰ひとりいないのだ。クリスティーヌへの愛が屈折したものだとしても、彼の心の傷みを思うと、仕方のないことだと思う。もう中盤から涙ボロボロ、最初から最後まで、心に響く名場面の連続で、...
オペラ座の怪人 (シネマ パラダイス♪)
実は、「オペラ座の怪人」あんなに有名なのに、舞台もみたことないので、ストーリーは、なんとなくしか知らなかったです。でも、かえってよかったのかも。。すごく感動的でした。セット、衣装、出演者の美しさと豪華さが、すばらしかったです。歌声もすごくよかった。クリス
オペラ座の怪人 (瑞原唯子のひとりごと)
オペラ座の怪人。観てきました。いやー、すごいです。芸術作品ですね。9割くらい歌と踊りなので、ほとんどミュージカルといっても良いかもしれません。最初の方の、あのシャンデリアが上がって、廃虚と化したオペラ座から華やかな全盛期のオペラ座へと切り替わるシーンがなん
「オペラ座の怪人」 (ひらりん的映画ブログ)
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、アブラ
なぜか共感してしまう、闇に棲む男の情熱的な愛 (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「オペラ座の怪人」 無垢で何も知らない少女を教え、導き、成長させ、さらには自分だけへの愛も誓わせる。昔から小説や映画のテーマに良くなる題材ですね。なんせ「源氏物
私的オペラ座の怪人評 (十六夜の月)
レイトショーということあり指定席でのんびり観ることができました。周りカップル多!!(゜д ゜)レイトショーなのに?レイトショーだから?!女独りで観てるのわたしだけですかそうですか・・・(/ω<。)しかーし!!(`・ω・´)そんな居心地の悪さも始まってしまえばNo
『オペラ座の怪人』 (Diary of Peace☆)
ラクロス同期と『オペラ座の怪人』観てきたよ! 13時10分からなのに、待ち合わせを今日の10時半すぎになってから決めた(みんな人任せだなぁ!)のでかなりあわただしかったですが・・・普通に真ん中辺の席にすわれてみれてよかったわ!! 映画は、なかなかよかったです
71.『オペラ座の怪人』 みた!!!ヽ(^o^)丿イエ~イ♪ (徒然なるままに・・・?)
{/hiyob_en/} ふっふっふっふ(×100)( ̄ー ̄)ニヤリ こんばんわ~(不気味) 行って参りましたー 『オペラ座の怪人~THE PHANTOM OF THE OPERA~』♪♪ いいですねぇー やっぱり大画面は! 本日 鑑賞した映画館ーーー実はあのっ 『踊る大捜査線 レインポーブリッジ
『The Phantom Of The Opera』  (BEAUX JUORS)
『The Phantom Of The Opera』を観て参りました~ ストーリーは・・・ 19世紀のパリのオペラ座では、ファントム(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の怪事件が多発していた。 歌姫クリスティーヌはファントムを“音楽の天使”と信じ、やがてプリマドンナへと成長するが...
オペラ座の怪人 (CinemaCoconut)
『あなたの声で私の花が開きはじめる・・』 何も考えずに・・ 夢に身をゆだねるのだ どんな熱い炎が 魂を包み込むのか・・・
オペラ座の怪人(映画) (It\'s a Wonderful Life)
初日に観てきました。僕の鑑賞前の期待度については1月25日のブログ参照↓ http://yaplog.jp/kazupon/archive/75 素晴らしい!! まず、アンドリュー・ロイド・ウエーバー版のミュージカルが好きな人なら 、かなり満足の行く出来栄えではないでしょうか。 ...
オペラ座の怪人 再び観る! (It\'s a Wonderful Life)
しかし1週間で同じ映画を劇場で3回観た!ってのは正直初めてですね。 →映画を観る前の期待についてのブログ(ミュージカル舞台版について) →「オペラ座の怪人」初見の感想。 感想にも書いてますが、決して映画として大きく完成度の高いものだとは 思っ...
「オペラ座の怪人」The phantom the Opera (Cinema,British Actors)
やっと、やっと観てきました。試写会にはどれも時間が合わなくて行けなかったから、公開を楽しみに楽しみにしてたんです。 感想は、一言で言うと「背筋がゾクゾクした」 あのOvertune。 鏡に映るthe Phantom。 ロンドン公演のCDを聴き慣れているので、ジェリー
「オペラ座の怪人」2回目感想! (Cinema,British Actors)
昨日、2回目観てきました!! そのシネコンで2つめに大きい劇場。 音響もいいから、音楽がビンビン身体に響いてきます。 歌詞も大体分かってるし、もう字幕を見なくてもいいので2度目は表情などに注目。 やっぱり良すぎる、ファントム。 そしてそして、1回目に
オペラ座の怪人 (ほな部日誌)
★★★★★  今年の前半戦は、歯痒いほどに話題作が次々に封切となる。中でも並々ならぬ期待を背負って公開日を待ちに待っていた今作品…試写の連絡が回って来た時、あと1時間半で開始だと言うのに30分悩んだ。テスト前なのにいいのか映画観て…しかしながらもう今を逃した
【オペラ座の怪人】豪華絢爛で音楽も美しい (空のつぶやき)
水曜日は映画の日。 今週もやはり映画を観て来た。 今日は、「オペラ座の怪人」。 最も有名なミュージカル「オペラ座の怪人」を完全映画化したと言われるもの。 豪華絢爛で音楽も美しく、ミュージカルの映画化としても最も成功した例といえるんじゃないだろうか。
「オペラ座の怪人」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『オペラ座の怪人』を観てきました。 怪人『ファントム』役に『ドラキュリア』『タイムライン』の「ジェラルド・バトラー」、『クリスティーヌ』役に『ミスティック・リバー 』『デイ・アフター・トゥモロー』の「エミー・ロッサム」、『ラウル』役に『アラ
「 オペラ座の怪人 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジョエル・シューマカー 主演 : ジェラード・バトラー  / エミー・ロッサム /      パトリック・ウィルソン /公式HP:http://www.opera-movie.jp/  ガストン・ルルーの原作を元に15年の時を経て、アンドリュー・ロイド=ウエーバが作曲・脚本・...
オペラ座の怪人 (映画の休日。)
1月29日。 「オペラ座の怪人」公開初日初回上映を観に行く。 ミュージカル「オペラ座の怪人」を観たことはなく、物語もさらりと流れを知る程度。 期待しないで観たことが、感動をより大きなものとしたのかもしれない。
オペラ座の怪人 (Teralinの覚え書き)
絢爛豪華、壮大なスケール、ダイナミックな音楽、凄く感動しました。おすぎさんがいっていた通り、「満足、満足、大満足!」の映画です。 詳しいストーリーは公式ページをお読みいただくとして、近頃ないほどの興奮を味わいました。今でも頭の中を音楽が駆け巡っています
「 オペラ座の怪人 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジョエル・シューマカー 主演 : ジェラード・バトラー  / エミー・ロッサム /      パトリック・ウィルソン /公式HP:http://www.opera-movie.jp/  ガストン・ルルーの原作を元に15年の時を経て、アンドリュー・ロイド=ウエーバが作曲・脚本・...
「オペラ座の怪人」DVD発売日決定! US版 (Cinema,British Actors)
「オペラ座の怪人」DVD発売日決定! 2005年5月3日!!! 「オペラ座の怪人 コレクターズエディション」 DVD3枚組! 詳細はこちら↓↓ Amazon.com:Phantom of the Opera Collector\'s Edit 注:リージョンコード 1。 日本国内専
オペラ座の怪人 (Groovy Groovers)
原題: THE PHANTOM OF THE OPERA 監督: ジョエル・シュ...
★★「オペラ座の怪人」観てきました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(モブログチャレンジ中)★★)
昨日、2本目に観た「オペラ座の怪人」の感想です! タイトル通りミュージカル「オペラの怪人」の完全映画化です。 10年前にニューヨークでミュージカルは観にいきました。 とはいっても親に連れて行かれたので寝ちゃったんですよねぇ 目が覚めたときには「オペラ座の怪
陰陽論で観る『オペラ座の怪人』(ネタバレなし) (鍼灸師のツボ日記 ブログ)
オペラ座の怪人パーフェクトガイド 行って来ました2回目。 しつこいと思われるかもしれませんが、熱い文章を今回も書きます。 前回の投稿:『オペラ座の怪人』に秘められた陰と陽 実は、先日妻が私のPCを使いアマゾンで『オペラ座の怪人 パーフェクトガイド』を勝
『オペラ座の怪人』 (Kenji\'s cafe)
先日、六本木ヒルズで映画『オペラ座の怪人』を鑑賞しました! 感想ですが、最初から感動!あまり言うとネタバレになってしまいますが(と言ってもそんな隠す事もありませんが(^^;)、冒頭のオークションのシーンでシャンデリアに掛かった布をバッと取るシーンと音楽にもう
UK版「オペラ座の怪人」DVD予約受付開始! R2! (Cinema,British Actors)
「オペラ座の怪人」DVD UK版予約受付開始!  2005年5月2日ーUK版 やっとAmazonで予約受付が始まりました。こちらからどうぞ↓↓ The Phantom Of The Opera ずっとレンタル受付ばっかりだったから、いつ予約が始まるんだ~!とイライラ。 3月になる
オペラ座の怪人 劇場 (坂部千尋のsparrow diary)
 先日(熱でぶっ倒れる数日前)ふとオフの日に突然「今日観に行かなきゃ公開中に劇場で観れないよ」と見えない何かに捕われたように思い立ち(笑)数年振りにひとり映画館して観てきました{/kaeru_en4/}  これだけ有名なお話なのでオチは知っていたのですが、それでも面白かっ
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★製作総指揮は「ミッション・インポッシブル」シリーズと同じ人(P・ヒッチコック) 15年も前から映画化の企画が持ち上がりながら、紆余曲折を経てようやく完成にこぎつけた本作。その舞台裏のそのまた裏には「インポッシブルなミッション」に挑むエグゼ
『オペラ座の怪人』’04・米・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオルガンの荘厳な響きとともに時は半世紀を遡り豪華絢爛なオ...