無料イベントスペース フレッツ@メディアスタジオブログ

三宮 ミント神戸6Fフレッツ@メディアスタジオのスタッフが兵庫県の地域情報、スタジオ情報をつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆JR神戸駅の貴賓室◆

2009-01-17 | 神戸 おすすめイベント・観光情報

皆さん知っていましたか?

▲文字盤にステンドグラスがはめこまれた丸い時計

JR神戸駅には
東海道本線終点であるため
東京駅・日光駅と3カ所しかない貴賓室があるんです。


神戸駅の歴史

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
貴賓室とは

日本では天皇や皇室が利用される部屋として
全国の鉄道駅に設置された、わかりやすくいえば
VIPルームです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

神戸駅にそんなものあったっけ??

あるんです

改札前のコンコース山側の
 がんこ寿司さんの中に


8畳くらい?の広さの部屋。
床はフローリング。
パーケットフロアーという種類だそう
 


▲扉の上部です
駅の時計と同じシリーズの
ステンドグラスがここにも


高い天井にはシャンデリアが
吊ってありました 


こちらが玉座(天皇陛下がお座りになるためのイス)
奥に暖炉も見えますね

▲高級感溢れてます!

玉座の前に説明書きが
このようにありました


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
三代目神戸駅 貴賓室
昭和9年12月5日に完成した三代目神戸駅は、
鉄筋コンクリート造りで多くの箇所をタイル貼りとした、
頑強な中にも建築美を兼ね備えた当時としては
他に比肩のない駅でした。その貴賓室として
最近まで天皇陛下行幸の際などに使用されてきました。

 昭和22年6月11日 天皇陛下兵庫県行幸
      昭和29年4月5日 天皇・皇后両陛下神戸行幸啓、
         御召列車運転
  昭和43年8月10日 皇太子・同妃両殿下神戸駅御乗車


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

▲当時の写真も飾られています
今までに3回しか使われていないんですね

この先、使われることはないんでしょうが
時代が変わって新しい店舗ができても
取り壊されることなく保存されているのはすごいですよね
 
▲がんこ寿司の店長さんが
「この照明ももう古くて点かないから球変えるか
迷ってるんですけどね・・・基本的にノータッチなんですよ
って気さくにお話してくれました


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ここだけ歴史が止まったかのような貴賓室
 神戸駅の歴史を十分に感じることのできる空間でした
気になられた方は是非


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
by キャメロン

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« キャナルガーデン★レインボー牛 | トップ | 17日のこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神戸 おすすめイベント・観光情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ステンドグラスの作り方 (ステンドグラスの作り方)
ステンドグラスの作り方を習得しよう。教会や西洋建築でも用いられるステンドグラスは巧みな技が必要となります。ネットでの無料教室もあるそうで、あの美しさを自分の手でつくってみてはいかがでしょう。