ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



 

GFLJ8/31,2014:永年にわたるUFO/ET隠ぺい工作の終了

上の動画では日本防衛庁の国家秘密文書が紹介されている。それによると1954年(昭和29年)5月1日に自民党香川連合会に届いた防衛庁の書類で、アメリカ海外調査局の支局長とおぼしき人物から防衛庁幹部に与えられた極秘の情報をメモしたものと思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(内容の一部)

54年5月1日 OSI ミスター・ヤマダ

一時CIAからの申し入れで中止されていた米空軍によるUFO情報・資料の収集が再開された。

これは国連の宇宙科学委員会の要請に基づくものとされているが、実際は最近(4月26日?)メキシコとの国境付近で原型に近い(アダムスキー型)UFOの墜落物が発見されたためである。航空自衛隊ではUFOを専門に取り扱うセクションはないのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの研究で明らかにされたようにネガティブな異星人と地球上の闇の勢力の共謀は第二次大戦前のナチスドイツへの異星人テクノロジーの提供から現在まで続いている。

 現代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。

ナチスドイツとUFO

第2次世界大戦を中心的に導いた、ルーズベルト、チャーチル、スターリン、ヒットラーのすべてがユダヤ人(ユダヤ教徒=イルミナティーのメンバー)であった事実は一般には知られていないが、実は第2次世界大戦は闇の勢力(ユダヤ金融資本)が計画したシナリオを実行しただけであり、ドイツと日本の敗戦はすべて最初から決定されていた。

ヒットラーの役目はドイツ国民を戦争に駆り立てて、日本とイタリアを戦争に巻き込んで破滅に導くことにあった。「ユダヤ人迫害」の目的は、ドイツ国民を反ユダヤ人というスローガンで統一しながら、敗戦後のイスラエル建国に寄与することにあったのであり、実際に迫害を受けたユダヤ人の被害は戦後に宣伝されたほど大きなものではなかった。これは、戦後に日本軍のアジア民族に与えた「被害」が誇張されて宣伝されたことと似ている。

1945年の終戦を前に、多くのナチス科学者がアメリカに亡命して核兵器と異星人テクノロジーの開発に参加した。エリア51などの秘密地下施設はすでに1946年ロズウエル墜落事件以前から全米各地に建設されて、ネガティブな異星人との共同研究が行われていたと思われる。

したがって、ロズウエル事件で回収された死体と生存者は、いったん秘密基地に収容されたが、すでに共謀関係にあった異星人とロズウエル生存者は別の目的で活動していたと考えられる。「ロズウエル生存者は、クローン技術で製造された生物ロボットであり、墜落事故の目的は自己犠牲的なデモンストレーションだった」と伝えられているが、まだ真相は不明な点が多い。

「アイゼンハワー元大統領が3回の秘密会議を行っていた」とされる異星人は、すでにヒットラーから引き継いだ共謀関係にある異星人とは別の、人類に友好的な銀河連邦(宇宙連合)の異星人だったのではないだろうか?

したがって、田母神氏が上の動画で否定している「日米間の密約」とは、日本政府と軍部のトップにさえ充分には知らされない極秘事項であった可能性が高いと思われる。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

◆第15 「ヒトラー=ユダヤ人」説の実態

ヒトラーにユダヤ人の血が混じっていたとの説がある。簡単に言えば、ヒトラーの父アロイスが私生児であり、ユダヤ人との間に生まれた子であったという。日本では、手塚治虫氏の作品『アドルフに告ぐ』(講談社)で、ヒトラーが実はユダヤ人だったということを題材にしていることで知られている。

 この噂は1930年、ナチ党が一挙にドイツ第2の大政党に躍進したときに、一部マスコミが彼を攻撃したために広まり始めたものであった。ヒトラー自身もこの疑惑を抱き、その年の末、ナチ党法律局長のハンス・フランクに、自分の血統を念のために極秘に調べてくれと頼んだという。すると、彼の父親が私生児であったとの事実が判明したそうだ。

 このハンス・フランクは、後にドイツ軍占領下のポーランド総督となり、ニュルンベルク国際軍事裁判で絞首刑に処せられたヒトラーの側近である。彼は死刑を待つ間に、『死に直面して』という本を著わしたが、その中で「ヒトラー=ユダヤ人」説に関して次のように書いている。

「たぶん1930年末のある日だったと思うが、自分はヒトラーのもとに呼ばれた。ヒトラーは、彼の異母兄である若アロイスの息子ウィリアム・パトリック・ヒトラーからの手紙や新聞記事に触れつつ、『自分にはユダヤ人の血筋があるという者がいるが、調べてくれ』と依頼した。
……調べてみるとアドルフ・ヒトラーの父アロイス・ヒトラーは私生児であって、その母マリア・アンナ・シックルグルーバーは、グラーツ(ウィーン南方)でユダヤ人の疑いがあるフランケンベルガー家に家政婦として雇われていた。そしてそこで赤児を生んだ。フランケンベルガーは当時19歳であった自分の息子のために、アロイスが14歳になるまで、マリア・アンナに養育料を支払っていた。フランケンベルガーとマリア・アンナの間には長年にわたる手紙の交換があったが、その手紙ではアロイスが養育料をもらう権利がある、ということが前提となっていた。私生児は母の姓を名乗るという法律に従って、アロイスは40歳のころまでシックルグルーバー姓を名乗っていた。」

 このハンス・フランクの陳述は以後、多くの著書や論文のなかで紹介されている。またこの時期のヒトラー研究家イエツインガーも、ユダヤ人祖父説を支持していた。

 「世界最大の反ユダヤ主義者であるヒトラーが、じつはユダヤ人の血をもっているかもしれないという疑いを持ったとき、ヒトラーの反ユダヤ主義は狂気そのものとなった」とか、「ナチスの反ユダヤ主義政策が常軌を逸してしまった原因は、まさにこのゆえであった」という説がまことしやかに主張されている。

 ここで、ヒトラーの両親について簡単に説明する。 父アロイスは学歴が無かったが勉学に励み出世を重ね、1875年からオーストリア・ハンガリー帝国の税関吏を務め、最終的には上級事務官まで出世し、引退後は十分な恩給を得ており、家計は豊かだった。下層階級の出身から身を起こし立身出世を遂げた努力家であったことになる。1876年、アロイスは育ての親ネポムク・ヒュトラーに一族の子として認知されたのを機に、シックルグルーバー姓をヒトラー姓に変える。

アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の父 

「ユダヤ民族の仇敵、ヒットラーがイスラエル建国の父だと?ふざけるな、キチガイ!」 はい、それで結構です。普通の方の反応としては、適正なものだと思います。戦後の学校教育の成果です。ですが、ヒットラーがイスラエル建国の父であることには、間違いはありません。ヒットラーなしには、今日のイスラエルはありませんでした。

彼は「ヨーロッパのユダヤ人600万人をガス室で殺戮した人類史上最悪の犯罪者」であると認識されています。そう認識されてはいますが、事実と合致する認識であるかどうかは、おおいに疑わしいのです。
確かにナチスは、ユダヤ人狩りを行い、強制収容所に送り込みました。しかし、その数は600万人ではなかったし、ガス室で殺戮した事実もありませんでした。「600万人」も「ガス室」も、戦後のユダヤ人に同情を集めるための作り話であり、他人様の土地にユダヤ国家を勝手にでっち上げ、パレスチナ人を殺したいだけ殺してきたユダヤ人の免罪符として、上手に使われてきた捏造神話だったのです。確かにヨーロッパのユダヤ人は、600万人減少したようです。しかし、その大半は、アメリカ 、イスラエル、ソ連に逃れました。ガス室で死んでなどいません。そんな大量殺戮のできる設備など最初からありませんでした。むしろ、戦後数年して、世界のユダヤ人口は戦前よりも増えてい るとする説もあります。

そして、アウシュビッツにはガス室などありませんでした。あるべき膨大な量の 死体を焼いた灰もみつかっていません。収容所で死んだユダヤ人はどんなに多く見積もっても100万人。 (ゴルバチョフが開示したソ連軍の資料では、アウシュビッツのユダヤ人死者の数は、ただの三万人だったそうです。)ほとんどの死因は、伝染病でした。アンネの日記のアンネ・フランクもガス室ではなく 発疹フスで死にました。「ユダヤ虐殺の悲劇」は、ユダヤとイスラエルの利益を生むためのプロパガンダでもあったのです。 

アドルフ・ヒットラーは、南米で余生を送り20年前まで生きていた? 

 ヒットラーは、1945年4月30日にベルリン陥落に際して、愛人エバ・ブラウンとともに自殺したことになっています。しかし、死体は見つかっていません。 ソ連軍が死体を焼いて埋めたという話もありますが、本人であったかどうかは、大いに疑問視されています。南米に逃れたとする噂は、60年前から流れていました。(後述のベラスコの証言では、1941年4月21日、ヒットラーは、エバ・ブラウンと一緒にベルリンの地下官邸を後にしたというのです。そして、同じ日に、ヒットラーの影武者と呼ばれた人物が、SSによってヒットラーの個室に連れてこられたのだそうです。ベラスコは、後にヒットラーの死体とされたのは、この影武者だったと記述しています。「この後、このヒトラーにそっくりな男(ヒトラーのダブル)は毒薬を飲まされ、ピストルで射殺されたという。結局、ヒトラーは自殺などせず、ボルマンによって強制的に麻酔薬を飲まされ、自分の意思に反して、ベルリンを離れることになったという……」と書かれています。最後まで、地下官邸で頑張っていたというヒットラーは偽者だったようです。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田母神・元航空幕僚長に日米間のUFO密約を問う!

昨夜のビートたけしの超常現象(秘)Xファイルで韮澤編集長が田母神・元航空幕僚長に直撃取材を敢行し、日本の持ってるUFO情報を聞きました。

短いインタビューですが自衛隊内部についていくつか知ることができます。

現在防衛庁の米軍とのUFO問題を扱った打ち合わせ資料が流出し、問題になっています。
そこで日米間にUFO密約が存在するのかをインタビューしました。

Q1:韮澤
(アメリカが無傷のUFOを入手。CIAが調査をしていたと説明後に)
このようなUFOに関する情報があることをご存知ですか?

A1:田母神
そのようなことをアメリカがに熱心に調査をしていたことは知っています。
宇宙開発が盛んなアポロ計画の頃。

Q2:韮澤
SDIと言われるスターウォーズ計画は、異星人からの攻撃から身を守るために計画されたと聞いていますがどうでしょうか?

A2:田母神
(笑って)SDIにそのような理由があるとは聞いてませんね。

Q3:韮澤
日米間にUFO密約のようなものはあるのでしょうか?

A3:田母神
私の在任中には聞いたことがありません。

(話は変わって)空軍のパイロットには目撃した人がいます。
あれは何だったんだろうと話しています。


番組の進行上は“田母神は密約については何も知らず”ということになっていますが注意して見ると多くの情報が得られます。


Q1の回答について
出回っている文章に対し、肯定的な発言だと思います。
自衛隊のトップレベルもこの程度の情報は知っているということでしょう。

田母神氏の表情が非常に硬く、慎重に言葉を選んで答えています。
主語を“そのようなこと”としたことから状況が伺えます。

“アメリカ軍が(墜落した)UFOの調査を熱心にやっていたことを知っています”と言ったらどうでしょうか。
この発言の一コマを番組のトップに使えば“田母神がUFO情報の真実を暴露”という扱いをされてもおかしくありません。

答えていますが主語、述語を曖昧にしているあたりが非常に微妙です。
その硬い表情と言いまわしから、言ってはいけない内容なのか、もしくは詳細を知らないという状況にいるため答えられないということなのかと思います。

Q2の回答について
話題が変わり、いきなりリラックスして笑顔で、答えています。
たいした問題ではないため肩の荷が下りたことがよくわかります。
Q1が、いかに重要な問題であったかがよくわかります。

Q3の回答について
最重要なトップシークレットとして密約が存在していないと想像できます。
推定の域を出ませんが、自衛隊がUFOをはっきり認識していないのであれば密約も存在しないのではないかと思います。
仮に日本にUFOが墜落するようなことにでもなればアメリカは日米安保条約のどこかの条項を元にUFOの引渡しを申し出てくるのではないかと思います。

なかなか面白いインタビューでした。

さて、番組の感想です。
大槻教授vs韮澤編集長の無意味な論争から番組らしい展開になってきたと思います。
UFO肯定側の出演者が冷静に話せるメンバーに代わり、UFOをお笑いとしない展開になったのは進歩だと思います。

ただ、せっかくの年末のスペシャル番組なのですから、もう少し捻りがほしいとことです。

流出した防衛庁資料
防衛庁の書式の用紙にアメリカとの協議の議事が手書きされたというメモが流出しています。
内容
・アメリカ軍はニューメキシコに墜落した故障していない完全な状態のUFOを入手した。
・CIAのUFOの調査は中止していたが再開された。
・日本にはUFOを調査する機関はないのかとアメリカ側から質問があった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« GFLJ9/2,2014... GFLJ)/9,2014... »