ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



VIDEO GFLJ10/1,2013:これから開始する公式コンタクトに備えてください

昨日10/1にネット上で重大なニュースが拡散された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NINE INCH NEWS9/27,2013

ワシントンからの情報-オバマ大統領は第二次世界大戦の後に全世界の大部分の政府をコントロールしたと公布しました。オバマは今朝の予定されていないホワイトハウスでの記者会見で、この驚くべき声明をしました。
「これは1950年代で始められました」オバマ大統領は驚いている記者たちに言いました。

「私たちが核分裂を発見し、核兵器を使用したため、彼らは多く地球に来るようになった」

1947年のローズウェル事件でグレイという異星人の存在が人々が知られた。彼らは公衆に初めて知られる異星人であるとオバマが言う。

「今日、グレイの姿はほぼ全ての人類が知っています」

オバマ大統領は肩をすくめて、「トルーマン大統領とグレイはファーストコンタクトをしました。技術を提供する代わりに、彼らにここで基地の建設を許したのです。その後、アイゼンハワー大統 領は大きな白人種北欧人のような異星人とコンタクトをしました。この異星人は地球人類とよく似ており、私たちの間にいても注意されないでしょう。彼らは私 たちが核兵器を放棄できれば、人類に宇宙兄弟になる啓蒙の場を提供すると言いました。しかし、残念なことに、私たちとソ連はこの申し出を受けましたが、核 兵器を放棄しないという決定をしました」

それ以来多くの異星人グループが全世界の政府を通じて核兵器の廃止の抵抗運動をしました。これらの核兵器は多次元の災難を招くためからとオバマ大統領は説明を続けました。

「異星人は長い間私たちの周りにいました。しかし、全てがUFOを乗って来ている訳ではない」とオバマ大統領が言います。

「彼らは私たちの現実の重要な特性である時間 と空間を操作することができるだけでなく、操作の一つが拘束よりも早い反重力の推進力です。もう一つは三次元の感 知を超えています。よく知られるのは遠隔視、テレパシー、アストラル旅行、分身術など色んな名前で呼ばれるものです」

オバマ大統領は頷き、少し沈黙の後、部屋の沈黙の表情を見渡しました。

「重要なのは、異星人が過去の60年の間に私たちの政府をコントロールした」と続けて言いました。

【転載】オバマ大統領が異星人による政府コントロールを認める

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでネットを通して情報の交流を続けてきた私たちにとって、これはそれほどショッキングな情報ではない。ネガティブな地球外生命体と闇の勢力の共謀関係は、1950年代のアメリカ以前のナチスドイツから続くものであることを私たちはすでに知っているからである。

VIDEOこの動画は公開です。 GFLJ4/10,2013:ETディスクロージャーの意義

これから明らかにされる真相は政府がガス湿地や気象観測気球と同列にしてUFOの実在を公表するなどというレベルをはるかに超えるものになる。さらにそれは、知 的生命体が実在する惑星が宇宙に存在するなどというレベルの話でもない。他の惑星に生物が実在するなどということは容易に科学的に理解できることである。 真相はETのスターシップが地球上空に姿を見せるなどというレベルをはるかに超える衝撃的な事実なのである。

現代に なって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、そ れは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。

人類へ の「実験」に関する協定が締結されて、ロケットを始めとする高度な推進力がもたらされた。同時にそれは人類の大量殺戮の開始でもあった。(敗戦後に)ドイ ツの科学者たちがペイパークリップ・プロジェクトを携えてアメリカに亡命し、ETとの(共謀)関係とナチス思想がアメリカ(の影の組織)に引き継がれて今日に至っている。

 これから開始するET/UFOディスクロージャーに備えてください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、オバマ大統領がETの実在を公表したタイミングに注目すべきである。これまで、主にマシューメッセージが伝えてきたように、オバマ大統領は特別な使命を持って今回地球に転生してきた光のスピリットである。一方では、アメリカ政府を裏側からコントロールする闇の勢力の操り人形として行動しながら、もう一方で公式ディスクロージャーと公式コンタクトを実現する準備を進める「2つの帽子をかぶり分けるダブルエイジェント」として活動を続けてきたのである。シリア攻撃の決断を議会に任せることで、世界核戦争を回避し、あえて政府機関の閉鎖をもたらして闇の勢力の策動を終了させた、その瞬間の声明なのである。それは、これからNESARA公布と公式コンタクト開始を実施するために不可欠なプロセスであるからである。

まだ、メディアの反応は鈍く、主流メディアは沈黙を続けているが、もはや銀河連邦はデモンストレーションを控えることはなく、公然とその姿を人類の前に現すことになるだろう。

銀河連邦日本(GFLJ)が、これから全国で開催を計画しているオープンコンタクト2013は、人類史上に重大な意義を果たすイベントとして、歴史に刻まれると確信している。

では・・✩F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェルダン・ナイドル10/1,2013:銀河社会の創造へ向かう地球人類の未来

闇のカバールは落ち目にあり、あがきの余地が如何に迅速になくなるか、彼らの立場が不安定になることをます ます恐れるようになってきています。私たちの焦点はこの現状の手詰まり状態を如何に解消し、連合に勝利を得させるかに向けられています。その後私たちは UFOの隠蔽を公に起きらかにし、最も有用な話し合いと、私たちの間での対話を始めることができます。


UFO の隠蔽についてこれから起きる変革は、私たちがついに公にあなた方と顔を突き合わせて会うことができる時になるでしょう。私たちは長い間の相互の歴史について実直に話し合いたいと思い、同じ事をアガルタ人についての当てはめたいと思っています。これらの 開放はあなた方の意識の急速な向上と完全意識への最後の飛躍のための基礎の構築を大いに加速するでしょう。


あ なた方の世界の多くの知識人が、社会が”少年時代の終焉”に面していると述べています。これはつまり、成長して成人になったこと、意識、責任を受け入れる ことを意味しますが、これが実にあなた方の社会が通過しようとしていることです。あなた方の宇宙のスピリチュアルファミリーはあなた方の急速な成長と太陽 系全体に広がる星間国家になるように運命付けられている、成熟と完全意識の社会への卒業を支援する備えをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 【転載】シェ... ロシアの声10/... »