ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



アメリカ・カナダ・メキシコ3カ国の北アメリカ連邦結成秘密会議の内容を暴露する新しい書類が発見された。新文書は、2007年の8月20-21日にケベック州モンテベールで開催された秘密サミットの記録で北アメリカ連邦結成への準備を図るものである。
New Documents Reveal North American Union PR Campaign
提供:RON PAUL WAR ROOM
関連記事
アメリカの第3党自由主義党の政治家スタン・ジョーンズは、20日の北米サミットに触れてこう語った。「北アメリカ連邦構想は、次に計画されている共産主義的世界政府への布石である。そのために、まずヨーロッパでEUが先行して実施され、次にNAUが実現するという筋書きである。」
新世界秩序への布石:北アメリカ連邦
ジョン・タイターが去った2001年までに、彼は私たちの2005年の生活を変える“嘘”について警告をした。これがその嘘だろうか?ジョンが話していたのはメキシコ・アメリカ・カナダが北アメリカ連邦を結成するという密室協議なのだろうか?
ジョン・タイター 36
参照
北米連合が合衆国に取って換わる
くり返すが、CFR報告は、議会や米国民に対しての説明については、何も語っていない。SPPの名の下に、ここで行われていることは、官僚クーデターと呼ばれるべきものだ。そんなつもりはないというのなら、北米連合を創設したいという政府の真意を、米国民が完全に知らされるまで、ブッシュ大統領は官僚の専制に歯止めをかけるべきであろう。さもなければ、北米連合は計画通りに、2010年には現実のものになる。
独立党のブログ:ドル崩壊と新世界秩序

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« Re>大動乱の幕... フィドルの誘い »