ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



(11月19日午後4:00)空がとてもブルーで美しい。エネルギー体の雲が羽のようで、巨大な大きさから中くらいに変化しながらフェニックスの産毛が天使の羽のように美しく空に映っている。もう1つは天使の顔が見え、驚くほど美しい羽をそよがしている。とてもしなやかで、流れる羽毛のようにふわふわした感じさえあった。近くの主婦に教えてあげたら、彼女もずっと共に空を見上げていた。あまりにも美しい太陽をかぶったフェニックスの巨大な首が伸びていて、雲の形がしっかりと鳥と天使のように細かく輝いていた。この頃のエネルギー体の雲の流れは何かを我々に方っているようだ・・(ブルーの空一帯に流動体エネルギーが大きく広がっている!)青い空にたいへん美しい。今までの秋の空ではなく何かが変わった。創造主は毎日空から私たちにサインを送っているが、気づく人は少ない。空を見上げることもないし、これから何が起きるかも知らない。地球の変容にも気づかないのである。

犬が空間に向かって激しくほえている。毎日だ。特に晴れた日はよくほえる。動物は人間に見えないものが見えるらしい。私たちは、はるか昔に直感・第6感でで物事を感じ、テレパシーを読み取る能力を完全に失ってしまったのである。人類はどこに向かって進んでるのだろう。又歩んでいるのだろう。これから5次元意識がもっと進むにつれ、私たちは魔法の国へ入ることができるのである。

黄色の蝶が追いかけてきた。この寒い時に・・私はふと、妖精ではないかとテレパシーで感じた。用事をすまして、又帰りがけにも蝶が現れたのである。私はわくわくして、夢のような楽しいことが起こりそうな気がした。昼ごろに、銀色のライトシップが4,5台家の近くの空の上で、まるでゲームでもしているかのように集まってはいろいろな方向に飛んで行った。空にはたくさんのライトシップが昼過ぎまでゆっくりと浮かんでいたが、ずっと見ていると雲の中に消えていった。私はとても楽しくなって、手を振って合図をした。近くの子供たちも買い物に来る主婦たちもたくさんの人々が目撃をしている。

夕方になり、いくつもの星がイルミネーションのように夜空に輝き始めた。私の家のテラスの真上にはいつも出現する、ある1つの星が今夜も輝いている。今日は何か横を見てという思いがして、ふと見ると小さな月の周りに巨大なエンゼルリングが出現して白く大きな雲のように夜空に丸く広がっていた。私はまだ暗くなりきっていない薄青い空の光景に唖然として、隣の家の人に教えたら、やはりすごいねとずっと見ていた。私は知り合いの年配の二人の女性の所に行って一緒にこのエンゼルリングを観賞した。二人ともひどくびっくりして、気象庁に連絡すると言っていた。

私には、このサインは「5次元の入口が大きく開きましたよ!さあ皆さん、どんどん入ってくださいね!」と、誘っているように見えた。私たち人類は5次元の扉の前に今立っているのだ。美しい自然界の生き物たちも私たちの周りに群がってサインを送っている。(今日見た)黄色の蝶は、黄金時代の幕開けを告げている。もう振り返る道はどこにもない。大きく羽ばたいて、直感で毎日の変化を感じ取っていく他に・・ときめきの目覚めが今始まった。人類はいまだかつてない次元上昇の旅へと静かに移行しつつあるのである。


11月19日 斎藤教子

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 天界からのサ... 天界からのサ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-11-26 13:50:02
斉藤さんはご自身のブログはないのでしょうか。
 
 
 
ご自身はブログを作られていません (flatheat)
2010-11-26 14:23:41
今回は、このような形でメッセージを伝えてファーストコンタクト成功を実現されるそうです。また私もぜひ協力したいと思っています。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。