ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 





2012年は闇の終りの始まりであり、世界の終末など心配しなくてもよい、と考えている人は、その年の重要性を取り違えています。もっと簡単に言えば、2012年は地球がその黄金時代に入ることを告げる前触れなのです。

そして、今からそのときまでの間は、これまでの生き方から、すべての自然と完全に調和して生きるように変わる移行期です。地球が60年以上前に死にそうになったとき、調和しているものはまったくなく、自然のバランスが失われていました。

いま起きていることは、宇宙の安定勢力の助けによる、あなたたちの世界の変容です。地球の再生とバランスの回復、それが2012年に完結します。黄金時代には、怖れ、慾、侮辱、暴力のもとであるネガティブなエネルギーがなくなり、地球全体の波動がすべて愛に変わります。

”愛”とは”光”と同じエネルギーであり、単に表現が違うにすぎません。それがかつてない程の莫大な量で地球に降り注いでいます。

闇が消えていくにつれ、愛が、争いと独裁に代わって平和と協調をもたらすでしょう。愛が、自分のグループがほかのグループよりも優れているといった、浅はかな優越感を消してくれるでしょう。愛が、他人を支配し自由にできると考えるひとびとのこころを目覚めさせ、また、そのような犠牲になっている人々のこころを癒すでしょう。

つまり”愛”があなたたちの世界を変えているパワーなのです。闇の拠点が急になくなるわけではありませんが、暴力、不平等、乱用、偽りがはびこっていた長い時代にくらべれば、この変化は稲妻のようなものです。

最初の改革は政府からです。いま進行中の変化に気づいていない多くの人たちは、政府の政策によって地球が破滅の瀬戸際にまで追いやられていると思っています。

ライトワーカー(光の働き手)たちの中にさえもこの危機的な世界状況で何が起こるのかを心配している人がいます。いままで馴染んできたものと全く異なるシステムを想像することさえ難しいのですから、必要な改革がどんなものになるか、その混乱ぶりを心配するのは当然でしょう。

どうか知っておいてもらいたいのですが、腐敗し独裁的な政府指導者たちが追いやられると、霊的にすぐれ、政治の各分野に精通した信頼のおける魂たちが、できるかぎり早く舵をとり、秩序を回復するよう準備に入ります。そしてもうその準備はできています。

アメリカ政府の大々的な”総入れ替え”によって、戦争への加担は終わり、国内外での紛争も終結するでしょう。また独裁的なほかの国々の支配者たちもその地位を奪われ、その結果、内戦、大量虐殺、また、長く続いている紛争がなくなるでしょう。

まじかに迫っている変化は、あなたたちが望んだことであり、魂レベルのビジョンですーそうでなければ、それは起こりえません。

さらにもう少し未来を見れば、過去10ー20年の間に、霊的に進化した明晰さと古代の叡智を備えた魂たちが現れており、彼らは当然、指導的な立場につくことになるでしょう。

次に、お金は商業にとって基本的なものであるだけではなく、パワーの集中のためには、それ以上に重要なものです。ですから、国の指導者たちの交替と同じように、世界的な経済改革はきわめて重要です。

報じられている経済というのは、現実とは程遠い神話にすぎません。世界経済がいかにうわべだけのものであり、腐敗しているか、幾世代にもわたって世界経済を牛耳ってきた闇のグループ、イルミナティーによって証券取引が操作されていることを知る者は一握りしかいません。

彼らはそのような支配と、高利の銀行ローンや不正な麻薬取引から巨大な富を築き、その金を使って政府を買収し、国を破産させてその天然資源を略奪し、何十億もの人々の暮らしを最低限の状態に抑えつけています。また、戦争当事者の両方に金を貸し、戦争をけしかけ、継続させることで莫大な利益をあげています。

こんなことは続けられないし、また、続くこともないでしょう。良心のかけらもない不公平なお金の分配は世界から消えるでしょう。

この切り替えのプロセスがどのようなものになるか、詳しいことは言えませんが、大まかなことは言えます。

正直で知識豊かな人たちが、そのプロセスを管理するので、混乱は最小限に抑えられ、世界中の富が公平に分配されることは確かです。

イルミナティーが不正に悪どく蓄積した資産は分配され、世界中の天然資源の搾取も終わるでしょう。その権力の根源こそが、彼らが政府の政策や金融政策、多国籍企業を支配することを可能にさせたものdから、そのような腐敗した支配も終結を迎えるでしょう。

最貧国が抱える巨大な債務は彼らの絶望的な状況が招いたものですが、その原因を探るとイルミナティーの仕業とその影響であることがわかります。借りた資金はその国の独裁者に行くだけで、国民はその恩恵を受けないのです。しかし、そのような負債は帳消しにされ、国民に直接、援助が与えられるでしょう。

国境の多くは、天然資源を欲しがる戦勝国が勝手に決めたものです。それが、”持たざるもの”をつくったのですが、彼らは元々”持てるもの”でした。魂の中の愛があらゆる争いを終えるときには、すべての人が”持てるもの”になります。そこでは、国境が紛争のもとになることは、もはやなくなるでしょう。

世界で財政的に最も健全な国だと誤って思われているアメリカ合衆国の金庫は、ここしばらく空になっています。イルミナティーが支配する連邦準備金制度(FRS)とその収税代行業者である税務庁(IRS)による不正行為がその主な要因である国家債務は、今のシステムが崩壊するときには、管理できるような状況になるでしょう。

いろいろな通貨、特に米ドルは、それを支えるものがありませんー毎日何十億ものドルや他の通貨が取引されていますが、それは単に情報がコンピューターからコンピューターに通過しているにすぎません。

それらは実際の価値をはるかに超える金額なのです。”新しい”通貨本位制は、貴金属が交換の本位基準であった昔のかたちに戻ることになるでしょう。”昔風”のバーター(物々交換)制度が、国やコミュニティー・レベルでの商業取引の素晴らしい方法として復活するでしょう。

石油や天然ガスの搾取や採鉱、伐採によるおびただしい環境破壊とそれによる汚染は終わり、大気や土壌、水中のあらゆる種類の毒性物質は排除されるでしょう。森林は自然のバランスの回復に必要なレベルまでに再生されます。

同様に、非常に重要なことは、動物が数えられるほどまでに減少している地域の生態系の保全と拡張であり、さらに、絶滅しかかっている海洋生物が再び繁殖できるように、海洋の健康を取り戻さなければなりません。これらの目標を達成すると同時に、大切な土地にコンクリートが進入するのを防ぎ、自然エネルギーを利用する計画もできています。

それらの変化が驚くべきスピードで起こるので、あなたたちのこころが踊ることでしょう。

植物と共に広範囲に使用されることになる自然建築材には粘土や葦(アシ)、藁(ワラ)、熱帯藤、表層石が含まれていますが、これらはすべて人類との合意確認の上で使用されます。

今のように材木をたくさん使うことはないのですが、木と人の聖なる関係から、樹木は、短い期間ーおそらくこれから50年間は、建物のインテリア部材や家具として使われることを喜んで選ぶでしょう。

これらすべての自然素材の重要性を認識すること、それら(木々などの生命)があなたたちのために進んで命を提供してくれることを知って、それに感謝することが、すべての人々の自然な行為になるでしょう。

豊かな国々にある食料とほかの生活必需品は、世界的な生産体制が確立するまで、貧しい国々に分配されます。

人々の食生活も、すべての動物のいのちを敬うことを学ぶことから、肉や海産物から植物食に変わっていくでしょう。

これらは、今起きている、そしてこれから起こる最も重要な変化のいくつかです。

さて、この麗しい世界には、もっとどんな”実際的”なものが期待できるかを話してみましょう。それには、次のようなものが含まれています。

多くの公園や色とりどりの遊園地、野菜農園や花園、近くの図書館、コンサートホール、博物館、地域のアートを集めたギャラリーの増設。

あらゆる年齢層と興味に応じられるエンターテインメントとレクリエーションのセンター。

そして、動物たち。野獣だと思われていたものも、自由に動き回っていることでしょう。

また、新しい交通手段と富のより公平な分配によって、都会人が田舎に自由に出かけたり、また遠くまで旅行できるようになります。

日常生活に飽き、つかのまのオアシスを求める人たちが増えてくるので、田舎では”B&B宿”(朝食付き民宿)が大繁盛するでしょう。

不正な法律と政策は改められ、世界中の教育は宇宙の真理を正確に反映するようになるでしょう。

教科書の執筆、印刷、配給がコンピューター化された授業とあいまって、迅速に行われます。生まれながら教える準備のある魂は、自分が選んだその使命に本格的に取りかかるでしょう。

あなたたちを待っているこれらのことや、他のすばらしい暮らしの変化は、本当に今の生活から見れば、途方もないものですが、あなたたちが経験する本当の変化は、人類の内部に起きることです。

それは、愛と高次の意識が”奇跡”を再創造することです。

それは、地球の魂とニルヴァーナ(天国)の魂がふたたび、肉体界と霊界の間を行き来するようになることです。こころが閉ざされるまでは、そのような旅はいつも当たり前でした。

すべての国と文化のひとびとは、平和で協力的、親切、霊的に強く、快活で優しくなり、人生から不安や争いがなくなることでしょう。

さて、このこともあらかじめ言っておかなければなりませんが、今からその時代までの移行は試練の連続でもあるでしょう。それを言わなければ、あなたたちの期待に反することになり、真実でも賢明なことでもありません。

戦争とその他の暴力、不正、虚偽、腐敗は、その原動力になっているエネルギーがなくなるまで続くでしょう。闇の勢力ー巨大なネガティブ思考のエネルギーの場ですがーは、すでに銀河系のこの領域から去っています。しかし、そのエネルギーの影響を受けた触手がとどまっていて、最も影響されやすい魂を支配したり、最も明るく輝いている魂を攻撃しようと最後のあがきをしています。

さらに、いまこの惑星上でより強さを増している波動によって、人間のすべての特徴が顕著に現れています。その増大は、闇の影響を受けている者たちがますます敵対心や慾、暴力に走ったり、苦しんで救いを必死に求めている人たちへの無関心となって現れています。

まだ闇の小競り合いがすべて終わっているわけではありませんが、立ち上がる人々のすべてから、勇気をもらってほしいのです。闇が終わるのは、もうそれだけまじかだからです。その勢いが燃え尽きるところまで来ていると知って、喜んでいいのです。

なぜなら、光のままに生きているあなたたち全員が、それを早く終わらせる手伝いをしているからです。

平和と調和が地球に行きわたるまでに、じつに多くの魂が今と同じような病気や飢餓、戦争などの暴力行為による怪我、そして自然災害などの原因で去ることになるでしょう。

そうやって人口は減少し続けます。それらの死は、非常に痛ましいことに見えるかもしれませんが、それらの魂は前世での合意を超えるような苦難を経験することによって、飛躍的な魂の成長を遂げるのです。

もし別の地球での転生を選択すれば、ひとびとがいつまでもお互いに愛し合う、素晴らしく輝ける世界に生きることを知りながら、彼らはニルヴァーナに喜んで戻っていくことでしょう。

最後に、あなたたち、愛する地球の家族たちに、手みじかに言いましょう。

あなたたちが(創造主と)共同で創造している愛と平和と調和の世界が、もうすぐ目の前に来ていることを全身全霊で知ってください。

宇宙のこの未曽有の時期に、参加しようと選び、今まさにここにいることを思い出せば、こころが光で満たされ、あなたたちの旅は輝かしい冒険になるでしょう。

どのような場合にも、幾百万もの光の存在があなたたちと共にあり、待ちに待った地球の”2012年”黄金時代を迎え入れるときには、聖なる光の愛と加護が、あなたたちを包むことでしょう。

にほんブログ村 トラコミュ 天国からのメッセージへ天国からのメッセージ








コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 【転載】フル... イエス・キリ... »
 
コメント
 
 
 
メッセージの本意 (syuji)
2011-08-29 14:50:17
 このようなメッセージを読むたびに、気になってしまうことがあります。
 こういったメッセージは、アセンションを信じ、今現在個人のアセンションに取り組んでいる方へのスターピープル、高次元存在からの励ましであり、2012年末に完全2分化されるアセンションを果たした地球と人類のビジョンでしょう。つまりアセンションしない人類は古い地球に残され、ただ自滅の道を歩むだけといいます。メッセージの内容が現実ばなれしていてそんなことができるわけがないというようなコメントを目にしますが、アセンションをしなければ正に「その通り」なのです。
 信じない人にとってはただ関係のないことで済みますが、問題は、スターピープルの存在を信じているのに、以前と変わらない意識の持ち方や生活態度で過ごされている方は、このようなメッセージを読んで「彼らが自分や世界を救済してくれる」という期待や依存心を必要以上に持ってしまうことが予想され、これは彼らの本意ではないし、大きな失望を生むと思われます。彼らの目的は、人類が地球を再生不可能なまでに破壊してしまわないよう監視しているのであって、人類を救済するためにいるわけではないと言います。
 なぜなら、外界に依存しない個人意識の自立なくして「霊的覚醒(霊能力のことではなく、自分と宇宙は一体であるという意識、感覚、全知能力)」には至ることができないからだと彼らは言っています。われわれは、物質世界に住み、生きる糧を常に必要とするがゆえに、物質、現象、結果ばかりに焦点を合わせてしまいますが、本当はそれらに本質的意味などないと言います。ただそれを教材として闇の悲惨さ、光のすばらしさを学び、反省による浄化、瞑想と実行による意識レベル上昇を通して2元性を統合し(ワクワクと)霊性を成長進化させることだけが産まれてきた意味、人生の目的だとも言います。つまり行動や現象、現実はその内的結果が投影されたものでしかないということでしょう。
 バシャールがいう「人生に意味などない」というのはこのことを一言で表していると思われますし、「何をするか」が大事なのではなくただ内面が「ワクワクする」ことをしなさい、というのもこれらのような意味と思われます。
 つまり、まだ自分のアセンションに取り組んでいない方へは、「すべての思い込みを捨てて、今こそアセンションに正面から取り組んでください」というメッセージをひたすら送ってきている、と受け取るべきなのでしょう。
 
 
 
生き方の転換 (flatheat)
2011-08-29 15:47:01
古い考え方をいったん手放さなければ新時代に移行できないと言っているのだと思います。

これまでの社会で身につけた自己中心的な生き方を変えていかなければならないのだと思います。既存の教えでは、道を示すことができないために、今、さまざまなメッセージが届いているのでしょう。

マスコミにも古い知識にも頼ることができない現在、高次元からのメッセージを道しるべにして、揺るぎのない自分軸を内側に確立することが重要になってきていると思います。

明日から所用でアクセスが減ります。コメントの公開が遅れる点をご容赦ください。
 
 
 
日本のはまった泥沼から抜け出す道 (flatheat)
2011-08-29 18:23:14
明日から藤島さんの応援に東京に移動します。小沢一郎えん罪問題のシンポジウムに参加するためです。

今日、民主党の代表が決定しましたが、裏側で多くの駆け引きが行われたようですね・・日本政府に浸透した闇の勢力はまだこれまでのように君臨し続けるつもりなのでしょうか?

政官財マスコミが一体となって国民を支配・収奪している図式はもはや明確になったといえます。

一方の左翼政党も外国の手先となって支持拡大を図っているにすぎません。

既存の政党を否定する新しい政党を創造する他に道はないと確信しています。

吉田松陰は黒船到着を目撃して、乗務員に交渉して渡米を企てて失敗しました。

スペースシップへの乗船を願う私たちも、松陰の直系なのかもしれませんね。

東京では、ネットカフェからアクセスするつもりです。

ではまた・・
 
 
 
Syujiさんへのコメント (ハイアーセルフ33)
2011-08-29 19:00:51
Syujiさん、みなさん、こんにちは。<私たちは神 (至高の実在) ですね!>(*^_^*)

Syujiさんのご理解に、やや誤解があると思いますのでコメントさせていただきます。

>2012年末に完全2分化されるアセンションを果たした地球と人類のビジョンでしょう。
>つまりアセンションしない人類は古い地球に残され、ただ自滅の道を歩むだけといいます。

マシュー君は2012年末までに、「完全に二分化される」とは言っていないと考えます。おそらくSyujiさんのご理解では、次のようなことではないかと思います。

本文の「地球の再生とバランスの回復、それが2012年に完結します。黄金時代には、怖れ、慾、侮辱、暴力のもとであるネガティブなエネルギーがなくなり、地球全体の波動がすべて愛に変わります」という言葉(その他)から、「2012年末に完全2分化される」という結論を出されたのかもしれません。

ですが一方で、冒頭にマシュー君は、「2012年は地球がその黄金時代に入ることを告げる前触れなのです」ともいっています。ですからこれらの言葉を整合的に解釈する必要があるでしょう。

たしかにマシュー君は、あるところで2012年末までには、イルミナティーなどの大きな闇の存在とその影響は、「すべて消え去る」という意味のことを言っています。ですが、「闇のすべてが消え去る」とまでは言っていないでしょう。これが第一点。

それともうひとつ、Syujiさんのご発言の、

>アセンションしない人類は古い地球に残され、ただ自滅の道を歩むだけといいます。

というご理解・・・つまり言い換えれば、「2012年末の本人の状況がアセンションを選択していない場合は、自滅の道を歩むだけ」という解釈も誤解と思います。そこまでは言ってはいないからです。これまでのマシュー君の発言を精査すれば、そのようには理解できないはずです。

私の理解では、マシュー君は基本的にバシャールと同じような立ち場(見通し)です。なので以前、私がこの「ふるやの森」に投稿した、バシャール情報を参考にしていただければいかがでしょうか。http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/1cb19fb25243c27763214799b95954cc

ここでは、2012年を境に「二極分岐が顕著に開始される」という論で、これはマシュー君のいう「2012年は、地球がその黄金時代に入ることを告げる前触れ」という概念と一致します。

つまり2012年が、二極分岐の最終的な決定打ではなく、その後も本人次第で、アセンションできる余地があり、まだ時間的に大丈夫だということです。ここでのバシャールの内容はそうです。このことはこれまでのマシュー君の発言とも一致していて、両者に矛盾はないと思います。以上ご検討いただければ幸いです。

<私たちは神 (至高の実在) ですね!> (^_^)v
 
 
 
ファーストコンタクト (flatheat)
2011-08-30 03:39:50
2012年までに行われる公式ディスクロージャーが、決定的な分離のポイントになると思います。

これまで「ETなどいるわけがない」と考えてきた人々は、いったんそれまでの思い込みを捨てなければ先に進めなくなります。

物質的・経済的な価値が霊的な価値に転換しますから、「金がすべて」という考え方の人々はもうやっていけなくなります。

新しい時代に適合する考え方と生き方に改めていくことが必要だということは、これまでの情報でもはや明確になっています。

これからは、インターネットを使って、真実の情報と宇宙時代の思想を普及する活動が重要な意義を持つようになります。

読者もぜひ活動に参加して人類のアセンションを銀河連邦と共にサポートしてください。
 
 
 
いいですね (mira)
2011-08-30 09:59:03
久しぶりのマシュー君

サ・ルー・サのメッセージも分かりやすいですが、今回のマシュー君のメッセージは心に一歩踏み込んだ感じがして、素直に受け取れます。(^_^)

ありがとうございます。
 
 
 
2012年の2分化について (syuji)
2011-08-30 15:33:52
アセンションとは基本的に極めて個人的なものなので、私のコメントに対する反論に一切異論は称えません。ただ、私はマシュー君のメッセージを鵜呑みにするつもりはありませんし、私が知るところでは「アセンションへの扉は2016年まで開かれているけれども地球自体が2012年末にアセンションすることから、(とりあえずその時点で)完全2分化される」と聞いておりますので、むしろそちらを軸として各メッセージを解釈しているという立場です。
 
 
 
祝福と警告は表裏一体 (syuji)
2011-08-31 13:31:59
 ムキになるつもりはないのですが、誤解されそうなのでもう一言お許しください。
 かなり勢いで具体的に書いてしまったので「これが真実」という主張に受け取られそうですが、そんなつもりではありません。

 高次元存在からのメッセージの多くは、不特定多数の人が目にすることから、また人類の少しのことでブレまくる弱さを知るがゆえに、愛と希望を抱かせる内容を前面強調して、不安を招きそうな「宇宙の法則のきびしい面」についてはあえて触れないでいるか、ぼかしてあるのが見てとれます。
 
 つまり「祝福」と表裏一体で「警告」でもあることを行間に読むことができないと、間に合わなくなってから「なんでもっと早くはっきり言ってくれなかったんだ」というようなことになる可能性を懸念し、こんな情報もあるんだよという「注意の促し」が私の本意です。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。