ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



  

ロシアTVで「9.11テロは国家による内部犯行」と結論づけた「真実追求」番組が放送されてた!

服部順治(脱戦争/脱原発)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銀河連邦からのメッセージは皆さんの気持ちと心を大きく広がる真実へ向けて開いてきましたが、本質的にはまだほんの表面にも触れていないのです。まもなく人類に公開される壮大で驚きに満ちた真実に備えてください。真実は皆さんの内側にありますが、そこに至るのが困難なのは皆さんが長い間偽りの情報に洗脳されてきたからです。それはまるであなた方が長い間洞窟に閉じ込められて光を奪われてきたかのようです。

サ・ルー・サ7/13,2009:内側の真実に心を開いてください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年8月は、人類史の大きな分岐点となった。

1つは9・11のWTCビル崩壊が飛行機の衝突によるものではなく、ビル内部の爆破によるものであることが世界的に明らかにされた時期として。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月18日(日)の夜9時から「9/11: The Conspiracy Files」というドキュメンタリを放映したBBCだが、真相究明派の間では「はぐらかしのプロパガンダ」として攻撃を受けていた。この経緯で過去のBBC映像に注目が集まり、その結果で発覚したものと思われるが、なんと、

WTC7が崩落する25分前から、「たった今、ソロモンブラザーズビル(WTC7)が崩落しました」というレポートをライブで放映していたことが発覚。

写真の女性がBBCニューヨーク支局のJane Standley記者だが、「崩落した」とレポートしながら、なんと、彼女の右肩の上に、まだ健在のWTC7ビルがちゃんと映っている。

WTC7の崩落報道で、BBCの大炎上が始まる(2007年03月01日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、まだそのことに疑いをお持ちなら下のビデオフィルムのタイムスタンプをご自分の目で確かめていただきたい。時刻は21時54分であり、ビルが実際に崩壊したのはその26分後なのである。FEMAによれば、WTC7は9月11日午後5時20分に崩壊をした。イギリスの夏時間は標準時間より5時間早いのである。

26分前のスタンプがあるBBCのWTC7報道(2007年8月2日)  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出

この911事件に関するデータの大放出は放射能のように非常にデリケートなもので、アメリカ政府が崩壊することさえありうるだろう。

世界中の人々がこのレポートを見てしまうと、世界はもう、以前と同じ状態に戻ることはない」

(911の真実を調査する退役軍人・Veteran 9/11 Investigator)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、2014年10月からロシアが、9・11核テロの真相の本格的な暴露を開始した。今年、2014年は数千年に及ぶ闇の勢力の地球支配が終了した年として歴史に刻まれるであろう。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

マシュー君のメッセージ(11)(2008年9月11日)

マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。

9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。

ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。

闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。

そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。

それ以来、かれらはすでに12回も防ぐことに成功しています。

これについてちょっと話しましょう。

地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は、僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、あらゆる方向に暴れ出ていますが、かれらが薮から棒になっても、さらに強さを増している光によって抑え込まれています。

これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ形勢を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大規模で破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。

最初のシナリオは、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。

公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。

そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃になるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)が政府の指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。

二つ目は、”9・11”を計画し実行した者たちの真相です。

いま地球が軌道に入っている高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。

この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。

宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。

多くのひとたちには、僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことが正確に見れています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らし、あなたたちの惑星の健康と美が復活し、あらゆる自然と人類の調和した共存世界です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、慾、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。

どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。
________________________________

訳文責: 森田 玄
原文はこのURLにあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« GFLJ10/1,2014... GFLJ10/4,2014... »