ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



アシュタル・コマンドは11月7日に闇の勢力に向けた最終通告を発信した。地球上で混乱を作り出して人類に危害を及ぼし続けた影の世界政府の人類奴隷支配の歴史は終了し、闇の支配者層は銀河法典に基づいて裁判を受けて、地球上から追放される運命を避けることはできない。現在も続く無駄な抵抗のすべては、銀河連邦の監視下に置かれて、深刻な被害を及ぼすことがないようにコントロールされている。銀河連邦は現在地球上空を巡回飛行しているが、大量逮捕が順調に進行することを支援するために、大量着陸に備える小着陸を計画している。これから、地球人類にとっての朗報が続くことになる。何も恐れずに事態の進展を見守ってほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フルフォード11/6は、「トランプがアジアで安全なので、八ザール暴徒の掃討は激化する」と伝えている。

 ・・・・・・・・・・
米国とアスジアラビアにおける逮捕と掃討によって、ハザールマフィアの掃討は引き戻せない転換点に差し掛かっていることは、疑う余地が全くない。
中東では、イランに繋がるヒズボラが今、サウジの傀儡首相サアダ・ハリリが辞任を余儀なくされた後、レバノンを効果的に統治している。彼の辞任に続いて、数百人の王子、将軍、宗教指導者他が、事実上のサウジ王ムハメッド・ビン・サルマンによって追い払われた。
 
この掃討は、ブッシュ/クリントンマファイアの最後の主要な資金と権力源の一つであるので特に重要だ。掃討された皇子の多くは彼らが米国へ留学しているときに、ブッシュファミリーとその高級副官と同性愛で繋がっていたと、スカルアンドボーンズの妻ケイ・グリッグス他の自白は述べている。
 
 
これは国防総省情報源が現在進行中の取り締まりについて述べたものである:「ブッシュ-クリントン小児性愛恐怖テロ派-オサマビン・ラディンの兄弟バクル・ビン・ラディンと反トランパ-王子アル・ワリード・ビン・タララを含む-はパラダイス文書による暴露は時間の問題である。
 
 
トニーポデスタの逮捕とヒラリークリントンとジョン・ポデスタの降伏。トニーポデスタは強力なワシントンロビーイストであり、彼の兄弟のジョンはヒラリークリントン(ロックフェラー)の選挙管理者であり、ビルクリントン(ロックフェラー)のチーフ・スタッフであった。アル・ワリードはロックフェラーのシティバンクの大株主を買った。この暴露、逮捕と掃討の影響は今後数日のうちに中東、日本、欧州と米国に感じられるようになるでしょう。
・・・・・・・・・・
大量逮捕がすでに開始しているという情報は、PFC JAPANが提供するニュースからも確認することができる。
・・・・・・・・・・

大量逮捕更新を開始(Microsoft翻訳)
大量逮捕の更新を開始します。真の地球によって.
更新:ポデスタブラザーズに関するいくつかのより多くの可能な情報は、私は以下が含まれますが明らかにされました:
(4Chan)タイトルなし (土 04 Nov 2017 13:02:52)
(1 次ポスト) "ミューラー氏はいないし、トランプ大統領との関係で犯罪を求めてきたことはない。トニーポデスタはすでに拘留中です。これは公開されていない、とジョンポデスタは彼自身を回すまでされません。

木曜日の朝、兄のパスポートの両方が海外旅行を防ぐために中断された。トニーは金曜日の午後遅くに DC FBI のオフィスに自首した。ジョンポデスタは役人に連絡し、彼がニューヨークの土曜日の朝午前午前中に役人に彼自身を回すことをそれらに知らせたが、そうしなかった、彼はまた接触を作り損ね、彼の携帯電話はまたは破壊されるようである。

それは現在、彼はどちらか、隠れて、または死んで逃げている恐れている。ヒラリークリントンはまた承認された密封された壮大な陪審の起訴の最後の人である。彼女は月曜日の早朝に自分を回す予定です。

・・・・・・・・・・
クリントンファミリーとブッシュファミリーの大量逮捕劇は、必ず日本の政財界に波及して、安倍グループによる不正選挙を始めとする重大犯罪が暴露されて裁きを受ける定めを免れることはできない。これまで都合の悪い政治家や市民に罪をなすりつけてごまかし続けてきた真の重大犯罪が裁かれる日は近い!

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

銀河法典 - nowcreation ページ!

惑星地球は、この宇宙で闇の勢力の占領下にある最後の惑星です。銀河宇宙で何百万年も繰り広げられていた戦争の、最後の戦場です。

闇の勢力の支配から銀河宇宙が解放されつつあるとき、光の勢力が徐々に形成されていきました。感覚(知覚力)を持つ存在――調和のとれた銀河社会、宇宙社会に向かっている――の基本的自由を守るために、急いで軍隊をつくらねばなりませんでした。その軍隊を起源として、光の勢力が生まれたのです。銀河連合に属する存在が精神的に進化して、アセンデッド・マスターと一つに団結したとき、彼らは内なる法典を見出しました。それは光の存在同士の関係、闇の勢力と占領下にある惑星への関わり方を規定するものです。この法典は銀河法典と呼ばれており、天の川銀河及び他の銀河における連合側のすべての行動は、これを法的基盤としています。この法典は外からもたらされた厳格な法体系ではなく、光側の全魂が内側に持っている倫理観を法体系にしたものです。すべての光の存在は、自由意志でこの法典を受け入れました。なぜならそれは、彼らの内なる真実を反映させているからです。

私たちは今回、目覚めている普通の人が理解しやすい形式で、銀河法典を明記します。

GFLJ10/23,2017:イベントを遅らせる闇の勢力の抵抗は無駄に終わる

自公300議席は、人工台風と世論操作・不正選挙によって闇の勢力が作り出した幻にすぎず、実際の改憲勢力の当選議席は、はるかに少なかったのである。まもなく、光の勢力の反撃が始まり、闇の手下たちの永年にわたる不正行為と重大犯罪の摘発が開始する。真に裁かれる者たちが、法廷に召集されて地球から追放される日が訪れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )